プランスゴールド(PGA)はついに飛んだ?真相と今後の対応

アクセス急上昇の記事はこちら

評価星2つ 2.16 - やや悪い(101件のコメント件)

月利15~20%のアービトラージプラットフォーム

プランスゴールド(PGA)は飛んだと思う?みんなの口コミ

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/15

評価星1つ1

プランスゴールドを人に勧めた奴がSNSの投稿を全部消そうとしてた。
黒歴史クリーナーじゃ全部消せないんだけどねwwいろんな人からの突っ込みをアンチ認定して馬鹿にしてたんだから、逃げる前にせめて一言説明したらどう?ww

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/14

評価星2つ2

プランスゴールドはポンジスキームの典型例です。
お金取り返したいなら利益を得ていた自分のリーダーを訴えましょう。
詐欺に加担していたんですからね。日本で投資ブローカーは違法です。

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/13

評価星2つ2

詐欺師は未だにPGAが飛んだのを認めていません。それなのに救済案件と銘打って自分の懐にアフィリエイト報酬がたっぷり入る案件を連日展開しています。PGAは飛びましたし、救済案件も詐欺なので信用しない方がいいですよ?

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/11

評価星2つ2

訴状が本物かどうかわからんが、恨んでる人はかなりの数いるだろう

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/11

評価星1つ1

プランスゴールドでヤられた人をさらにカモろうと色んなのが出てる。一度騙された人を狙うってのは酷いよな。でもきっとまた騙されるんだろう。

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/09

評価星2つ2

PGAは9月末に出金停止になったからすでに2か月以上出金止まってるんだよね。
すでにリーダーの中には新しい案件始めてる人もいるっぽいし、PGAの復活は絶望的なんじゃないかな。

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/09

評価星2つ2

訴状が本物なのかどうか気になる
でも作り見るとちょっとニセモノ感があるかな

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/09

評価星2つ2

プランスゴールドの詐欺はもう泣き寝入りするしかないですね。
もうお金を取られて終わりです。下手に取り返そうなんて思わない方がいい。
救済案件を勧められても無視した方がいいです。

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/08

評価星1つ1

巷で流行っていたプランスゴールドというハイプ詐欺案件が飛びましたが、現在オフィスがあったところは綺麗さっぱり無くなってしまいました。手際が良いので初めから飛ぶつもりで運営していたんでしょうね。
返金も中々厳しいと思いますよ。

匿名プランスゴールド(PGA)への投稿

2020/12/07

評価星1つ1

案件が飛んだ時というのは、入れている金額が大きければ大きいほど諦めきれないものです。
しかし、そればかりに執着していても時間ばかり取られてしまい、ただただ不毛ですよ?別の詐欺師にもつけ込まれます。
少しずつでも前に進みましょう。

プランスゴールド(PGA)はついに飛んだ?真相と今後の対応

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

プランスゴールド(PGA)の最新情報

プランスゴールド(PGA)では現在、リーダー陣に対する訴状が出回っているようです。

プランスゴールドの訴状

これが本物なのかどうか定かではありませんが、仮にホンモノの訴状であればプランスゴールド(PGA)に何らかの動きが期待できるかもしれませんね。

内容を簡単にまとめると、「リーダー陣はPGAが月利40%の収益を安定して稼げると断定的判断をして勧誘していた」というもの。

リーダー陣はすでに名前と顔が割れていますので、訴えられるのは仕方ない部分もあるでしょう。

 
返金について今の段階ではそれほど可能性は高くありませんし、身動きの取れない今、他の方法でプランスゴールドの投資金回収を試みても良いかもしれません。

事前に急騰通貨情報を教えてくれるサービスもあり、資産8倍の実績も明らかになっていますので、興味があればご覧になってみてください。

▼よく見られているページ:『アルトコイン投資で資産8倍超えの実績を調査

 

プランスゴールド(PGA)は中国の深センにオフィスのある企業でしたが、すでに深センには存在していないようです。

(@pgajpnより引用)

プランスゴールドの中国名は「深圳市腾跃菲凡科技有限公司」というそうですが、公安によればすでに深センには存在しない企業とのこと。

プランスゴールドが入っていたテナントにはすでに他の企業が入るとのことですし、本格的に飛ぶ可能性が高まっていますね

出金申請をしても出金できずにいるプランスゴールドですが、遂にサイトにログインできなくなったようです。

(@Hiro56894472より引用)

ちなみに公式サイトのトップページには“メンテナンス”の文字を確認できました。

まだプランスゴールドが飛んだと決定づけられたわけではありませんが、今の状況と過去に飛んでしまった案件の流れをみれば、“飛んだ”と言われても仕方ないでしょう。

今までに飛んだ案件の事例でいえば来年初頭も出金されることなく、何かと言い訳をして引き伸ばされるのが予想されます。

また、「良かったら出金手伝いますよ」「今ならまだ取り戻せるかも!」というアカウントがSNSで増えていますので、二次被害に遭わないように気を付けてましょう。

プランスゴールド(PGA)は12日から出金申請を再開し15日には着金の予定でしたが、ほぼ全てのユーザーは着金されていない模様です。

プランスゴールドは出金できない(@Dragon27936404より引用)

プランスゴールドの公式も下記のような声明を発表していますが、苦し紛れの言い訳にしか聞こえませんよね。

Prance Goldの大量の裁定取引アカウントは、当局による監査が行われるまで、Binance、Huobi、およびBittrex全体で停止されています。私たちは当局に対して全面的な協力を提供し、できるだけ早く問題を解決するよう努めています。私たちの大規模な顧客ベースと、各クライアントのブロックチェーン内のすべてのマネートレイルを追跡することの複雑さのために、2021年初頭までにすべてを解決できると楽観視しています。

10月14日プランスゴールドの中国深センオフィスがもぬけの殻になっているという情報が確認できました。

(@pgajpnより引用)

先月の時点ではオフィス内に人を確認できたものの、今月に入ってからは誰も確認できなくなっているとのこと。

本日15日は出金再開日となっていますが、果たして本当に着金されるのでしょうか…。

仮に出金できたとしても、“プランスゴールドが飛ぶのも時間の問題”と考えられますので出金を急いだ方が良いと思います。

プランスゴールドのトップが他の案件へと組織を移動させている模様です。

リーダー的立場の人がプランスゴールドを切り捨てて次の案件へと移動を始めたとも捉えられますね。

決定的な情報か定かではありませんが、仮に真実だとすればプランスゴールドが飛ぶのも時間の問題とも考えられます。

出金が殺到しているという情報もありますし、不安が少しでもあるならば早めに出金申請した方が良いと思います。

プランスゴールドは世界のトップリーダーが集まるドバイミーティングを予定していましたが、この度延期を発表しました。

その理由がビジネスビザと新型コロナウイルスにあるとのこと。

現在のコロナウイルス流行の現状を踏まえると仕方がない所はありますが、現在出金停止中ということを踏まえると気になるところはありますね

 
ただ、10月30日にはミーティングを開催したいとの旨も確認できましたので、今後どうなるかは未知数でしょう。

今は出金が再開予定の15日を待つしかありません。

プランスゴールド(PGA)は現在出金できない状況が続いている模様。

“いつでも出金できる”というのがプランスゴールドの謳い文句だったこともあり、多くの不安の声が聞こえます。

出金が遅れている原因は“中国の祝日”にあるということ。

実際中国は現在、大型連休の真っ最中です。

ただ、不思議なのは祝日は前からわかっていたはずということ。

前もってユーザーにお知らせしておくこともできたにも関わらず、あえてしなかったのかもしれません。

プランスゴールドは9月に入ってからログインの不具合が度々発生しているようです。

度々メンテナンスもしているようですので、その影響かもしれません。

サイトに完全にログインできなくなったら飛ぶ危険信号ですが、10月からコモディティアービトラージが始まるということを考えれば、メンテナンスが多くなってしまうのも無理はないでしょう。

それにキャンペーンにより新規登録者も順調に増えているようですからね。

 
現状プランスゴールドに大きな不満はないかもしれませんが、実際いつ飛ぶかは未知数です。

万が一のために、リスクヘッジとして他の投資との併用を検討されてみてもいいかもしれません。

仮にプランスゴールドが飛んでしまったとしても、損失を最小限に留めることも可能でしょう。

 

プランスゴールド(PGA)評価星2つ 2.16 - やや悪い(101件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

プランスゴールドは飛んだのか真相と今後の対応を調査

プランスゴールドは2020年12月現在出金できず、公式サイトにもアクセス不可となっています。

ちなみにここで言う「飛ぶ」とは、意図的であるかどうかに関わらず、資金を持ち逃げしたり運営が破たんすること

そこで今回はプランスゴールドは“本当に飛んだのか?”、今後予想される展開と対応について調査。

結論を先に申し上げておくと、プランスゴールドが飛んだ可能性は極めて高いです。

出金できる可能性はゼロではないがあまり期待できません。

プランスゴールドへ投資されていた方はぜひ参考にしてみてください。
 

出金できない今何をするべきか?

プランスゴールドに投資されていた方は9月末から出金できない状況が続いていますが、果たして今何をするべきなのか。

個人的には、運営に資金を預ける必要のない堅実な投資を模索していくのが良いのかなと思います。

投資先さえ間違えなければ、プランスゴールドの資金を回収するのも不可能ではありません。

 
出金できなくなってから約3か月が経とうとしている今も、プランスゴールドの“黒幕”を追う動きも確認されています。

もしかすると、その方々の動きによって問題が大きくなっていくことも考えられるのです。

そのような動きを信じて待つことも選択肢の一つ。

 
また、プランスゴールドに投資していた資金を回収する為に動くことも選択肢の一つです。

もちろんご自身の中で割り切り、「高い勉強代だった」と諦めることも決して悪いことではありません。

 

今後考えられる展開と対策まとめ

プランスゴールド(PGA)は飛んだ可能性が高いですが、今後起こり得る展開と対応について知っておきましょう。

先に申し上げておくと、公式のアナウンス通りに2021年初頭に出金が再開される可能性は低いです。

 

□今後考えられる展開
  • アナウンス通り2021年初頭に出金再開
  • KYC(本人確認)導入
  • 音沙汰なしでフェードアウト
  • 何かと理由を付けて先延ばし

 

アナウンス通り2021年初頭に出金再開

これに関しては、今の状況的に可能性は極めて低いと思われます。

逆に何事もなかったかのように出金が再開がされたら驚きですよね。

このパターンの場合は、2021年初頭を待つほかありません。

 

KYC(本人確認)導入

セキュリティ強化目的だとして、ユーザーに対して本人確認を促すケースもあります。

実際プランスゴールドにKYCが導入される話も挙がっている模様。
 
(@QUEST88255823より引用)

本人確認に応じた場合、出金が可能になる可能性もゼロではありません。

 
しかし、素性もわからない相手に個人情報を渡すことを考えると、かなりのリスクですね。

仮にKYCが導入された場合、他のユーザーが出金出来ていることを確認してからでも遅くはないでしょう。

いずれにしてもサイトにもアクセスできない状態ではKYC(本人確認)もしようがありませんね。

 

音沙汰なしでフェードアウト

このまま何事もアクションがなく、時間ばかりが過ぎてしまう可能性もあります

子の場合、プランスゴールドが飛んだ可能性はほぼ確定的と言えそうです。

ただ、対応方法が全くないわけではありません。

返金に至る可能性は低いですが、資金を取り戻す一つの手段として“訴訟”もアリではあるでしょう。

 
「どうしたらいいかわからない…」という方は、投資案件に強い弁護士を頼ってみることも良いと思います。

また、国民生活センターでは投資案件に関する相談を受け付けていますので、そういった方法で一人でも多くの声を集めることも重要。

「絶対に安全だから大丈夫!」などと強引な勧誘を受けた証拠がある方は、紹介者の責任を追及することも可能になるかもしれません

 

何かと理由を付けて先延ばし

2021年初頭の出金再開のタイミングで、「システム障害」「ハッキング被害」など理由を付けて先延ばしするパターンです。

システム障害なら仕方ないか…と思わせ、ユーザーが訴訟などの行動に移さないように繋ぎとめる方法ですね。
 
音沙汰なしパターンと同じく、然るべき行動に出ることも選択の一つではあると思います。

 

救済案件に注意が必要

プランスゴールド(PGA)が飛んだことで、「損失を回収できますよ!」と救済案件を名乗る勧誘が積極的に行われています。

ただ、闇雲に信用してしまうのは避けた方がいいですね。

というのも、救済案件を謡うものの中には、登録後迷惑メールが多発したものもあるようなのです。

 

つまり、個人情報が流出している可能性があるということになりますね。

救済されるどころか、さらに損失を重ねてしまう可能性もゼロではありませんので、慎重に判断していきましょう。
 

▼関連記事:『ウィンザーマスターの「被害者救済プログラム」は信じても良いのか?

 

プランスゴールドが飛んだと判断できる理由は4つ

プランスゴールドが飛んだ可能性が高いと言える根拠を整理すると、主に次の4点です。

本当に飛んだのか否か判断するのには、十分すぎる根拠だと思います。

 

□飛んだ可能性が高い理由
  • 出金できない
  • サイトにアクセス不可
  • CEOが俳優だった疑惑
  • ポンジスキームだった可能性も

 
一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

 

出金できない

なんと言っても2か月以上出金できない状況が続いている時点で、プランスゴールドが飛んだ可能性が高いと判断しても差し支えないと思います。

プランスゴールドは10月15日に出金を再開するとアナウンスしていましたが、約束の15日を迎えても出金されることはありませんでした

SNSのユーザーにしても「出金できない=飛ぶ(飛んだ)」という意見が多いようです。

(@RINKO42216906より引用)

実際にプランスゴールドへ投資していた方にとっても、出金されていない事実によって信用がガタ落ちしても仕方がないでしょう。

極端ですが、ある日いきなり銀行からお金を引き出せなくなったら大問題ですよね。

 

サイトにアクセス不可

プランスゴールド(PGA)は10月中旬辺りから、公式サイトにアクセスできなくなっています。

PGAのサイトにアクセス不可

公式によるアナウンス通り2021年初頭に出金を再開させる意思があるのであれば、公式サイトをわざわざ消す必要はありませんよね。

出金もできずサイトにもアクセスできないとなると、プランスゴールドが飛んだ可能性が高いと言える根拠になると思います。

 

CEOが俳優だった疑惑

プランスゴールドのCEOアンドレ・ジェラルド氏がただの俳優でCEOを演じていた疑惑が浮上しています。
 
(@Hiro56894472より引用)

仮に本当だとすれば、そもそもCEOに運営を続ける能力がないということになりますね。

黒幕が別にいて、“CEO役として雇われていたただの俳優”と考えるのが自然でしょう。

 

ポンジスキームだった可能性も

プランスゴールドはサービス開始当初からユーザーから集めた資金を運用していない可能性がありました。

これをポンジスキームと言い、投資家から集めた資金を運用しているように見せかける手法。

実際は投資家から集めた資金をただ配当に回しているに過ぎず、新規ユーザーが減ってくると配当を支払うことができず破たんする流れです。

 

上記の図でいえば、投資家Aから集めた資金を運用することなく、投資家Bに配当として支払います。

MLMを採用することによって、普及が容易なので多くの投資家から資金を集めやすいという特徴を利用しているのです。

 
過去に飛んでしまった仮想通貨案件はすでにポンジスキームと言われる詐欺だと認定されており、被害者は1000万人にも上るとされています。

 
ポンジスキームと認定された案件では、運営が危険な状態になると「ハッキングされたので出金ちょっと待ってください」と理由を付けて出金を先延ばしにするのがお決まりのパターン。

プランスゴールドの現状と重ねてみても、同じ流れであると判断できると思います。

本当にポンジスキームだったのであれば、プランスゴールドが飛んだのも無理はないでしょう。

 

プランスゴールドは早ければ年内にも飛ぶかも

プランスゴールドが飛ぶ可能性はゼロではないことをご理解いただけたかと思いますが、「それはいつなの?」という部分も重要ですよね。

結論を言うと、プランスゴールドは早ければ年内に飛ぶ可能性もあります。

11月現在、プランスゴールドはすでに飛んだ可能性も大です。

 
ちなみにプランスゴールドのロードマップ(事業計画書)は2021年8月まで確認できますが、この計画はあまりあてにならないかもしれません。

「来年まで予定あるんだから飛ぶわけないじゃん!」と決めつけてしまわない方が良いでしょう。

 
プランスゴールドのロードマップ
 
同じようなアービトラージサービスを展開するジュビリーエースという案件があるのですが、ジュビリーエースがオープンしたのが2020年の5月頃で現在も運営は継続中。

それならばプランスゴールドも1年以上持つのでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。

 
ジュビリーエースとプランスゴールドの決定的な違いは“元金を引き出せるかどうか”。

ジュビリーエースは元金を引き出すことはできませんが、プランスゴールドは元金を引き出すことも可能。

 
ジュビリーエースはユーザーの資金をロックすることで、ある程度の運営資金を確保することもできますが、プランスゴールドは無条件で配当を支払い続ける必要があります

その点を考慮すると、ジュビリーエースよりも運営が長く続く可能性は低いと言えそうですよね。

 

プランスゴールドが飛ぶ前の前兆とは

プランスゴールドのような高配当を謡う案件では、運営が飛ぶ兆候を確認できるものも少なくありません。

いくつかパターンがありますので、知っておいて損はないでしょう。

 

□運営が飛ぶ兆候
  • 出金が制限・遅延
  • 配当が減る・遅れる
  • 公式サイトにアクセスできなくなる

 
それぞれ一つずつ見ていきましょう。

出金が制限・遅延

HYIP案件では出金が制限されたり、遅れたりした時には注意が必要です。

例えば、出金の限度額が設けられたり、限度額が下がるパターン。

また、出金申請から着金までの目安をオーバーし始めたら飛ぶ危険信号です。

 
※10月に入ってから出金できない状況が続いていますので、プランスゴールドはこの項目に該当していると言えるでしょう。

 

配当が減る・遅れる

仮にポンジスキームであれば、初期の頃は高額な配当を出すことは可能ですが、新規参入者が減ってくると配当に回す資金が減ってくることもあります。

それは結果的に配当の減少や遅延に繋がるというわけですね。

 

公式サイトにアクセスできなくなる

これは論外と言える部分ですが、運営が飛ぶ準備を進める段階でハッキングなどを理由に公式サイトにアクセスできなくなるパターンもあります。

 
以上は一部の危険信号ですが、少しでも当てはまる状況になったならば注意が必要

 
11月現在、プランスゴールドは出金遅延と公式サイトにアクセス不可の二つに該当。

危険度的にはMAXと言ってもいいと思います。

 

プランスゴールドは飛んだのか?調査結果まとめ

プランスゴールド(PGA)は12月現在、出金できず公式サイトにもアクセス不可となっていますので、すでにプランスゴールドは飛んだ可能性が高い。

 
返金の可能性が乏しい今は、他の方法でプランスゴールドの投資金回収を試みても良いかもしれません。

事前に急騰通貨情報を教えてくれるサービスもあり、資産8倍の実績も明らかになっていますので、興味があればご覧になってみてください。

 

▼よく見られているページ:
アルトコイン投資で資産8倍超えの実績を調査
プランスゴールド(PGA)の投資は実際どうなの?評判・口コミを紹介
アルファロックは稼げる可能性は高いがおススメしない投資

 

 アクセスランキング