ジュビリーエースの実態を調査。11月末まで出金不可…。

アクセス急上昇の記事はこちら

評価星2つ 2.3 - やや悪い(239件のコメント件)

理論上負けないと噂のアービトラージプラットフォーム

ジュビリーエースの口コミ・評判

JA?農協?ジュビリーエースへの投稿

2020/10/20

評価星3つ3

結局のところどうなん?
周りも金融機関から借りてしてるって噂も聞いたことあるけど、いいの?
ただ金融機関で100万円借りたけど、借金だけ増えていく人いるとしなくてよかったって思ってしまう。

TOKUMEIジュビリーエースへの投稿

2020/10/19

評価星1つ1

ブーメランとならないことを祈っておきます・・
>>たいして稼いでもいないのに他の批判や大口を叩くことを「負け犬の遠吠え」と言います。
真実を全て理解してから発言しましょう。

アほどもジュビリーエースへの投稿

2020/10/19

評価星1つ1

金融庁にジュビリーとジェンコの事は問合せしときました。
両者が飛んで、被害者(投資した方)面したアホどもの顔の顔がみたい!

匿名ジュビリーエースへの投稿

2020/10/19

評価星4つ4

自分もジュビリーエースはまだ大丈夫だと思ってます。
PGAと時期が被ったのが気になるところですが、まあ大丈夫でしょう。

匿名ジュビリーエースへの投稿

2020/10/19

評価星3つ3

ながっ!!
読む気失せるわwww

理由ジュビリーエースへの投稿

2020/10/15

評価星1つ1

あの…
出金停止をJAの責任にしてますが真相わかってますか?
しったかぶりな書き込みが多すぎでマジビビる。
今回の出金が一時ストップしているのは会社の責任でもなんでもない。
会員の責任ってことわかって発言してます?
JAはパッケージ購入の際に、BTCを日本の取引所から直接送ったらダメ!と何度も注意喚起していたのにもかかわらず、
それを守らない多数の会員が、日本の取引所からJAに直でわずか数ヶ月で何百億もの資金を送金したんです。
創業から2年経過した今でもそれだけたくさんの方が 参加されているということは、JAが稼げる仕組みだということの証明ですよね。

ただ、金融庁は黙ってません。
これだけ1つのところに多額の資金が流入しているのはおかしいということで、取引所に調査を要請、取引所は金融庁に目をつけられて業務停止にでもされたらたまったもんじゃありませんからJAへの送金を停止したという流れがまず1つ。

別に他の取引所からなら送金できるから気にしなくてもいいところを、JAは会員の利便性と今後、二度と同じことが起こらないようにと自社ウォレットのリリースを発表。
自社ウォレットが使えるようになれば取引所を通す必要もなく、送金を止められる心配もない。手数料や出金時間もこれまでよりぐんと削減できる。

ただ、この自社ウォレットとメンバーのマイページをリンクし、ドッキングさせないといけない。
その作業が最長11月末になってしまうので、一旦ウォレットとリンクできるまで出金が止まっているだけのこと。

自社ウォレットが正式にメンバーが利用できるようになれば出金も今までより安い手数料で即座に可能となります。

JAが危ないとか会社が逃げるとかありえない。逃げるメリットも全くない。

根拠もないのに出金停止=飛ぶ
を決めつけてる時点でレベルが低すぎる。
というか、ここに裏付けのない批判を書いてるやつはもちろん他のビジネスで月収億はもらってるんですよね?

たいして稼いでもいないのに他の批判や大口を叩くことを「負け犬の遠吠え」と言います。

真実を全て理解してから発言しましょう。

匿名ジュビリーエースへの投稿

2020/10/15

評価星1つ1

JENCOだけ出金できるからまだ大丈夫って思わせたいんだろうな~
出金できなくなってから渋谷に広告出したのも安心させる一つの演出に過ぎない

匿名ジュビリーエースへの投稿

2020/10/13

評価星3つ3

ジュビリーエースは金持ってるユーザーをJENCOにユーザー流して、それほど絞れないユーザーは切り捨てるつもりなんじゃない?w
一年以上運営が続いただけでも喜ぶべきだと思うな~。

匿名ジュビリーエースへの投稿

2020/10/12

評価星3つ3

やっぱり11月末はいくらなんでも時間かかり過ぎだと思うね~
引き伸ばした所で終わるのは時間の問題なんだから潔く観念したらいいのに~

匿名ジュビリーエースへの投稿

2020/10/09

評価星1つ1

ジュビリーエースの出金トラブルは完全に飛ぶ前兆だろ。原因不明の出金トラブルが起きてるのに大丈夫だとか言い切る根性は凄いわ。バレバレの嘘だなぁ。言い訳を思いつかないならハッキングされたとか言っときゃいいのに。先輩ポンジはみんなハッキングされてたぞw

ジュビリーエースの実態を調査。11月末まで出金不可…。

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

ジュビリーエースの最新情報

ジュビリーエースは9月末から出金できない状況が続いていますが、出金再開は11月下旬になるとのこと。

今後“アクアウォレット”なるものがリリースされ、ジュビリーエースのアカウントとアクアウォレットを連携させない限り出金は不可になるとのこと。

何かと理由をつけて出金を先延ばしにしているようにも捉えられますよね。

いずれにしても決定事項のようなので、11月下旬を待つしかなさそうです。

 
出金できず不安な状況かと思いますが、もし仮想通貨で稼ぎたいのであれば、今は他の投資を検討してみてもいいかもしれませんね。

中でも最近は“プロと同じレベルで投資できる方法”に注目が集まっています。

ジュビリーエースに預けている資金以上の利益を出すことも望めるでしょう。

もし興味があれば、ご覧になってみてください。

 

ジュビリーエースは2020年9月24日から出金できない問題が発生しているようです。

本来着金日であるにも関わらず、入金されないユーザーによって問題が発覚した模様。

25日には公式より今回の出金問題について説明がされました。

公式の説明によれば、今回の原因はシステムエラーということ。

現在はITチームによって修復が行われているようですが、28日の時点ではまだ出金は確認されていない模様。

システムエラーとは言え、ユーザーにとっては不安を煽られる出来事ですよね。

ジュビリーエースに危険信号が灯ったと思っていた方が良いでしょう。

ジュビリーエースの新プランとして稼働し始めている「JENCO」。

お試しとして3,000ドルから始められますが、90日しか運用できず、それまでに10,000ドルプランへの移行が必要となっています。

JENCOの投資プラン

また、すでにジュビリーエースをやっているユーザーについては、移行期間が7月21日~8月9日までとなっています。

しかし、ジュビリーエースから移行したユーザーに関しては8月9日までに10,000ドル入金しないとアカウントが無効化される可能性もあるようです。

ただ、プランの備考の欄には期間内に追加入金しなかった場合、支払い済みの金額は返金されるという旨が記載されています。

返金されるのかされないのか、どちらが真実か…まだ不明領と言えますね。

今はまだしばらく様子を見た方が良いかもしれません。

7月21日にジュビリーエースの運営よりJENCOが発表されました。

JENCOは正式名称ジュビリー・エナジー&コモディティです。

JENCOは今までのジュビリーエースとは別の事業と捉えて良いと思います。

JENCOは主に先物取引(金銀原油)・株・FXを行って利益を得ていくようです。

ジュビリーエースと同じく、購入したパッケージ額に応じて配当が得られるのですが、JENCOでは最低投資額が1万ドル(約100万円)となっています。

JENCOの投資プラン

ジュビリーエースは1,000ドルから投資可能でしたので、敷居が高くなっていますね。

ただ、ジュビリーエースが購入したパッケージに対して最大3倍までの利益が得られたのに対し、JENCOでは5倍以上の利益を得ることができるようです。

違いを分かりやすく説明すると下記の表の通り。

ジュビリーエースとJENCOの違い

正式なサービス開始は9月を予定しているようですが、8月9日まではジュビリーエースからJENCOへの移行期間となっているようです。

より詳しいことが分かり次第追記してお伝えしたいと思います。

2020年7月1日、ジュビリーエースは高額出金申請が通りにくくなってきたという最新情報が確認できました。

このユーザーの情報を整理すると下記の通りです。

 

  • ここ2か月で出金状況に変化
  • 全額申請しても半分または3割ほどしか出金が通らない

 
先月独自通貨アクアナイトを発表したばかりのジュビリーエースですが、ついに危険信号が灯り始めたのでしょうか。

HYIP案件においては、運営が出金を渋り始めたら危ない状況です。

ジュビリーエースに投資されている方は、最新情報や他のユーザーの声に敏感になっておいた方が良さそうですね。

2019年5月頃にグランドオープンしたジュビリーエースですが、どうやら丸一年運用しても赤字となっているようです。

SNS上では稼げる投資として言われているジュビリーエースですが、現実はやはりマイナス収支となっている模様。

そもそもジュビリーエースは投資した元金が返ってくることはなく、システム利用料金として運営会社に支払うことになります。

このユーザーの場合は、1000ドル(約10万円)投資し、一年で669ドル(約6万7千円)の利益。

つまり3万円以上損している計算になります。

この先長く続ければ利益を出せることになりますが、コスパの良い投資法とは言えないかもしれませんね。

ジュビリーエースは独自通貨であるアクアナイト(AQN)を発表しました。

大手仮想通貨ニュースサイトであるコインテレグラフにもプレスリリース記事が記載されています。

アクアナイト(AQN)のサムネイル画像

将来的には時価総額ランキングトップ10位以内を目指しているとのこと。

2020年6月10日からプリセールも始まり、購入が可能になります。

上場は9月~10月頃を予定しているとの情報も確認できましたが、詳しいことが明らかになり次第追記してお伝えしたいと思います。

 

ジュビリーエースがフォーブスJAPANに掲載されるという情報が出ていましたが、直接問い合わせた結果「そんな予定はない」と公式に回答したようです。

ジュビリーエースの勧誘や一部のセミナーなどでは、フォーブスJAPANに掲載されることを勧誘の売り文句にしていたので、そこから参加した方は嘘を付かれたと感じているのでしょう。

フォーブスJAPANへの掲載自体はジュビリーエースが公式に発表していたわけではないため、一部の参加者によって作られた話だとされています。

その他にも「東京海上保険と提携」などの虚偽情報も勧誘時に使われていたようなので、情報をしっかりと見極めることが大事になります。

不確定な情報が錯綜する中で、現段階でジュビリーエースへの投資はリスキーと言えるでしょう。

その点仮想通貨業界には、リスクを抑えて大きな利益が期待できるサービスも存在しています。

しっかりとしたサポートもありますし、より安心感を持って投資に臨めるでしょう。

相談は無料のようですので、興味があれば利用してみてもいいかもしれません。

ジュビリーエースは3月頃から大手の保険会社からアプローチが来ていると、SNS上で話題になっていました。

どのような保険かというと、ジュビリーエースに万が一何かあった場合、ジュビリーエースの資金を保証してくれるもののようです。

そして、その保険会社として東京海上やロイズオブロンドンの名前が挙がっていました。

しかし、どうやらこの情報は嘘として確定したようです。

ありもしない虚偽の情報で勧誘活動を行っていたのであれば、極めて悪質と言えるでしょう。

しかし、実際に他の会社と保険の話が進んでいることは事実のようですね。

ここで大切なのは、情報を見極める力を付けること。

好材料に飛びつくのではなく、しっかりと情報を見極めて後悔のない選択をしていきましょうね。

ジュビリーエースは3月30日に新プラン「リクイディティ―パック90」を発表し、4月1日から実際に開始されました。

この新プランを簡単に表すと、ジュビリーエースの配当として得た利益を新プランに投資することによって、さらに利益を増やせるという内容です。

ジュビリーエースの新プラン

また、どのくらい増やせるかは、新プランに投資した金額によって下記のように変動する仕組み。

ジュビリーエース新プランの利率

例として10,000ドル(約100万円)を「リクイディティ―パック90」に投資すると、レバレッジがかかり2倍の20,000ドルとなります。

レバレッジがかかった20,000ドルに対して、30日毎に2~3%の利率がかかるようです。

ただ、この新プランには2つの注意点があります。

□2つの注意点
  • 90日間ロックする必要がある
  • 新プランに回せるのは今まで報酬で得た資金のみ

 

・90日間ロックする必要がある

「リクイディティ―パック90」の90は90日ロックを表しています。

つまり、新プランに投資した資金は90日間引き出せません

ちなみに途中解約も不可とのことですので注意しましょう。

 

・新プランに回せるのは今まで報酬で得た資金のみ

新プランに投資できるのは、現金クレジットのみ

現金クレジットとは今までジュビリーエースで得た報酬を表すものです。

新たにBTCを入金したとしても、新プランに回すことはできませんので気を付けてください。

 
今回ジュビリーエースが新プランを発表した狙いは、出金する人を食い止める目的と見て良いでしょう。

さらにお金が増やせるという点は魅力的ですが、90日後に運営が飛んでいないという保証はありません

利用は慎重に検討した方が良さそうですね。

MLM(マルチレベルマーケティング)による集客によって利用者を集めているジュビリーエースですが、とても心配な情報が入ってきました。

どうやらジュビリーエースの韓国幹部メンバーが、入出金停止状態にあるとのこと。

また、新規ユーザーに関してはまだ運用が出来ているようです。

ソースがありませんのでその真偽については不明ですが、仮に真実だとすれば日本国内においても影響が出てきそうですね。

しかしながら、ジュビリーエースの公式サイトへの国別アクセスを確認してみると、上位五か国に「韓国」の文字は確認できませんでした
ジュビリーエースの国別アクセス割合
【SimilarWebより引用 https://www.similarweb.com】

そもそも韓国国内において、ジュビリーエースのユーザーがどの程度いるのかも不明ですね…。

ユーザーの不安を煽るフェイクニュースである可能性もありそうですので、注意しましょう。

信頼のできる方が周囲にいるのであれば、その方に確認を取るなど情報に振り回されない意識も大切です。

2019年12月、ジュビリーエースが世界的経済誌である「フォーブス」に掲載されるという情報が確認できました。

ちなみにインド版のフォーブスに掲載され、インタビュー記事も載っているとのこと。

普通に考えれば世界的経済誌に載ることで、それだけジュビリーエースが「評価されている」と思うことでしょう。

ただ、注意していただきたいのは、フォーブスは広告の掲載費を支払うことで広告枠として載ることも可能という点。

ちなみに日本版のフォーブスには、広告掲載料について記載されていました。

日本版フォーブスの広告掲載料

もちろん、ある程度の審査はあると思いますが、必ずしも手放しで喜べるものではないでしょう。

裏返せば“信用”を勝ち取るための工作とも考えられますからね。

2019年10月25日 ジュビリーエースの出金が遅れているという情報がSNSで確認できました。

ジュビリーエースの出金が遅い

10日も出金ができない状況が続くのであれば、ユーザーとしては不安は募るばかりでしょう。

また、メンテナンスが多発しているという情報もありましたし、飛んでしまうのも時間の問題なのでしょうか。

ジュビリーエースのメンテナンスが多発

月間仮想通貨にも取り上げられ、注目の集まる案件だっただけに期待外れとも言える状況です。

ここからどんな展開が待っているのか?引き続き新たな情報を調査していきます。

月間仮想通貨10月号に、ジュビリーエースの創業者と技術者の対談の様子が掲載されました。

ジュビリーエースの対談

月間仮想通貨は、仮想通貨専門誌となっており2018年から発行が始まったものです。

創業者であるボビー氏とプログラマーであるレスリー氏は天才集団として紹介され、仮想通貨の現状や将来性について話が繰り広げられたようですね。

また、日本とシンガポールでの仮想通貨の捉え方の差についても対談されました。

ジュビリーエースに関して何か新たな情報が入り次第、追記してお伝えしましょう。

ジュビリーエース評価星2つ 2.3 - やや悪い(239件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

ジュビリーエースの実態を調査

ジュビリーエースは月利20%を謡う仮想通貨×MLM(マルチレベルマーケティング)の案件。

ただ、ジュビリーエースに関して様々な憶測が飛び交っており、何が本当なのかわからない状況です。

そこで今回は「ジュビリーエースの実態」について調査を進めていきます。

投資を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ジュビリーエースの評判から見える実態

肯定的な意見と否定的な意見どちらもありますが、あくまでも中立的な立場から見ていきたいと思います。

 

ジュビリーエースの良い評判

まず一つ目がこちら、

 
二つ目がこちら、

 
どちらもジュビリーエースは「本物」という確固たる信念を持っているようです。

お金を投資している以上「本物」だと信じたい気持ちもあるでしょうし、実際やってみなければわからない部分もあると思います。

 

ジュビリーエースの悪い評判

一つ目がこちら、

 
二つ目がこちら、

 
やはりジュビリーエースの実態が黒だと思っている方も少なくはないようですね。

 
最大月利20%×MLMという組み合わせを考えると、ポンジスキームではないかと考える方も少なくないのでしょう。

 
ポンジスキームとは、実際は資産運用せず投資家から集めた資金を別の投資家へ配当として配る詐欺的な手法。

 
良い意見と悪い意見どちらも聞かれますが、悪い評判の方が際立っているような印象があります。

 

ヤフー知恵袋での評判は悪い

ジュビリーエースは勧誘活動が盛んに行われており、若い層を中心に広まっているとされます。

そして、勧誘を受けた人がヤフー知恵袋で質問しているのが多々みられる状況。

 
ただ、質問に対する回答は否定的な意見が大多数です。

一部ご紹介しましょう。

 

質問:ジュビリーエースって怪しい会社ですか?
危ないからとか、やめておいた方がいいとかはよく見るのですが、実際に損をしたとかお金を失った、とかいう人は見たことがないので、評判を知っている人は教えて欲しいです。

回答:なぜ、「怪しくない」と思う人がいるのか、「怪しいですか?」と疑問を持つ人がいるのか、不思議でなりません。
売ってる商品については、ポンジスキームのMLMという定番コンボです。
紹介出さないと儲からないので、欺された人も必死です。

【引用元:ヤフー知恵袋

 
投資をする際にはデメリットやリスクも理解した上で利用するように心がけましょう。

 

ジュビリーエースの実態に迫る

なぜジュビリーエースが怪しいと言われるのか?

 
その理由として挙げられるのが、下記の5点

そして、これらがジュビリーエースの実態に繋がっていると言えるでしょう。

 

□ジュビリーエースの評判が悪い理由
  • MLM(マルチレベルマーケティング)を採用している
  • ポンジスキームの疑い
  • 運営会社の実態がないという情報も
  • 玉井暁氏が関わっている
  • 中には強引な勧誘をしている人も…

 
一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

・MLM(マルチレベルマーケティング)を採用している

まず一つ目のMLM(マルチレベルマーケティング)は、ネットワークビジネスやマルチ商法とも呼ばれるもの。

ジュビリーエースでは知人や友人を紹介することによって、紹介報酬を得られる仕組みがあります。

海外では一般的な手法で、口コミによって商品を販売していく形態となりますが、日本に関しては印象が良くないのが現実です。

 
MLMの仕組み

 
ネズミ講は違法ですが、マルチ商法は現状違法ではありません。

しかしながら、日本においては「MLM=怪しい」という図式が出来上がってしまっている部分もあると思います。

 

・ポンジスキームの疑い

ポンジスキームとは、投資家から集めた資金を実際は運用していないにも関わらず、運用しているように見せかける行為。

その確証は得られないのが現状ですが、MLMを採用していたビットコインマイニングサービスであるビットクラブに関しては、司法の場でポンジスキームと認定されているという事実もあります。

 
ジュビリーエースは最大月利が20%という高配当であることも、ポンジスキームではないかと噂される要因の一つでしょう。

 

・運営会社の実態がないという情報も

ネットの情報の中では会社としての運営実態はなく、実際は会社所在地に私書箱が設置されているという情報も確認できました。

自分の大切な資産を預ける先ということを考えると、利用者にとっては心細いと言わざるを得ませんよね。

 

・玉井暁氏が関わっている

玉井暁とは、MLM界の重鎮として評判の人物です。

 
玉井暁の画像

 
一部からカリスマ的人気を集める一方で、アサイージュースを売り上げた所得税を脱税したという過去もあります。

ジュビリーエースでは玉井暁氏もセミナーを開催しており、仕掛け人の一人です。

ネット上にも色々な情報があり、決して評判のいい人ではないと言えるでしょう。

 

・中には強引な勧誘をしている人も…

セミナー講師の一人に、手数料と偽って多くお金をもらい、自分の懐に入れている人がいるのではないかということです。

ジュビリーエース 講師が着服の疑い

ジュビリーエースに関して、知識のない人を狙っていると考えるとかなり悪質なもの。

 
MLM(マルチレベルマーケティング)においては、どのような人のダウンに付くかが重要となりますよね。

しっかりとサポートしてくれたり、信頼のおける人の下へ付きたいものでしょう。

大切な資産を預けるわけですから、当然だと思います。

 
その他、ぼったくりグループも存在するという情報も確認できました。

 
ジュビリーエースぼったくりグループが存在

MLMという性質上、悪評についても広がりやすい一面があるでしょう。

 
以上の点から、ジュビリーエースは怪しいという声が出ています。

当サイトにも、ジュビリーエースに関して多くの声が寄せられていますが、“思ったより稼げない”や“ポンジスキームではないか?”という意見も多数確認できました。

 
これから投資を考えている方は注意が必要ですね。

 

実際稼げるのか?

結論を申し上げておくと、ジュビリーエースで稼ぐのは“時間がかかる”と言えそうですね。

実際稼げているのは間違いなさそうですが、思ったより効率が悪いという点も、ジュビリーエースの評判の悪さに繋がっているのでしょう。

 

□ジュビリーエースのポイント
  • 元本は返還されない
  • 手数料20%が必要
  • 現実は月利6%前後
  • 元本回収するまで運営が続く保証はない

 
ジュビリーエースの月利に関しては、アービトラージシステム収益で2.4%~20%

 
最大で20%ということですので、仮に100万円投資していたとすれば、20万円の報酬が得られる計算ですね。

 
しかしながら、現実はそう単純なものではありません

 

・元本は返還されない

そもそもジュビリーエースに投資する元本は返還されるものではなく、システム料という名目でジュビリーエース側に支払う流れとなっています。

 
つまり100万円でジュビリーエースを始めるとすると、マイナス100万円でスタート…ということです。

 
元本分を回収した段階から、プラスになっていくということですね。

 

・手数料20%が必要

さらに考えなくてはならないのが、手数料の存在。

 
アービトラージ運用においては、手数料として20%が引かれることになっています。

 
ジュビリーエースのアービトラージ運用にかかる手数料

 
手数料の高さも考慮すると、スムーズに元本を回収することも難しいと評判。

 

・現実は月利6%前後か

実際に投資しているユーザーを見てみても、下記のように6~10%の月利というユーザーが多く見られました。

 

 
仮に月利6%だとすれば、100万円×0.06=6万円です。

 
毎月6万円だと元本を回収するのにも1年以上は必要になる計算。

 
投資して1年でようやくスタートラインということを考えると、効率的ではありませんよね。

 
MLMの仕組み上、実際多く利益を得ているのは、上層部の限られた一部の人と考えるのが自然です。

 

・元本回収まで運営が続く保証はない

それに他のHYIPのように元金を回収するまで、運営が飛ばないという保証もありません

 
プラストークンやブロックエコなど、これまでに飛んでしまったとされる案件は少なくありませんし、安心はできないでしょう。

 

ジュビリーエースとは

ジュビリーエース(Jubilee Ace)は、投資家から集めた資金をアービトラージで運用してくれるシステムです。

 
アービトラージとは日本語で裁定取引といい、同一価値を持つ商品の一時的な価格差を利用して利益をあげる取引のこと。

 
たとえば、取引所Aで100万円するものが、取引所Bだと90万円で購入できるとします。

 
その時取引所Bで購入したものを、取引所Aで売ると差額の10万円を稼ぐことができるというもの。

 
ジュビリーエースは理論上負けない投資と評判の案件といえます。

 

ジュビリーエースの仕組み

アービトラージキャンペーンに参加するためには、ジュビリークレジットといわれる独自の通貨へ変換する必要があります。

 
また、ジュビリーエースは、AQUAというどの分野にも応用できるようなデータ統合・分析の最先端技術を搭載したシステムを生み出しました。

 
このAQUAというシステムによって、安定的であり高利回りのアービトラージを完全自動化することに成功したとのこと。

 
ジュビリーエースのアービトラージシステムには、三つの柱が存在しています。

 

□アービトラージの三つの柱
  • 仮想通貨アービトラージ
  • スポーツアービトラージ
  • コモディティアービトラージ

 
一つずつ見ていきましょう。

 

・仮想通貨アービトラージ

ジュビリーエースの「AQUAシステム」を利用し、3~5種類の仮想通貨でアービトラージを行うことで、報酬を得ることができます。

 
ただ、AQUAシステムの使用料として20%の手数料がかかり、残りの80%がアービトラージの報酬として受け取ることが出来るのです。

 

・スポーツアービトラージ

スポーツアービトラージとは簡単にいえば、スポーツベッティング(スポーツ賭博)ということになります。

 
スポーツベッティングの倍率を利用し、アービトラージで利益を得るシステムですね。

 
スポーツとはある程度不変的なものであり、娯楽としてなくなることがないという理由から採用されているようです。

 
実際にはブックメーカーといわれる賭けを行う会社を通し、スポーツベッティングが行われています。

 
日本では馴染みのないことですが、世界的に見ればブックメーカーに対して賭けを行うことは珍しいことではありません

 
調べたところ、ブックメーカーの市場規模は全世界で20兆円を超えるほど、楽しまれているようですね。

 
ブックメーカーの市場規模
ブックメーカー ユーザー数100万人以上より引用

 

・コモディティアービトラージ

コモディティとは、金や銀、石油などの資源のことです。

コモディティによるアービトラージ数は世界的に見てもとても多く、資源ということもあり流動性が高い部分が強みです。

・アービトラージ報酬について

最低投資額は1000ドルとなっており、日毎報酬の基本月利は2.4%~3.0%となっていますが、アービトラージに参加することで、さらに多くの報酬を手にすることが可能になっています。

 
アービトラージシステム収益で2.4%~20%の収益も期待が持てるようです。

 
しかし、私が確認した限りは、6~10%のユーザーが多いのが現実だと感じています。

 
それに元本に関しては償却型となっており、手元には戻ってきませんので注意しましょう。

 

ジュビリーエースのアフィリエイト

ジュビリーエースでは知人を紹介すると、紹介報酬を受け取れるシステムが導入されています。

 
ジュビリーエースのボーナス体系

 
直接紹介ボーナスは新規登録者の入金額6%~10%、参加レベルによって報酬の額が変わる仕組みになっています。

 
また、直接紹介した人がアービトラージで利益を上げた場合、参加レベルに応じて1~5%還元されるというアービトラージ・インフィニティボーナスやペアリングボーナスなど、ジュビリーエースでは複数のボーナス制度があるのです。

 

ジュビリーエースのランク

ジュビリーエースでは、パッケージの購入額や直接紹介の人数によって、メンバーレベルがアップグレードされる仕組みとなっています。

 
ジュビリーエースのメンバーランクについて

 
そして、そのメンバーレベルに応じて、アービトラージの報酬率も変動するというシステムです。

 

運営会社の実態

運営会社はJubilee Ace Limited

 
すでに上述していますが、所在地はイギリス領バージン諸島というところまで公開されていますが、ネット上では会社としての運営実態はなく、実際は私書箱が設置されているという情報も出ています。

 
その点は注意が必要でしょう。

 

・創業者ボビーとは何者?

創業者とされるボビー氏ですがCEOなど責任者の情報は現在不明です。

ボビー氏はシンガポール出身でシンガポール国立大学を卒業後、シンガポール国内3大銀行の一つとされるオーバーシー・チャイニーズ銀行に入行という経歴が公開されています。

 
ボビー氏の出身大学であるシンガポール国立大学は大学ランキングにおいてアジア1位、2017年には世界でも24位というエリート大学のようです。

 
その後ボビー氏が就職したオーバーシー・チャイニーズ銀行についてですが、シンガポールの三大地方銀行の内の一つとされています。

 
ボビー氏はシンガポールで有名な資産家という情報も確認できましたが、私が調査を進めた限りその証拠は確認できませんでした。

 

ジュビリーエースの実態についてまとめ

「理論上負けない投資」として評判を集めるジュビリーエース。

 
盛んに勧誘活動が行われている一方で、その実態は決して評判が良いものではありません。

 
出金も滞っている状況ですので心細いかと思いますが、今は他の投資を検討してみてもいいかもしれませんね。

中でも最近はプロと同じレベルで投資できる方法に注目が集まっています。

ジュビリーエースに預けている資金分を取り返し、損失を最小限に留めることも可能でしょう。

もし興味があれば、ご覧になってみてください。

▼関連記事:『資産10倍の実績が明らかになったアルトコイン投資術

 

 アクセスランキング