おすすめアルトコインの口コミ・評判

匿名おすすめアルトコインへの投稿

2020/03/30

評価星5つ5

おすすめのアルトコインがわかってよかったです。ファンダメンタルズも大切ですが、そもそものプロジェクト内容とかロードマップなんかも大切な指標ですよね。

匿名おすすめアルトコインへの投稿

2020/03/29

評価星4つ4

まだ仮想通貨始めたばかりで、どんな基準で選べばいいのかわからなかったので参考になりました。情報会社があることも知らなかったので、前向きに検討したいと思います。

匿名おすすめアルトコインへの投稿

2020/03/16

評価星2つ2

実際アルトコインへの投資は稼げると思うけど、自分だけでちゃんと通貨の選別ができるかと言われれば難しい笑

匿名おすすめアルトコインへの投稿

2020/03/15

評価星3つ3

この前の仮想通貨全体の暴落はやばかったな(笑)でも今が底で安く買えると思えば、ワクワクしちゃうぜぇ

匿名おすすめアルトコインへの投稿

2020/03/06

評価星3つ3

株ではなく仮想通貨を選んだのは一発でかく勝ちたいからwどんな基準でアルトコインを選べばいいのかわからなかったので参考にします!モナコイン可愛いですね!

アルトコインを選ぶ6つのおすすめポイントを紹介

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

おすすめアルトコインの最新情報

おすすめアルトコイン評価星3つ 3.4 - 普通(5件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

おすすめアルトコインの総合情報

■アルトコインを選ぶ6つのおすすめポイント

アルトコインを選ぶ6つのポイント

 
仮想通貨で稼ぎたいとは思いながらも、いざ投資するとなると「何を買えばいいの?」とわからないものですよね。

 
自分のお金を投じるわけですし、できることならば失敗は避けたいでしょう。

 
それに仮想通貨に投資する以上は「億り人」に憧れもあると思います。

 
ここではアルトコインに投資する上での「稼ぐためのおすすめポイント」について解説していきます。

 

□アルトコインを選ぶ6つのおすすめポイント
  • ファンダメンタルズ
  • 取り扱い取引所
  • 技術力
  • プロジェクト内容
  • ボラティリティの高さ
  • 時価総額

 

・ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズは、正式には経済成長率などの経済指標のことです。

 
投資家の間では「ファンダ」という略し方で使われることが多々あります。

 
また、仮想通貨界隈では経済指標というよりも、「コインの価格が上がる材料」という意味合いで使われることが多いようですね。

 
たとえば、「○○コインはファンダが強い」といった具合に使われます。

 
ファンダメンタルズの例を挙げると、下記の通りです。

  • 大手企業との提携
  • サービスリリース
  • 取引所上場
  • コアアップデート

 
アップデートやサービスリリースなどは、あらかじめお知らせされることも多いですので、それに合わせて買いが殺到し価格が上昇することもあります。

 
実際、2019年5月国内の大手取引所コインチェックへの上場を果たした際には、モナコインの価格は急騰しました。

 
モナコインチャート画像

 
情報に合わせてアルトコインを購入することができれば、利益を得ることも可能ということですね。

 
ファンダメンタルズを利用してアルトコインを選ぶ上でカギとなるのは、いかに早く正確に情報を掴むかという部分でしょう。

 
何に投資するか迷った際にファンダメンタルズは、おすすめの指標といえます。

 

・取り扱い取引所

アルトコインの選び方として、どの取引所で取り扱いされているかも重要な基準です。

 
無名な取引所に上場しているよりも、Binance(バイナンス)などの大手取引所へ上場している方が信頼に値しますからね。

 
それにファンダメンタルズの部分でも触れましたが、大手取引所へ上場というニュースはアルトコインの価格を上げる要因にもなるところです。

 
また、流動性を高める上でも、多くの取引所へ上場させ、取引量を増やすことも重要

 
日本人にとっては国内の取引所で扱われているかどうかも、一つの指標でしょう。

 

・技術力

仮想通貨においては、開発側の技術力の高さも問われる部分です。

 
有名通貨の開発メンバーが関わっていたり、ブロックチェーン業界で名のある人物が関わっていたりすれば、将来性にも繋がるでしょう。

 
もちろん技術力が高ければいいというものではありませんが、低いよりは高い方が良いのは間違いありませんからね。

 

・プロジェクト内容

アルトコインのプロジェクト内容については公式サイトである程度把握できるものですが、中でも重要となるのが「ロードマップ」です。

 
ロードマップとは“進行計画書”のようなもので、いつどんな事業を進めるかがあらかじめ決められています。

 
アルトコインのロードマップの例

 
このロードマップに対して、遅れずに開発が進んでいるかもアルトコインの選び方としておすすめできる一つの基準ですね。

 

・ボラティリティの大きさ

ボラティリティとは、仮想通貨の価格変動の幅を意味するもの。

 
たとえば価格変動の大きな通貨の場合、「ボラが大きい」という表現をしたりします。

 
このボラティリティは、一般的に時価総額の大きな通貨ほど小さく、時価総額の小さな通貨ほど大きくなるのです。

 
同じアルトコインの中でもボラティリティには差がありますので、選び方の指標になるでしょう。

 

・時価総額

時価総額の大きさを見るのも、アルトコインの選び方としては重要です。

 
時価総額とは通貨の価格に、発行枚数を掛け合わせた数字。

 
アルトコインの時価総額ランキング

 
一般的に時価総額が高いほど、アルトコインの流通量も多く、取引量も多いということになります。

 
そもそも取引量が極端に少ないアルトコインでは、思うように利益を出すことも難しいと言えるでしょう。

 

■おすすめアルトコインベスト5

上記のアルトコインの選び方を踏まえて、筆者が独断と偏見で選んだおすすめアルトコインをランキング形式でお伝えしたいと思います。

 
アルトコインを購入する際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

・第1位「イーサリアム」

アルトコイン イーサリアムの画像
栄えある1位は、時価総額ランキング2位のイーサリアムです。

 
イーサリアム最大の特徴は、スマートコントラクトにあります。

 

□スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは日本語に訳すと、契約の自動化

契約とは「取引行動全般」を指し、契約内容がプログラミングに沿って実行され、契約後の変更や不正のリスクが減る仕組みとして注目が集まっています。

 
このスマートコントラクトの機能は、様々なビジネスに活用が広げられると期待されています。

 
実際にイーサリアムの展開するビジネスには、世界的な大企業がいくつも参加しており、その将来性の高さには納得です。

 
アルトコインの中でも一番におすすめできると言えるでしょう。

 

▼関連記事:『イーサリアムの価格が今後上がる可能性と今後の課題【2020年3月版】

 

・第2位「QTUM(クアンタム)」

アルトコイン クアンタムの画像
QTUM(クアンタム)はビットコインとイーサリアムの長所を併せ持っているのが特徴。

 
現在は時価総額ランキング35位ほどですが、技術力の高さには多くの注目が集まっています。

 
創業者であるPatrick Dai氏は、若くしてブロックチェーンに関する経験が豊富で、その点も評価されている要因です。

 
将来性という観点では、とてもおすすめできるアルトコインですね。

 
QTUM(クアンタム)の将来性や特徴など詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

▼関連記事:『仮想通貨クアンタムは将来性バツグン!今後の価格予想は?

 

・第3位「Lisk(リスク)」

アルトコイン リスクの画像
Lisk(リスク)は、時価総額ランキング41位、開発しやすい環境と高い処理能力が特徴。

 
簡単に使えるプラットフォーム」をコンセプトとしており、開発に用いるプログラミング言語は世界的にもメジャーなJavaScriptを採用しています。

 
2020年の1月にコインチェックがステーキングサービスの開始を発表したこともあり、今注目が集まるおすすめアルトコインの一つです。

 
Lisk(リスク)の将来性や特徴など詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

▼関連記事:『仮想通貨Lisk(リスク)の特徴と価格上昇の可能性をわかりやすく解説

 

・第4位「NEM(ネム)」

アルトコイン ネムの画像
NEM(ネム)は時価総額ランキング26位のアルトコインです。

 
低コストかつセキュリティレベルも高く、送金スピードも早いのが特徴です。

 
コインチェックの盗難事件によって、NEM(ネム)の名前を知った方もいるかもしれませんが、NEM(ネム)に非があったわけではありません。

 
将来性の持てるおすすめアルトコインと言えるでしょう。

 

▼関連記事:『ネム(NEM)の2020年は価格上昇の可能性アリ!今後の課題も解説

 

・第5位「モナコイン」

アルトコイン モナコインの画像
モナコインは、にちゃんねるのモナーというキャラクターをモチーフにしたおすすめ国産アルトコインです。

 
根強いファンも多く、コミュニティが活発なこともあり人気が集まっています。

 
送金スピードの早さも優秀ですので、将来性の持てるアルトコインと言えるでしょう。

 
モナコインの将来性や特徴など詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

▼関連記事:『モナコインは今後急騰する?最新チャートから価格を予想

 

■アルトコインとは

そもそもアルトコインとはどのようなものなのか、ここで軽く触れておきましょう。

 
アルトコインを簡単にいえば、「ビットコイン以外の仮想通貨」を意味しています。

 
ビットコインが仮想通貨の元祖ということもあり、ビットコインの弱点や欠点を補う形で改良されたもの。

 
また、アルトコインの中でも特に価格や取引量の少ない仮想通貨は、「草コイン」とも呼ばれています。

 

■アルトコインに投資するメリット

アルトコインが「ビットコイン以外の仮想通貨」ということはわかりましたね。

 
次は、アルトコインに投資するメリットとは何なのか見ていきましょう。

 
アルトコインをおすすめできるメリットとして挙げられるのが、下記の点です。

 

□アルトコインのメリット
  • ボラティリティ(価格の動き幅)が大きい
  • 技術力が高い
  • リスクヘッジできる

 

・ボラティリティ(価格の動き幅)が大きい

一般的に時価総額の大きい通貨よりも、時価総額の小さい通貨の方がボラティリティも大きくなります。

 
価格変動の幅が大きいということはつまり、大きく稼ぐことも可能になるということです。

 
一発で大きく稼ぎたいという方には、アルトコインへの投資はおすすめできますね。

 
VCRの最新実績

 
アルトコインの中でも「草コイン」と呼ばれる取引量の少ない通貨では、ボラティリティの大きさが顕著に現れています。

 
わずか数日で何倍にも急騰することがありますので、ビットコインに比べてアルトコインは稼げるチャンスが眠っていると言えるでしょう。

 
「アルトコインはオワコン」という意見もありますが、まだまだおすすめできるのは間違いありません。

 

・技術力が高い

元祖仮想通貨と言われるのはビットコインですが、決して完璧なものではありません。

 
そして、ビットコインの弱点を補うように開発されたのがアルトコインです。

 
その為ビットコインに比べて技術力の高いアルトコインも多数あり、将来性という観点でもおすすめといえます。

 

・リスクヘッジできる

仮にビットコインへ投資するとしても、ビットコインの価格が下がってしまえば、それだけ損失に繋がってしまいます。

 
その点アルトコインにも分散して投資すれば、損失のリスクを減らすことも可能でしょう。

 

■アルトコインに投資するデメリット

もちろん魅力的なアルトコインにも、デメリットは存在します。

 
しっかりと理解した上で投資を心がけましょう。

 

□アルトコインのデメリット
  • ハイリスク
  • 取り扱っている取引所が多くない

 

・ハイリスク

ボラティリティ(価格の動き幅)が大きいということは大きく稼げる点はおすすめですが、同時に損失を被るリスクも大きいということも意味しています。

 

・取り扱っている取引所が多くない

現在アルトコインの種類は2000種類を超えると言われており、国内の取引所で扱われているのはほんの一握りです。

 
その為海外取引所を開設する必要も出てくるのですが、日本語に対応していない場合がほとんど。

 
初心者にとっては、ハードルが高いとも言えますね。

 

■アルトコイン購入におすすめの取引所

アルトコイン購入におすすめの取引所

 
アルトコインを購入する上で、おすすめの取引所をいくつかご紹介したいと思います。

 

・コインチェック

コインチェック

 
販売所形式で、初心者におすすめの取引所です。

 
アプリのダウンロード数は230万以上と、非常に人気のある取引所と言えるでしょう。

 
ハッキングされた過去がありますが、そこからセキュリティレベルは大幅に改善されています。

 
現在は東証一部上場企業である「マネックスグループ」が親会社です。

 

・GMOコイン

GMOコイン

 
親会社がFX取引所大手のGMOということもあり、安心かつ安全に利用できるおすすめの取引所です。

 
スマホのアプリも使いやすく、初心者であっても簡単に売買が可能になっています。

 

・DMM Bitcoin

DMM bitcoin

 
こちらも親会社がFX取引所大手のDMM.comで、安心・安全に利用可能です。

 
ビットコインだけではなく、アルトコインのレバレッジ取引も可能で、大きく稼ぐことも期待できるおすすめ取引所となっています。

 

・Binance(バイナンス)

バイナンス

 
Binance(バイナンス)は世界最大級の仮想通貨取引所です。

 
160種類以上の通貨を取り扱っていることもあり、アルトコインで稼ぎたいのであればおすすめの取引所といえます。

 
ただ、日本語サポートを終了しているので、日本人にとっては不便なところ。

 

■アルトコインの選定をプロに頼る方法もある

ここまでアルトコインの選び方やメリット・デメリットをご紹介しましたが、「自分には無理そう」というお気持ちもあるのではないでしょうか。

 
個人ではなかなかハードルが高い部分もあるかもしれませんが、最近では情報サイトを利用して利益を得るという方法にも、注目が集まっているようです。

 
直近ではUnibright(UBT)というアルトコインが23日で808%の上昇をしましたが、これも的中させている模様。

 
Unibrightのチャート画像

 
情報サイトの魅力は、取引所開設サポートや担当者によるピンポイント指示にあります。

 
仮想通貨投資に不慣れな方であっても、プロの投資家と同じレベルでの投資が可能とのこと。

 
もし興味があれば、下記の記事をご覧ください。

▼関連記事:『リスクを抑え手軽に稼げる投資法

 

■おすすめアルトコインのまとめ

アルトコインの選び方には様々な指標があり、アルトコインには大きく稼げるというメリットもあります。

 
その点はおすすめできるポイントですね。

 
一方でデメリットもしっかりと理解する必要があるのは間違いありません。

 
その点でいえば、プロに頼るという方法も、アルトコインで稼ぐためにはおすすめできるでしょう。

 

 アクセスランキング