仮想通貨アクアナイト(AQN)の最新価格や上場・出金に関する情報まとめ

アクセス急上昇の記事はこちら

評価星2.5つ 2.81 - やや悪い(16件のコメント件)

ジュビリーエースの独自仮想通貨

アクアナイト(AQN)の口コミ・評判

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2021/01/27

評価星3つ3

一瞬、6ドルだった頃が懐かしい…。今じゃどんどん下がっていくばかり…。

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/12/27

評価星2つ2

アクアナイトで戻ってきても困るんですけど…?画面の数字が増えただけじゃ誰も納得しないよ?
とりあえず早くアクアウォレットリリースしろよな!!!
上限金額も納得できないけど、まずは小額でも出金させろ!

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/12/24

評価星3つ3

こんなもんで出金されてもって感じだよね(´・ω・`)笑
今のところwhitebitとBiKiにしか上場してないから今の内に開設しておこうかな~

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/12/21

評価星2つ2

アクアナイトの価格が緩やかに下がってるのが気掛かり
出金できるようになった頃にはもっと下がってたりしてな?

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/11/10

評価星3つ3

思ったより価格上がるのなアクアナイト。
まあジュビリーエースがあんな感じじゃ意味ないだろうけどな。

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/11/09

評価星4つ4

アクアナイト結構上がってきてるらしいけど誰が買ってるの?って思っちゃう
出金できない時点でただの数字に過ぎないからね

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/11/08

評価星4つ4

アクアナイトは価値上がってますし、ウォレットリリースされれば不安も少しずつ減っていきますよ。そういう情報を今後も伝えてください。

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/11/02

評価星3つ3

アクアナイトなんか買うやつおらんやろww
まあ上場すらしないと思ってからそこは良かったけど

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/10/31

評価星1つ1

上場したところで売買できないなら何の意味もない
とりあえず形だけアクアナイトの価格が上がってるように見せてるだけ

匿名アクアナイト(AQN)への投稿

2020/10/29

評価星2つ2

ジュビリーエースもJENCOもアクアウォレットとの連携を進めていますが、最終的にアクアナイトでの出金になる噂もありますね。
本当にアクアナイトでの出金になれば意図的に大暴落させることも考えられます。

仮想通貨アクアナイト(AQN)の最新価格や上場・出金に関する情報まとめ

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

アクアナイト(AQN)の最新情報

出金停止が続いていたジュビリーエースとジェンコですが、1月16日頃からバックオフィス内からアクアウォレットへの出金が可能になりました。

ただ、50AQN単位での出金となるようですので注意しましょう。

アクアウォレットからの出金の手順としては、AQNが上場しているBiKi(USDT建て)またはwhitebit(BTC建て)に送金の流れです。

USDTに変えたい場合はBiKi、BTCに変換したい場合はwhitebitを利用しましょう。

ちなみに現時点で変換できている方は、BiKiを利用した方が多いようです。

[@8BqcmQxUU0HblUBより引用]

スムーズに利確したいのであれば、BiKiを利用した方が良さそうですね。

 
また、今後のスケジュールは下記の通り。

ジュビリーエースの出金スケジュール

あくまでも小額での出金となりますので、全て出金するには長い時間が必要です。

出金がままならない今、他の方法で投資金回収を試みてもいいでしょう。

最近では急騰期待のアルトコイン情報を事前に提供してくれるサービスもあり、中にはすでにジュビリーエースやJENCOの投資金を回収した方もいらっしゃるようです。

資産9倍の実績も確認できていますので、もし興味があればご覧になってみてもいいと思います。
 

ジュビリーエースやJENCO(ジェンコ)のアクアウォレットリリース日が、12月19日に決定したようです。

公式な情報ではなくドイツ向けのzoom内での発表のようですが、具体的な日付が出てきたことで出金に向けて僅かながら希望が見えてきましたね。

(@kamiturejpより引用)

ただ、アクアウォレットへの着金やUSDTやBTCではなく、独自通貨のアクアナイト(AQN)となります。

自分の手元に資産として出金させるためには、いくつかの手順が必要ですので注意しましょう。

アクアウォレットのリリースはこれまでにも延期が繰り返されてきたので、今回も延期となる可能性はゼロではありませんが、19日がひとまず大きな区切りとなりそうですね。

アクアナイトの価格は12月9日現在、日本円で約190円を推移しています。

上場後11月上旬までは上昇を続けていましたが、11月中旬から下落し12月現在は拮抗状態

アクアナイトの最新チャート画像

ジュビリーエースでは出金する際に、アクアナイト(AQN)に強制変換されることが発表されていますので、アクアナイトの価格の動向にも注目が集まるでしょう。

ちなみに現在、アクアナイトはWhitebit、BiKiという取引所に上場が確認されています。

実際にAQNで着金された後、売りたい人が殺到することも考えられますよね。

アクアナイトの価格が暴落する可能性もありますので、チャートを気に掛けていた方が良いかもしれません。

ジュビリーエースの独自仮想通貨「アクアナイト」に、価格操作されている疑惑が浮上しました。

アクアナイトは10月の中旬に上場し、その後価格は右肩上がりを続けています

仮想通貨アクアナイトのチャート画像

しかし、11月2日現在、取引所での売買が不可とのこと。

(@aaa19749502より引用)

つまり実際に取引はできないものの、価格だけが上がるという不自然な状況です。

内部の人間によって意図的に価格が操作されている可能性が高そうですね。

 
また、ジュビリーエースやJENCOは、「アクアウォレット」との連携が終わる11月末まで出金できない状況となっています。

アクアナイトの売買もできませんので、価格が上がってもどうすることもできないと言えるでしょう。

ジュビリーエースの独自通貨であるアクアナイト(AQN)は、大手取引所であるBiKiへの上場が予定されていましたが、すでに他の取引所には上場しているようです。

アクアナイト(AQN)が上場している取引所は、whiteBITという取引所。

10月5日に上場し、現在価格は右肩上がりとなっています。

アクアナイトがwhitebitに上場

5日の上場直後に急騰してからの急落。

そこからはじりじりと価格を上げ、現在約120円で推移しています。

 
コインマーケットキャップで時価総額ランキング上位に入るのが目標とのことですので、今後の動向が楽しみですね。

ただ、ジュビリーエース自体“11月末まで出金停止”との情報もありますので、アクアナイト上場で安心はできないでしょう。

ジュビリーエースの独自通貨アクアナイト(AQN)は9月~10月に取引所上場を予定していましたが、取引所BiKiのサイト内に「AQN」の文字を確認できました。

アクアナイトがBiKiに上場か

BiKiは仮想通貨取引所の中でも比較的大手の取引所です。

ジュビリーエース自体は11月末まで出金できないようですが、独自通貨が無事に上場すれば“首の皮一枚繋がる”と言えそうですね。

これで上場が先延ばしにでもなったら、ジュビリーエースが「飛ぶ」という可能性も高まってしまうでしょう。

 
ただ、アクアナイト(AQN)自体ジュビリーエースのユーザーにしか保有メリットはありません。

仮想通貨アクアナイトを発行するジュビリーエースの子会社AQUA Labsの広告が渋谷駅に掲載されました。

ちなみに料金は14日間で12,000,000円という高額となっています。

ジュビリーエースの名前を出さないことに違和感はありましたが、どうやら看板広告には様々な内容規制があり、マルチ商法の広告が禁じられている場所もあるようです。

規制を避けるためにあえてジュビリーエースの子会社であるAQUA Labsの名前を使ったのかもしれませんね。

アクアナイト(AQN)評価星2.5つ 2.81 - やや悪い(16件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

アクアナイト(AQN)の上場情報と日本円への変換方法を調査

ジュビリーエース、JENCO(ジェンコ)の独自通貨として打ち出されたアクアナイト(AQN)。

肝心のジュビリーエースやJENCOは現在出金が不可能な状況で、もし出金が再開されるとしてもアクアウォレット内にアクアナイト(AQN)での着金となるようです。

本記事ではアクアナイトで着金した後の出金方法や、AQNの上場情報について調査しています。

最後までご覧いただければ、無事に着金された後日本円に変換する際に混乱せずに済むでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

上場している取引所は2か所のみ

2020年12月現在、アクアナイト(AQN)が上場しているのは、whiteBitとBiKiという取引所のみ

アクアナイトのトレードを行うのであれば、どちらかの取引所を開設しておく必要があります。

どちらも日本語に対応しているので、お好きな方の取引所でいいかもしれません。

ちなみにWhiteBitの方はBTC建てですが、BiKiの方はUSDT建てです。

また、AQN/BTCペアの方が出金までの手間は少なく済みます。

 

AQNから日本円に変換する方法

AQNを日本円に変換する方法は大きく分けて2パターンあります。

より安全に手元に保管したいのであれば、ご自身で外部ウォレットを用意した方が良いでしょう。

 

□AQNを日本円に変換する方法
  • アクアウォレット内でUSDTに変換
  • アクアウォレットからAQNを送金

 

アクアウォレット内でUSDTに変換

アクアウォレットにはアクアナイト(AQN)からテザー(USDT)に変換する機能があります。

アクアウォレット内でUSDTへ変換し、USDTの取り扱いのある海外取引所へ送金。

海外取引所でUSDTをBTCへ変換し、国内の取引所へ送金。

アクアウォレット内でAQNをUSDTに変換

2020年12月時点で日本語対応している海外取引所でいえば、Bybit(バイビット)あたりが使いやすいかもしれません。

ただ、注意点としてアクアウォレット内でテザーに変換する際、上限が設けられるとの情報もあります。

つまり全額をUSDTに変換して送金するのは厳しそうです。

 

アクアウォレットからAQNを送金

もう一つがアクアウォレット内からアクアナイト(AQN)を直接取引所へ送金する方法です。

アクアナイトが上場しているのは、WhiteBitとBiKiの二か所の取引所のみですのでどちらかを利用しましょう。

WhiteBitの方はBTC建てですが、BiKiの方はUSDT建てとなっています。

手順としてはアクアウォレットからアクアナイトを上場している取引所へ送金。

続いてアクアナイトをBTCへ変換し、国内取引所へと送金します。

 

仮想通貨アクアナイト(AQN)とは

アクアナイト(AQN)はジュビリーエースが発行する独自の仮想通貨です。

今後取引所への上場も予定しており、最終的には時価総額ランキング10位以内を狙っているとのこと。

現在の利用用途としては、ジュビリーエースへ投資する際の手数料が割り引かれるところにあります。

発行しているのはジュビリーエースの子会社であるAQUA Labs

ERC20というイーサリアムベースのトークンを使用することによって、一から開発する手間を省いて仮想通貨を発行することができます。
 

アクアナイト(AQN)の特徴

ジュビリーエースの発行するアクアナイト(AQN)には、次のような特徴があります。

 

□アクアナイト(AQN)の特徴
  • 1AQN=1ドル
  • 手数料割引
  • 2020年末までに18ドルに上がるらしい

 
それぞれ一つずつ詳しく見ていきましょう。

1AQN=1ドル

アクアナイト(AQN)はジュビリーエース内で使用する際、最低でも1ドルを保証してくれるとのこと。

仮にアクアナイト(AQN)が取引所へ上場し、0.1ドルになってしまったとしても1AQN=1ドルとして使用できます。

ジュビリーエースのユーザーとしては嬉しい保証システムでしょう。

 

手数料割引

本記事執筆2020年6月30日時点では、アクアナイト(AQN)は取引所へ上場していません。

その為、取引によって利益を得ることはできませんので、ジュビリーエース内での手数料割引が主な用途と言えるでしょう。

ジュビリーエースご自慢のアクアシステムを使用する際の手数料30%が20%になります。

 
具体例をざっくりと計算してみましょう。

 
例えば配当が500ドル(約5万円)だった時、30%の場合は手数料が150ドル(約1万5千円)

20%に割引されることで、100ドル(約1万円)と5千円ほど安くアクアシステムを利用できます。
 
月1回利用するとしても、×12で600ドル(約6万円)安くなる計算ですね。

 

2020年末までに18ドルに上がるらしい

ジュビリーエースの資料によれば、アクアナイト(AQN)は2020年末までには18ドルまで上がると予想されている模様。

 
ジュビリーエースの独自トークン

 
アクアナイト(AQN)の発行枚数は、全部で500,000,000枚(5億枚)です。

手数料の一部がバーン(焼却)され、価格上昇が見込めるということ。

 

□バーン(焼却)とは?

バーンとは、仮想通貨の発行枚数を減らすことです。

 
発行枚数を減らすことによって、希少性を高め、仮想通貨の価格上昇を狙います。

バーンによって上記のようなサイクルにも期待が持てるのです。

 
仮想通貨アクアナイト(AQN)が1ドルで取引が始まったとすれば、わずか数か月で18倍になる計算ですね。

 
正直これには無理があるとしか思えません。

100歩譲って仮に18ドルまで上がるとすれば、取引するだけでも相当な利益が見込めるでしょう。

 

購入する価値はあるのか

結論から言えば、ジュビリーエースのユーザーはアクアナイトを購入する価値があると言えます。

手数料割引によって、ジュビリーエースの元金回収から利益に転じるまでのスピードを早めることもできるでしょう。

その点を考えると、ジュビリーエースユーザーにとっては、大きなメリットがあると言えます。

ただ、注意点としてアクアナイト(AQN)を購入する費用は別で必要です。

 
一方でジュビリーエースに投資していないユーザーは、ひとまず様子見した方が良さそうですね。

 
理由はただ一つ、現時点ではジュビリーエースユーザーにしか恩恵がないということ。

実際にアクアナイト(AQN)が上場し、好材料となる情報が出てからでも遅くないでしょう。

 

仮想通貨アクアナイト(AQN)の今後

アクアナイト(AQN)は2020年6月30日現在、すでに購入可能です。

 

 
セール状況についてもまとめておきましょう。

・プリローンチ
期間:2020年6月10日~14日
価格:0.98ドル

・コミュニティローンチ
期間:2020年6月15日~7月5日
価格:1ドル

・パブリックローンチ
期間:2020年7月15日~

 
アクアナイト(AQN)の上場に関しては9~10月頃を予定しているようですね。

取引によって利益を得るのであれば、上場についても最新情報を抑えておきましょう。

 

有用性がポイント

アクアナイト(AQN)の取引で利益を得る為には、通貨自体の有用性がポイントとなります。

ジュビリーエースユーザー以外から買いを集めるためには、避けて通れないところでしょう。

それを踏まえて下記アクアナイト(AQN)のプレスリリース記事を見てください。

 

 
プレスリリースによると、アクアナイトはSaaSの部門で大きな役割を果たすことを確認しているという文があります。

 
SaaSとはSoftware as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」の略です。

例えば、Gメールやブログサービスなど、ユーザーがソフトをインストールする必要がなく、ネットワーク経由で利用できる機能性のことです。
データのじかんより引用】

 
アクアナイト(AQN)が本当にこの部門で大きな役割を果たすことになれば、仮想通貨としての有用性も認められることになりそうですね。

時価総額ランキングトップ10位も夢物語ではなくなる可能性もあるでしょう。

 

SNS上での評判はそれほど良くない

ここではアクアナイトの評判についていくつかご紹介したいと思います。

一つ目がこちら、

やはりこのユーザーも「ジュビリーエースユーザーにしかメリットがない」と感じていらっしゃるようですね。

二つ目がこちら、

こちらの方はジュビリーエースユーザーのようですが、手数料割引はメリットとして感じていらっしゃる模様。

 
今はまだ両極端な意見しか見られませんが、今後上場していけば次第に様々な意見も出てくることでしょう。

 
ジュビリーエースの評判については下記の記事を参考になさってください。

▼関連記事
ジュビリーエースの実態を調査。11月末まで出金不可…。
ジュビリーエースはいつ飛ぶのか調査してみた

 

仮想通貨アクアナイトのまとめ

ジュビリーエースの独自トークンであるアクアナイト(AQN)。

アクアナイト(AQN)自体ジュビリーエースのユーザーにしか保有メリットはありません。

 
現在は小額ずつでの出金しかできず、投資されていた方にとってはもどかしい時間ですよね。

出金がままならない今、他の方法で投資金回収を試みてもいいでしょう。

最近では急騰期待のアルトコイン情報を事前に提供してくれるサービスもあり、中にはすでにジュビリーエースやJENCOの投資金を回収した方もいらっしゃるようです。

資産9倍の実績も確認できていますので、もし興味があればご覧になってみてもいいと思います。
 

 アクセスランキング