ビットコインボルトの口コミ・評判

匿名ビットコインボルトへの投稿

2020/07/24

評価星3つ3

ついに40,000円突破!
一体どこまでいくんだああ!?

匿名ビットコインボルトへの投稿

2020/05/18

評価星2つ2

こんなに順調に値上がりするのは何だか胡散臭い気もするけど実際利益を出してる人もいるんでしょうね。
友人に紹介されてマイニングシティ始めましたが信じてみたいと思います。

匿名ビットコインボルトへの投稿

2020/05/04

評価星3つ3

去年からビットコインボルト持ってれば今頃めっちゃ儲かったんだろうな~w悔しさを噛みしめながら今日もマイニングシティでマイニングw

ビットコインボルト(BTCV)の評判・口コミを紹介

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

ビットコインボルトの最新情報

上場後右肩上がりが続いているビットコインボルト(BTCV)ですが、ついに40,000円に到達しました。

ビットコインボルト(BTCV)のチャート画像

COINEAL上場当時は約1万円ほどでしたので、そこからわずか2か月で4倍に上昇したことになります。

一体どこまで上がるのか注目が集まりますね。

また何か動きがあれば、追記してお伝えしたいと思います。

Twitterでは、ビットコインボルトが仮想通貨取引所Hot Bitに上場するというツイートが話題になっていました。

既に上場済みであるCoinealでは、5月21日時点でビットコインボルトの価格が130倍に高騰しています。

Hot Bitを利用する投資家の資金がさらにビットコインボルトへと流入すれば、更に価格が上昇するかもしれませんね。

仮想通貨バブルを彷彿とさせる様相のため、バブル崩壊の可能性も視野に入れながら運用してくのが賢い方法でしょう。

最近ではビットコインボルトのような高騰するアルトコインの価格予想を行うサービスが話題になっています。

暴落の事前予測なども行っているようなので、売り時を迷っている方は利用してみてください

2020年5月15日現在、ビットコインボルトの価格は14,200円前後を推移しています。

ビットコインボルトの最新チャート

上場後は右肩上がりの状態をキープしている状況ですね。

1月から比較すると20倍に迫るほどの価格上昇です。

しかし、今後暴落の可能性がないわけではありません

下降トレンドへと転じた後、一気に売りが加速し、暴落する可能性も十分あるでしょう。

今後どこまで値上りを続けるのか、注目が集まりますね。

ビットコインボルト評価星2.5つ 2.67 - やや悪い(3件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

ビットコインボルトの総合情報

■ビットコインボルト(BTCV)とは

ビットコインボルト(BTCV)は、ビットコインと同じように“価値の保存”を主な目的として開発されたものです。

 
身近にあるものでいえば、金(ゴールド)のような役割を持たせたいという狙いがある模様。

 
金(ゴールド)は希少性が高く、不変の価値があるのです。

 
長期的な財産保全の手段として注目が集まっており、ここ1年の金価格の推移を見ても右肩上がりとなっています。

 
金価格の推移

 
ビットコインボルト(BTCV)が目指すのは、支払いに特化した仮想通貨ではなく、金(ゴールド)と同等の価値を持たせるという所にあります。

 
また、通貨名に「ビットコイン」と入っていますが、ビットコインボルトはハードフォークによって生まれたものではありません

 

□ハードフォークとは?

ハードフォークとは仕様変更によるブロックチェーンの分岐を示すもの。

今までとは違う新しいブロックチェーンが生まれることによって、互換性のない新たな仮想通貨が誕生します。

有名なところでいうと、ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

 
ビットコインボルトはビットコインのブロックチェーン上に存在するものではなく、あくまでも独自のブロックチェーンを生成しています。

 
また、冒頭でもお伝えしたように、ビットコインボルトは“価値の保存”を主な目的として開発された仮想通貨です。

 
その為、高いセキュリティレベルが実現出来ているとされています。

 
ビットコインボルトのセキュリティ

 
どれほど価値のあるものだとしても、簡単に盗難されてしまえば意味がありませんからね。

 
ビットコインボルトでは、24時間以内であれば取引をキャンセルできるという特徴があります。

 

■ビットコインボルト(BTCV)の将来性

ビットコインボルトの将来性として、期待できるのは次の2点です。

 

□ビットコインボルトのポイント
  • 上場後の価格は右肩上がり
  • マイニングシティでマイニングできる

 

上場後の価格は右肩上がり

ビットコインボルトは2019年の12月に大手の仮想通貨取引所Coinealに上場し、価格は右肩上がりとなっています。

 
1月の価格と比較すると、5月現在の価格は約20倍にも迫る勢いとなっていますね。

 
ビットコインボルトの最新チャート

 
上昇トレンドが続いていることを考えると、さらなる価格上昇にも期待は持てるでしょう。

 
2018年頃に流行したICO案件では上場後に大暴落…という流れも少なくありませんし、それを考えるとビットコインボルトは非常に優秀ですよね。

 

マイニングシティでマイニングできる

ビットコインボルトはマイニングシティの新プロジェクト「プロジェクトX」の一環として打ち出されたもの。

 
ビットコインボルトのマイニングは、現在マイニングシティのみで可能となっています。

 
マイニング状況はどうなっているかと言うと、

 

 
プランによって変動はしますが、デイリーで3~5ドル分のビットコインボルトが得られているようです。

 
日本円で約500円前後ですから、×30とすると一か月で約15,000円の利益。

 
ビットコインボルトの価格がさらに上がれば、マイニング報酬も上乗せされていくという流れですね。

 

■ビットコインボルト(BTCV)の問題点

2020年5月現在、価格は右肩上がりとなっているビットコインボルトですが、問題点もあります。

 

□ビットコインボルトの問題点
  • マイニング報酬が減る速度が速い
  • ホワイトペーパーやロードマップの具体性に欠ける

 

マイニング報酬が減る速度が速い

ビットコインボルトの特徴として挙げられるのが、減少期が半年周期で訪れるという点。

 
ビットコインは4年に1回の周期で訪れ、マイニングに対する報酬が半減していきます。

 
そもそもビットコインやビットコインボルトには、2100万枚という発行上限が決まっているのです。

 
マイニング報酬が減る時期があることで、新規発行を絞り、希少性を高め価格上昇を促す役目があります。

 
今現在、マイニングシティのマイニングにより、デイリーで約500円分ほどのビットコインボルトを得ることが可能。

 
しかし、マイニングシティのマイニングで利益を増やすためには、減少期前よりもビットコインボルトの価格上昇が必須です。

 
いつまでも価格が上がり続ける保証がないという点を考えると、マイニング報酬が減り続けるリスクもあるでしょう。

 

ホワイトペーパーやロードマップの具体性に欠ける

ホワイトペーパーやロードマップは、事業計画書や今後の開発予定などが記されたものです。

 
投資家にとっては、投資するかどうか判断する材料の一つとなる重要なもの。

 
しかし、ビットコインボルトのホワイトペーパーは信頼に値するような具体性のあるものではありませんでした

 
ロードマップも同様に、非常に簡略化されて作成されています。

 
ビットコインボルトのロードマップ

 
今後金(ゴールド)のような価値を与える目的のプロジェクトとしては、やや穴があるように感じてしまいますね。

 

■ビットコインボルト(BTCV)の買い方

ビットコインボルトは、マイニングシティによるマイニング以外にも、取引所で購入することができます

 
マイニングシティで日々コツコツとマイニングするよりも、取引所で購入した方が手っ取り早くビットコインボルトを手に入れられますね。

 
それにマイニングシティでの運用は1100日ですので、約3年の間で運営が破たんしてしまう可能性もゼロではありません

 
今後さらにビットコインボルトの価格が上がるのであれば、直接購入した方が価格上昇による恩恵を受けられることでしょう。

 
現在、ビットコインボルトが上場しているのは次の取引所です。

  • Coineal
  • MXC
  • Liquid

流れとしては、取引所を開設→口座にBTCを送金→取引所でBTCVを購入という流れです。

 
海外の取引所はよくわからないという方は、海外取引所の開設サポートをするサービスもあるようですので、興味があればご覧になってみても良いでしょう。

 

■ビットコインボルト(BTCV)の評判

ここではSNS上でのビットコインボルトの評判をいくつかご紹介しましょう。

 
ビットコインボルトへの投資を考えている方は、ぜひ参考になさってくださいね。

 
まず一つ目がこちら、

 
続いて二つ目がこちら、

 
「価格操作されている」という声もありますが、総合的に見ると称賛する声が多く見受けられますね。

 
マイニングシティがMLM(マルチレベルマーケティング)を採用しており、紹介報酬が得られることも要因になっているのでしょう。

 

■ビットコインボルト(BTCV)の発行元

ビットコインボルトはMINEBEST社が発行しています。

MINEBEST社はマイニングシティと提携を結んでいると言われており、世界トップクラスのマイニング企業です。

 
MINEBEST社のCEOはイエール氏。

 
マインベスト社のCEO

 
デジタルマイニング協会と言われる組織の会長も務めているという情報もあるようですね。

ただ、このデジタルマイニング協会。

“仮想通貨業界の国連”という情報も確認できますが、それにしては公式サイトの作りがチープな感じもします(笑)

 
デジタルマイニング協会のホームページ

 

■まとめ

ビットコインボルトは上場後の価格が右肩上がりとなっていますが、今後暴落のリスクがあるのは否定できません

 
マイニングシティでマイニングを行うか、海外の取引所で購入するかマイニングシティの記事をご覧になって慎重に判断して欲しいと思います。

 

▼関連記事:『マイニングシティは稼げるのか?口コミと評判を紹介

 

 アクセスランキング