仮想通貨MATICとは?いつ投資チャンスが来るのか調査

MATICは2021年に入ってから注目されている仮想通貨です。

たったの5か月で価格が100倍に急上昇し、時価総額は1兆円を超えました。

この凄まじい価格上昇の理由は、DeFiやNFTといった仮想通貨業界のトレンドに乗れたからです。

MATICは以前からDeFiやNFTといったサービスの利便性を向上させる技術を持っていました。

DeFiやNFTに注目が集まる中MATICのポテンシャルが評価され、爆発的な高騰が実現したのです。

今回はMATICのポテンシャルを知った上で、今後いつ高騰する可能性があるのか見ていきましょう。

仮想通貨MATICとは

MATICは、2017年にイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決を目指して作られた仮想通貨です。

スケーラビリティはシステムがデータをどれだけ処理できるか示してくれます。

 
近年はイーサリアムの需要が拡大した結果、データの処理能力が追い付かず、手数料の高騰が問題になっています。

このままでは手数料の高さが問題でイーサリアム離れを招いてしまう恐れがありました。

その問題を解決すべく2019年4月にBinanceのローンチパッドでIEOを行い、560万ドル(約6億円)を調達。

そして、2021年5月には初上場から価格が500倍まで上昇し、時価総額が1兆円を超えています。
 

それだけイーサリアムのスケーラビリティ問題は根深く、その問題を解決してくれるMATICが期待されています。

また、MATICは2021年2月にPolygon(ポリゴン)へリブランディング(名称変更)が行われています。

リブランディングによって、プロジェクトが目指すゴールの範囲が広がっています。

 

仮想通貨MATICが将来性バツグンの理由

仮想通貨MATICはDeFiやNFTといった分野を中心に、利用者を増やしています。

その理由は他の仮想通貨にはない将来性がMATICにあるからです。

今後もMATICに期待できると言える理由は全部で3つあります。
 

MATICが将来性バツグンの理由
  • スケーラビリティ問題の解決
  • すでに多くのプロジェクトで採用されている
  • DeFiやNFT分野が業界のトレンド

 
これらの理由からMATICは投資家に評価されています。

 

スケーラビリティ問題の解決が目的

MATICはイーサリアムとは別のブロックチェーン(サイドチェーン)を作成しスケーラビリティ問題の解決を目指しています。

スケーラビリティ問題の解決を目指すプロジェクトは他にもありますが、MATICは「Plasma」という最新技術を使っているのが特徴です。

MATICの「Plasma」はイーサイアムの創設者Vitalik Buterin氏とLightning Networkの共同開発者Joseph Poon氏によって開発された技術を応用しています。

これにより、MATICは65000/秒のトランザクション処理能力を誇ります。

イーサリアムは15/秒のトランザクション処理能力なので、MATICの方が圧倒的な処理能力があります。

 

すでに多くのプロジェクトで採用されている

MATICは200以上のプロジェクトで活用され、採用数は増え続けています。

特にDeFiとNFT、ブロックチェーンゲーム領域でMATICが使われています。
 

中には日本人が多く利用しているプロジェクトもあります。

・マイクリプトヒーローズ
・JPYC
・Aave
・SushiSwap
・OpenSea

今後もMATICの活用事例は増えると予想されます。

 

DeFiやNFT分野が業界のトレンド

2020年から仮想通貨業界ではDeFiNFTといった分野がトレンドになっています。

2021年前半ではDeFiやNFTに関連した仮想通貨は軒並み急騰し、価格が10倍以上になった仮想通貨がいくつもありました。

特にNFTは個人でも簡単に作れることもあって、世界中の芸能人やアーティストが使い始めています。

続々と新しいサービスが出ている中で、MATICの利用事例も増えていくでしょう。

 

仮想通貨MATICは今後高騰に期待

これからMATICの高騰が期待できる理由はいくつもあります

今後のMATICの動向によっては、価格が数倍に跳ね上がるかもしれません

分かりやすい高騰要因が3つあるので、見逃さないように注意しましょう。
 

MATIC高騰に繋がりそうな出来事
  • 企業との提携
  • プロジェクトの進展
  • イーサリアムのガス代高騰

 
上記はそれぞれMATICの将来性を左右するポイントでもあります。

MATICの正確な高騰タイミングを知りたいのなら、知っておいて損はありません。

 

企業との提携

MATICの開発元であるシンガポールのMATIC社と国内外の企業がいくつか提携しています。

・株式会社スマートアプリ
・Cryptoeconomics Lab
・double jump.tokyo株式会社

現状は規模の小さいスタートアップやベンチャー企業との提携が目立ちます。

今後、大手企業との提携が発表されると、MATICへの期待値が跳ね上がり高騰する可能性が高まります。

そして、MATICを利用する企業が増えていけば、継続的な高騰が期待できるでしょう。

 

プロジェクトの進展

MATICのプロジェクトが大きく進展を見せると、投資家からの期待が高まって高騰する可能性が高くなります。

実際にMATICは色んなプロジェクトやサービスでブロックチェーンが採用され、着々と発展しています。

例えば、2021年にはGoogleのクラウドサービス「Google Cloud」でMATICのブロックチェーンが正式に活用できるようになりました。

クラウドサービスとはWebサイトやアプリ、システムを開発・管理できるサーバーなどのサービス群です。

そんなクラウドサービスでMATICが使えるということは、MATICの技術がGoogleに認めらた証拠でしょう。

このようにMATICの技術が採用されたりすると、MATICの需要が増え高騰しやすくなります

 

イーサリアムのガス代高騰

イーサリアムの送金手数料ガス代が高騰すると、DeFiやNFTのサービスを構築するのにイーサリアムが使いにくくなります

その結果、イーサリアムの代替先としてMATICが選ばれる可能性があります。

 
そもそもイーサリアムはプラットフォームとしては仮想通貨業界でトップなので、イーサリアムから完全には離れにくいです。

MATICならイーサリアムとの互換性が高いので、イーサリアムからの乗り換え先として便利です。

今後もイーサイアムが自力でスケーラビリティを改善できなければ、MATICの需要は増し続けるでしょう。

しかも巨大化したイーサリアムの開発の遅いですが、まだMATICは身軽で開発スピードは段違いに高いので、今後も利便性が高まっていと思います。

中にはMATICを含め、アルトコインの急騰予測を行うサービスもあるので参考にしてみてもいいかもしれません。

 

仮想通貨MATICの売買ポイント

MATICを買うタイミングは、ビッグニュースが出てからがベストに近いでしょう。

前述した「企業との提携」や「プロジェクトの進展」がビッグニュースにあたります。

仮想通貨はビッグニュースが出ると短期間で価格が数倍になる時が多々あるので、そのタイミングでMATICを売買できるのが理想的です。

この他にもMATICの価格がどうなるのか予想して、買い時を見極めるポイントがあります。

 

BTCの価格変動に影響を受けやすい

ほとんどの仮想通貨はBTCの価格が大きく動くと影響を受け、BTCと似た価格変動を起こします。

つまりBTCが急騰しているとMATICも急騰しやすくなります

BTCの価格を見ておけば、短期的なMATICの価格がどうなるのか予想しやすいです。

 

ボラティリティが大きい

MATICはBTCやETHと比べると単価が安く、価格の変動に必要な資金はBTCと比べると少なく済みます。

つまりボラティリティ(価格変動幅)が大きく、急騰しても何かの拍子で暴落の可能性もあるということ。

今の時点で将来性は高いのですが、ネガティブなニュースが出れば暴落に繋がるので注意しましょう。
 

 

仮想通貨MATICの買い方

MATICは国内取引所では取り扱っていないので、海外取引所で買うしかありません

日本人でも利用可能な主な海外取引所は下記の通りです。

・Binance
・KuCoin
・FTX
・Uniswap(V2)

上記の海外取引所の中でもBinanceは世界最大手の取引所と言え、日本語に対応していることもあり日本人に人気です。

 

BinanceでMATICを購入する方法

BinanceでMATICを買うのなら、国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を買い、仮想通貨をBinanceに送金する必要があります。

BinanceではMATICの取り扱いペアは複数あるので、ペアに対応している仮想通貨に交換しておきましょう。

・MATIC/BTC
・MATIC/BNB
・MATIC/USDT

上記の仮想通貨は時価総額が大きく、人気のペア通貨です。

次にBinanceでMATICを買う方法は下記の通りです。

まずは、自分が取引する仮想通貨ペアの取引画面に移動します。

次に、上記の取引画面から買い注文を出せます。

「リミット:指値注文」か「マーケット:成行注文」を選んでクリックして、MATICを買う数量を入力します。

最後に画像一番下にある「ここを押して注文完了」をクリックしたら買い注文を出せます。

あとは、買い注文が通るのを待つだけです。

 

仮想通貨MATICのまとめ

MATICは今後も高騰に期待できる仮想通貨の1つです。

企業や他プロジェクトとの提携やプロジェクトの進展があれば、短期的な高騰にも期待できるでしょう。

もちろんMATIC以外にも2021年有望アルトコインはあります。

2021年高騰に期待できるアルトコインをまとめた記事もあるので、興味があればご覧になってみてください。

 

▼よく読まれているページ
【最新】2021年有望アルトコイン6選

 

MATICの口コミ・評判

このページにはまだ口コミがありません。

仮想通貨MATICとは?いつ投資チャンスが来るのか調査

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

 アクセスランキング