エレクトリックキャッシュのマイニングに投資するべきか調査

アクセス急上昇の記事はこちら

評価星2.5つ 2.67 - やや悪い(12件のコメント件)

マイニングシティの独自通貨マイニング第二弾

エレクトリックキャッシュの口コミ・評判

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2021/01/05

評価星3つ3

今月末からマイニング開始で来月取引所に上場
速攻元金回収してノーリスクでしゃぶり尽くしたいね

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2021/01/04

評価星4つ4

最近CNVからエレクトリックキャッシュに移行してる層も結構多いみたいだ。
早期参入なら稼げる可能性高いから当然と言えば当然だが。

masaエレクトリックキャッシュへの投稿

2021/01/02

評価星3つ3

エレクトリックキャッシュはスキャム!!
稼げるスキャムだけどな!

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/26

評価星1つ1

エレクトリックキャッシュの上場が2月ってのがちょっとな
すでに運営が集金していることを考えると、上場してもそこまで高騰が続くとも考えにくいな

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/24

評価星3つ3

絶対に儲かるって誘われたけど、絶対なんて言葉使ってる時点でお察しなんだけど(笑)

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/23

評価星2つ2

エレクトリックキャッシュが絶対に上がる保証はないけど期待値としては高いです
とりあえず現物だけ買うのもいいかも

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/22

評価星3つ3

BTCVと同じ流れになるとするならエレクトリックキャッシュも結構稼げるんじゃないかな(´・ω・`)
来年からマイニング開始だけど今のうちにプランは購入しておこうっと!!

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/22

評価星2つ2

早い段階でマイニングしないとカモにされるだけ
暴落してから勧誘してくるやつもいるから注意な

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/21

評価星2つ2

BTCVで買うと20%ハッシュ追加は地味に嬉しい
ステーキングもあるし売り圧減るんじゃない?

匿名エレクトリックキャッシュへの投稿

2020/12/21

評価星3つ3

たしかに!
それとリスク分散の為に他に投資しておくのもアリだね
自分はアルトコインも握ってるし含み益出てるからちょっとは安心

エレクトリックキャッシュのマイニングに投資するべきか調査

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

エレクトリックキャッシュの最新情報

2/15夕方、エレクトリックキャッシュ(ELCASH)がCoinbene(コインベネ)に無事上場しました。

上場後約8.5ドルから上昇し1時間で約4倍、現在は37ドル付近を推移しています。

エレクトリックキャッシュのチャート画像

安値で仕込めたユーザーは少なく、半数は30ドル以上での購入になったようです。

[@jaybofxmpより引用]

しかし、BTCVのようにここから右肩上がりが続くのであれば、30ドルであっても底値と見て良いでしょうね。

まあどこまで上がるかは未知数ですが。

今は仮想通貨相場全体が好調です。

中にはアルトコインの急騰予測を行うサービスもあるので、比較検討してみてもいいかもしれません。
 

 

1月5日、BTCVをステーキング(ロック)させることで、エレクトリックキャッシュが報酬としてもらえるサービスが開始されました。

マイニングシティはBTCVをステーキング(ロック)させることで、報酬としてエレクトリックキャッシュを受け取れますが、ステーキング開始から数時間で売り切れとなってしまったようです。

やはり前回のBTCVの高騰もあり、エレクトリックキャッシュにも多くの注目が集まっているのでしょう。

ちなみにステーキングによって得られる報酬は次の通り、

BTCVのステーキング上記は1BTCVに対する割合で、1BTCVを3か月ステーキングすれば50%のエレクトリックキャッシュがもらえるということです。

マイニングの開始は1月下旬、取引所への上場は2月を予定しているとのことですので、今後もさらに注目が集まりそうですね。

エレクトリックキャッシュのマイニングは1月の開始を予定されていましたが、具体的には1月末の開始となるようです。

エレクトリックキャッシュの動画

この動画主はマイニングシティの運営で、エレクトリックキャッシュのマイニング開始について言及しています。

マイニングよりも先にBTCVのステーキングが開始されるようですので、流れとしては「ステーキング⇒マイニング⇒現物の上場」となりそうですね。

すでにBTCV(ビットコインボルト)を持っていらっしゃるのであれば、売らずにステーキングした方が稼ぐ足がかりになるでしょう。

エレクトリックキャッシュ評価星2.5つ 2.67 - やや悪い(12件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

エレクトリックキャッシュのマイニングに投資するべきか?

最近話題のエレクトリックキャッシュですが、稼げるならば投資してみたいというお気持ちだと思います。

とはいえ、「リスク面も見逃せない」という思いもあるでしょう。

本記事ではエレクトリックキャッシュって何?という基本的なところから、エレクトリックキャッシュは稼げるのか?損をしない為にどう立ち回るべきかまで調査。

最後まで目を通して頂ければ、エレクトリックキャッシュに投資するべきかの判断材料となるでしょう。

先に結論を申し上げておくと、早期参入であれば稼げる可能性は高く投資する価値はあると思います。

エレクトリックキャッシュとは?

エレクトリックキャッシュ(electric cash)は、クラウドマイニングを展開するマイニングシティが打ち出した独自通貨の第二弾です。

マイニングシティの第一弾の独自通貨BTCVで稼げたユーザーが多かったことから、エレクトリックキャッシュにも大きな注目が集まっています。

 
12月現在はマイニングプールの購入が可能ですが、マイニング自体は2021年1月から開始される予定です。

ちなみにマイニングを簡単に説明すると、マイニング機器を購入することによってエレクトリックキャッシュを採掘し増やせるイメージだと思って良いでしょう。

後ほど触れますが、エレクトリックキャッシュにはいくつかのマイニングプランがあり、高額のプランになるほど計算力が高く、より多くのエレクトリックキャッシュをマイニングできます。

 
エレクトリックキャッシュの特徴をまとめると、次の通りです。

 

□エレクトリックキャッシュの特徴
  • BTCVの保有量に応じてもらえる
  • BTCVをステーキングすることで配当が得られる
  • 直接マイニングすることも可能

 
一つずつ見ていきましょう。

 

BTCVの保有量に応じてもらえる

BTCV保有者に対してエレクトリックキャッシュが一回限りエアドロップ(無料配布)されます。

配布レートは、10BTCVに対して1ELCASHです。

つまりBTCVを多く持っているほど、より多くのエレクトリックキャッシュがもらえるということですね。

ちなみに無料配布される枚数が決まるのは2021年1月1日のようですので、それまでにBTCVの保有枚数を増やすのもアリだと思います。
 

▼関連記事:
マイニングシティの独自通貨ビットコインボルト(BTCV)とは?

 

BTCVをステーキングすることで配当が得られる

保有しているBTCVをステーキング(売れないようにロック)することでも、エレクトリックキャッシュを受け取れます。

ステーキングの方法などの詳細はまだ不明ですが、1~3か月の3パターンがあり、長くロックするほどより多くのエレクトリックキャッシュを受け取れると考えられます。

 
BTCVのステーキング

ちなみに各ステーキング期間の報酬率(1BTCVに対する報酬割合)は次の通りです。

3か月ステーキングすれば、1BTCV当たり50%の報酬が得らえます。

例えば100BTCVを3か月ステーキングすれば50ELCASHがもらえるということですので、かなりお得感はありますね。

 

直接マイニングすることも可能

エレクトリックキャッシュにはマイニングプランもあります。

マイニングに必要な機械を購入して配当を得る形になりますが、順調にマイニングされている限りは継続的に報酬を得られるのです。

ちなみにエレクトリックキャッシュのマイニングは1100日間(約3年間)の運用なので、3年間毎日配当をもらい続けられます。

 

早期参入で稼げる可能性が高い

エレクトリックキャッシュは12月現在、マイニングプランの先行販売が行われていますが、実際に稼働が始まるのは2021年の1月です。

エレクトリックキャッシュに投資するならば“早期参入がメリット”。

その理由は次の2つ。

 

□早期参入がメリットの理由
  • ELCASHの価格上昇に期待できる
  • 早めに元本回収が可能

 

ELCASHの価格上昇に期待できる

ELCASHはマイニングシティ独自通貨第一弾のBTCV(ビットコインボルト)同様価格が大きく上がる可能性があります。

ちなみにBTCVは取引所への上場後、最大で500倍の価格をつけました。
 
BTCVのチャート画像

エレクトリックキャッシュの投資に早期参入することで早めにELCASHを手に入れることが可能となり、安く買って高く売ることもできるということですね。

エレクトリックキャッシュがどこまで上がるかは未知数ですが、BTCVに続いての通貨となれば期待値は高いでしょう。

早い段階でエレクトリックキャッシュの枚数が増やせれば、大きな利益も十分に期待できそうですね。

BTCVについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
 

▼よく見られているページ:
最大で価格が500倍になったビットコインボルト(BTCV)を調査

 

早めに元本回収が可能

マイニングの仕組み上、参加するユーザーが増えるほど一人当たりの利益は減っていきます。

逆にエレクトリックキャッシュを早い段階でマイニングしていけば、マイニング利益が減る前に元本回収が可能です。

そもそもエレクトリックキャッシュをマイニングするためにはプランを購入する必要がありますので、プラン料金分はマイナスからスタート

 

早い段階でマイニングを始めることで、マイナス分をスムーズに回収し利益に転じていけるということですね。

このようなマイニング案件では元本回収を優先させるのが鉄則です。

 

損失を被る可能性もゼロではない

エレクトリックキャッシュは、損失を被る可能性もあります。

 

□損失を被る可能性
  • ELCASHの暴落
  • 時間と共にマイニング配当が減少

 

ELCASHの暴落

エレクトリックキャッシュのマイニングで稼げるのは、ELCASHの価格が上がることが前提

ただ、第一弾の独自通貨であるBTCV(ビットコインボルト)は、価格が大暴落した事実があります

 

ELCASHも同じように上場後しばらくは右肩上がり、ある日突然暴落…という可能性も否定できません。

マイニングの配当はELCASHで支払われますので、ELCASH自体の価格が下がってしまえば最悪元本回収もままならなくなる可能性があります。

暴落の可能性はエレクトリックキャッシュをマイニングする上で一番の不安要素でしょう。

 
ちなみにELCASHは2021年の2月に取引所に上場予定です。

どこの取引所になるか詳細はまだ不明ですが、BTCVも上場しているCoineal(コインニール)の可能性が高いでしょう。

 

時間と共にマイニング配当が減少

エレクトリックキャッシュのマイニングに参加する人が増えるほど、一人当たりのマイニング報酬は減っていきます

これは一枚のピザをユーザーの数で分けて食べるイメージです。

人数が多くなるほど、一人当たりの取り分は減ってしまいますよね?

もちろんエレクトリックキャッシュの価格が上がり続けてくれればある程度はカバーできますが、上がり続ける保証もありません。

実際過去のマイニング案件の中には、報酬が先細りして元本回収不可能となってしまったものもあります。
 

▼関連記事:
ビットクラブはマイニング報酬が減り過ぎて元金回収不可

 

理想的な立ち回り方

エレクトリックキャッシュのマイニングに参加するならば、早期参入の方が良いですね。

早い段階でマイニングを開始し、エレクトリックキャッシュの現物も購入しておくのが理想的かなと思います。

ちなみにエレクトリックキャッシュの上場は2月を予定しているようです。

エレクトリックキャッシュのロードマップ

 
早期参入によって元本回収もスムーズに可能ですし、ELCASHの暴落前に売り抜けられるでしょう。

いずれにしても、いかに元本回収を早く終えられるかが重要です。

あまりリスクを取りたくない方は、現物だけ購入してみるのもありだと思います。

 
また、BTCVでマイニングプランを購入すると、より高いハッシュレート(計算力)でマイニングが可能。

BTCVを持っているのであれば、BTCVで購入した方が良いでしょう。

 

エレクトリックキャッシュのマイニングプラン

エレクトリックキャッシュのマイニングプランは全6種類あります。

BTCVでプランを購入すると20%のハッシュが追加され、より多くの利益を得ることが可能。

さらに4200ドル以上のプランに投資すると、ELCASHが無料でもらえます

 
エレクトリックキャッシュのマイニングプラン

・300ドルプラン(3TH/s)
・600ドルプラン(6TH/s)
・1200ドルプラン(12TH/s)
・2400ドルプラン(24TH/s)
・4200ドルプラン(42TH/s)
・12600ドルプラン(138TH/s)

 
まとめると、

・マイニング期間は1100日間
・BTCVでプランを購入すると20%のハッシュが追加
・高額プランになるほど多くELCASHがもらえる

となっています。

 

エレクトリックキャッシュマイニングのまとめ

マイニングシティの独自通貨第二弾エレクトリックキャッシュ。

2021年1月からマイニングが始まるということもあり、早期参入できるチャンスでもあります。

早い段階に参入することで稼げる可能性はありますが、損失を被る可能性もゼロではありません。

 
もし仮想通貨で稼ぎたいのであれば、資産9倍の実績が確認できているアルトコイン投資法も比較検討してみても良いでしょう。
 

▼よく見られているページ:
資産9倍の実績が明らかになったアルトコイン投資術
マイニングシティってどうなの?評判を徹底調査
ビットコインボルト(BTCV)の今後を調査

 

 アクセスランキング