アクアナイト(AQN)の口コミ・評判

このページにはまだ口コミがありません。

アクアナイト(AQN)は稼げる?買う価値はある?

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

アクアナイト(AQN)の最新情報

アクアナイト(AQN) NAN - (0件)

アクセス急上昇の記事はこちら

アクアナイト(AQN)は買う価値はあるのか調査

アクアナイト(AQN)とは

アクアナイト(AQN)はジュビリーエースが発行する独自の仮想通貨です。

今後取引所への上場も予定しており、最終的には時価総額ランキング10位以内を狙っているとのこと。

現在の利用用途としては、ジュビリーエースへ投資する際の手数料が割り引かれるところにあります。

 

アクアナイト(AQN)の特徴

ジュビリーエースの発行するアクアナイト(AQN)には、次のような特徴があります。

 

□アクアナイト(AQN)の特徴
  • 1AQN=1ドル
  • 手数料割引
  • 2020年末までに18ドルに上がるらしい

 
それぞれ一つずつ詳しく見ていきましょう。

1AQN=1ドル

アクアナイト(AQN)はジュビリーエース内で使用する際、最低でも1ドルを保証してくれるとのこと。

仮にアクアナイト(AQN)が取引所へ上場し、0.1ドルになってしまったとしても1AQN=1ドルとして使用できます。

ジュビリーエースのユーザーとしては嬉しい保証システムでしょう。

 

手数料割引

本記事執筆2020年6月30日時点では、アクアナイト(AQN)は取引所へ上場していません。

その為、取引によって利益を得ることはできませんので、ジュビリーエース内での手数料割引が主な用途と言えるでしょう。

ジュビリーエースご自慢のアクアシステムを使用する際の手数料30%が20%になります。

 
具体例をざっくりと計算してみましょう。

 
例えば配当が500ドル(約5万円)だった時、30%の場合は手数料が150ドル(約1万5千円)

20%に割引されることで、100ドル(約1万円)と5千円ほど安くアクアシステムを利用できます。
 
月1回利用するとしても、×12で600ドル(約6万円)安くなる計算ですね。

 

2020年末までに18ドルに上がるらしい

ジュビリーエースの資料によれば、アクアナイト(AQN)は2020年末までには18ドルまで上がると予想されている模様。

 
ジュビリーエースの独自トークン

 
アクアナイト(AQN)の発行枚数は、全部で500,000,000枚(5億枚)です。

手数料の一部がバーン(焼却)され、価格上昇が見込めるということ。

 

□バーン(焼却)とは?

バーンとは、仮想通貨の発行枚数を減らすことです。

 
発行枚数を減らすことによって、希少性を高め、仮想通貨の価格上昇を狙います。

バーンによって上記のようなサイクルにも期待が持てるのです。

 
仮想通貨アクアナイト(AQN)が1ドルで取引が始まったとすれば、わずか数か月で18倍になる計算ですね。

 
正直これには無理があるとしか思えません。

100歩譲って仮に18ドルまで上がるとすれば、取引するだけでも相当な利益が見込めるでしょう。

 

購入する価値はあるのか

結論から言えば、ジュビリーエースのユーザーはアクアナイトを購入する価値があると言えます。

手数料割引によって、ジュビリーエースの元金回収から利益に転じるまでのスピードを早めることもできるでしょう。

その点を考えると、ジュビリーエースユーザーにとっては、大きなメリットがあると言えます。

ただ、注意点としてアクアナイト(AQN)を購入する費用は別で必要です。

 
一方でジュビリーエースに投資していないユーザーは、ひとまず様子見した方が良さそうですね。

 
理由はただ一つ、現時点ではジュビリーエースユーザーにしか恩恵がないということ。

実際にアクアナイト(AQN)が上場し、好材料となる情報が出てからでも遅くないでしょう。

 

アクアナイト(AQN)の今後

アクアナイト(AQN)は2020年6月30日現在、すでに購入可能です。

 

 
セール状況についてもまとめておきましょう。

・プリローンチ
期間:2020年6月10日~14日
価格:0.98ドル

・コミュニティローンチ
期間:2020年6月15日~7月5日
価格:1ドル

・パブリックローンチ
期間:2020年7月15日~

 
アクアナイト(AQN)の上場に関しては9~10月頃を予定しているようですね。

取引によって利益を得るのであれば、上場についても最新情報を抑えておきましょう。

 

有用性がポイント

アクアナイト(AQN)の取引で利益を得る為には、通貨自体の有用性がポイントとなります。

ジュビリーエースユーザー以外から買いを集めるためには、避けて通れないところでしょう。

それを踏まえて下記アクアナイト(AQN)のプレスリリース記事を見てください。

 

 
プレスリリースによると、アクアナイトはSaaSの部門で大きな役割を果たすことを確認しているという文があります。

 
SaaSとはSoftware as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」の略です。

例えば、Gメールやブログサービスなど、ユーザーがソフトをインストールする必要がなく、ネットワーク経由で利用できる機能性のことです。
データのじかんより引用】

 
アクアナイト(AQN)が本当にこの部門で大きな役割を果たすことになれば、仮想通貨としての有用性も認められることになりそうですね。

時価総額ランキングトップ10位も夢物語ではなくなる可能性もあるでしょう。

 

アクアナイト(AQN)の評判

ここではアクアナイトの評判についていくつかご紹介したいと思います。

一つ目がこちら、

やはりこのユーザーも「ジュビリーエースユーザーにしかメリットがない」と感じていらっしゃるようですね。

二つ目がこちら、

こちらの方はジュビリーエースユーザーのようですが、手数料割引はメリットとして感じていらっしゃる模様。

 
今はまだ両極端な意見しか見られませんが、今後上場していけば次第に様々な意見も出てくることでしょう。

 

まとめ

ジュビリーエースの独自トークンであるアクアナイト(AQN)。

ジュビリーエースユーザーとしては、保有するメリットは大いにあるでしょう。

 
ただ、2020年末までに18ドルを目指すのであれば、仮想通貨としての有用性を示すのが必須となりそうですね。

 
もし取引によって稼ぎたいというお気持ちがあるのであれば、アクアナイト以外のアルトコインへの投資も検討してみていいかもしれません。

仮想通貨の売買タイミングをサポートしてくれるサービスもありますので、安心感を持って投資に臨めるでしょう。

 

▼あわせて読みたい
アルトコインの選び方とおススメ通貨5選
ジュビリーエースは丸一年運用で赤字だった|口コミ・評判も紹介
ジュビリーエースはいつ飛ぶのか調査してみた

 

 アクセスランキング