LINK(LN)の口コミ・評判

匿名LINK(LN)への投稿

2021/04/09

評価星3つ3

LINKが爆下がりで損切りしようと思ったら少し値を戻してきた。
また3万円台に戻ると信じてホールドしたままにするかな。

匿名LINK(LN)への投稿

2021/04/08

評価星2つ2

まさかLINKが上がるとは思わなかったという人多いよな。あまりに上がらず放置したまま買った事さえ忘れてたので儲けたけど、俺も忘れてなければとっくに底値で売ってたと思うよ。
まあ今下がってきてるんだけどね。

匿名LINK(LN)への投稿

2021/04/03

評価星5つ5

年始から25倍高騰!
出来高少ないとはいえ凄いでしょこれは

匿名LINK(LN)への投稿

2021/04/01

評価星4つ4

10万まであがるのを信じてガチホしたいと思います

匿名LINK(LN)への投稿

2021/03/31

評価星4つ4

LINKは仕込んですぐに暴落して買値に戻した時に売ってしまった。
その後の急騰で慌てて買い戻したけど一瞬下がって参った。今また2万円だけどいっそ4万になってくれないかな。

匿名LINK(LN)への投稿

2021/03/30

評価星4つ4

LINKはLINEの情報漏洩で下がったけどすぐに反発して2万円だよ。自分は2000円くらいで仕込んだから笑いが止まらん。

匿名LINK(LN)への投稿

2021/03/25

評価星4つ4

LINEの件がニュースになってたから不安だったけどlinkの価格には影響なしって感じだ
強すぎる

匿名LINK(LN)への投稿

2021/03/22

評価星5つ5

リンクまだまだ上がりそうwww

匿名LINK(LN)への投稿

2021/03/21

評価星3つ3

嫌な角度で落ち始めた。
これはかなり暴落するかも?

匿名LINK(LN)への投稿

2021/03/19

評価星4つ4

今月の初めは4000円くらいだったのに急騰具合がすごいですねlink
自分も含めてキャンペーンでもらった人はかなりハッピーでしょう

LINEの「LINK」はどんな仮想通貨?仕組みから将来性まで解説

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

LINK(LN)の最新情報

9月18日、LINEの仮想通貨LINKに変換可能な「LINKリワード」がもらえるサービスが開始されました。

まずはLINE内の金融サービスから開始されます。

カード発行や証券口座の解説、アンケート回答などの条件達成に応じて30円~5000円相当のLINKリワードがもらえるようです。

LINKリワードがもらえるサービス

LINKリワードを受け取った後は、BITMAX Walletから仮想通貨LINKの受け取り申請が可能とのこと。

今後LINE以外のサービスも参入予定ですので、LINEのトークンエコノミーの拡大が楽しみですね!

LINKを保有するだけでメリットとなるサービスが出てくれば、LINKの価格上昇の手助けにもなっていくでしょう。

 
ただ、投資目的という面で考えると、LINEのLINK以外にも価格上昇が期待できる仮想通貨はあります

中には急騰する可能性を秘めた通貨情報を、事前に知らせてくれるサービスもあります。

利用者からの喜びの声も寄せられていますので、興味があればご覧になってみてください。

 

日本で絶大な人気を誇るメッセンジャーアプリ「LINE」。

この度ブロックチェーン基盤の事業化を発表しました。

具体的には「LINE Blockchain Developers」と言われるサービスの提供を開始。

これによって、LINEが目指すLINEトークンエコノミーへとサービス事業者の参入が可能になります。

LINEが発行する仮想通貨LINKは8月の上旬に国内初上場したばかりですが、早くもトークンエコノミー構想は着実に進んでいると言えそうですね。

また、動きがあれば、追記してお伝えしたいと思います。

LINEが発行する独自通貨「LINK」の購入額が1億円を突破しました。

仮想通貨LINKは8月6日にBITMAXで日本初の取り扱いが始まったばかり。

わずか6日間で購入額1億円を突破したことになりますね。

その要因として考えられるのが、BITMAXで行われている日本初上場を記念したキャンペーンです。

9月4日までの期間中、LINKを購入した方を対象に、合計購入金額に応じて最大10,000円のLINKがプレゼントされます。

LINKの価格が上がっているのは、このキャンペーンの影響による部分も大きいでしょう。

仮想通貨LINK(LN)のチャート画像

 
ただ、キャンペーン終了後に一気に売りが入り、価格が急落する可能性もゼロではありません

その点は注意しておきましょう。

LINK(LN)評価星2.5つ 2.75 - やや悪い(69件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

仮想通貨LINK(LN)を徹底解剖してみた

LINKは日本で人気を集めるメッセンジャーアプリ「LINE」が発行する仮想通貨です。

2020年8月に日本に初上場しキャンペーンを実施していることもあり、注目が集まっていますね。

そこで今回はLINKがどんな仮想通貨なのか調査を進めていきます。

  • どんな仮想通貨なの?
  • 保有するメリットって何?
  • 将来性は?

以上に少しでも当てはまる方はぜひ参考にしてみてください。

 

仮想通貨LINKとは

冒頭でも軽く触れましたが、LINK(LN)はメッセンジャーアプリ「LINE」を提供する会社が発行する仮想通貨です。

 
LINKの目的はユーザーとサービスを強く結びつけ、経済活動を円滑に進めること

簡単に言うと、LINEブロックチェーンが提供するサービスに貢献してくれたユーザーに対して報酬として配られるものがLINKです。

 
法制度の関係から2020年8月の国内取引所上場まではLINKポイントという名称だったのですが、今回の上場に伴って仮想通貨LINKとしてのプロジェクトにも進展が期待できます。

その背景にはLINEが目指す「トークンエコノミー」という考えがあり、仮想通貨LINKを深く理解するためにはまず、「トークンエコノミー」についても知る必要があるでしょう。

 
決して難しい話ではないので、次の項目で説明したいと思います。

 

LINEが目指すトークンエコノミー

トークンエコノミーとは、トークン(代用貨幣)を用いて経済圏を実現させようという動きのこと。

LINEでいえば、LINE独自のLINKという仮想通貨(代用貨幣)によって、様々なサービスを利用できるようにしようということですね。

 
下のイラストのように、LINEはブロックチェーンという舞台を提供し、外部の様々な事業やサービスが参入。

そのサービスを利用し貢献してもらうお返しとして、サービス側がユーザーへLINKを報酬として渡します。

LINEトークンエコノミーの仕組み【引用元:LINE blockchain トークンエコノミーの実現

 
このようにLINEトークンエコノミーは、サービスを利用・貢献してくれるユーザーに対して感謝を示そうという意識が強いと言えますね。

私たちユーザー側も、「報酬がもらえるならやってみよう」という意識が積極的に働いていくでしょう。

 
そもそもLINEは国内で年齢問わず多くのユーザーが利用するアプリです。

ユーザー数は8000万人を超えるとも言われ、全人口の60%以上が利用している計算。

その大きなプラットフォーム上で新たな経済圏を作れたら、私たちの生活もより便利になっていきそうですよね。

 
さらに詳しくLINEトークンエコノミーについて知りたいという方は、下記のホワイトペーパーをご覧になってみてください。

 

▼『LINEブロックチェーンのホワイトペーパー

 

次の項目では、実際に仮想通貨LINKを保有することにどんなメリットがあるのか?を解説していきましょう。

 

LINKを保有する3つのメリット

LINEの仮想通貨LINKを保有する大きなメリットは、次の3つです。

 

□LINKを保有するメリット
  • キャピタルゲインが狙える
  • 報酬として受け取れる
  • 元使い道が多岐に渡る

 
それでは一つずつ分かりやすく説明していきましょう。

 

キャピタルゲインが狙える

キャピタルゲインとは、トレードによって得られる利益のこと。

簡単に言うと、LINK(LN)を安く買って高く売れば、それだけで利益になるということですね。

 
まず、仮想通貨LINKのチャート画像を見てみましょう。

仮想通貨LINK(LN)のチャート画像

LINKは2020年3月にコロナショックの影響で過去最低値274円を記録。

 
そこから8月現在までは上昇を続け、8月26日現在は3,100円前後で推移しています。

つまり、3月から比べ仮想通貨LINKの価格は11倍以上になっているのです。

 
個人的には今後もLINEのLINKは価格上昇が見込めると感じています。

今の内に少しでも買っておくと、将来数倍になっている可能性もあるでしょう。

 

報酬として受け取れる

上でも軽く触れていますが、LINEトークンエコノミー内でサービスを利用すると、貢献活動の報酬としてLINKを受け取ることが可能。

 
2020年8月時点、具体的なサービスが展開されているわけではありませんが、国内に上場を果たしたことによって今後プロジェクトが進展する可能性は大いにあるでしょう。

どんなサービスもユーザーが利用して初めて価値が生まれるもの。

その点LINEはユーザーとともにトークンエコノミーを成長させていこうという意識が強くあるようですね。

 

使い道が多岐に渡っている

報酬として受け取ったLINKという仮想通貨も使い道がなければ意味はありません。

 
ただ、LINKの実用性は非常に優れたものがあります。

ざっと挙げただけでも、次のような利用用途が想定されているのです。

 
仮想通貨LINKの使い道

また、LINKを保有しているだけでも何らかのメリットが得られるように、現在構想が進んでいるとのこと。

 
しかし、中には「LINEポイントじゃダメなの?」と思う方もいらっしゃると思います。

たしかに現在導入されているLINEポイントでも、LINEサービス内での決済手段として利用可能。

 
LINEポイントで間に合ってしまうような気もしますが、もちろん決定的な違いがありますよ。

それが「現金化できる」という点ですね。

仮想通貨LINKは国内の取引所の上場していますので、もちろん現金化することも可能。

 
また、先ほども触れたように“保有しているだけでメリットに期待できる”点も大きな差でしょう。

 
次に仮想通貨LINKの今後の将来性について解説していきます。

 

仮想通貨LINKの将来性

結論を言えば、リンク(LINK)の仮想通貨としての将来性は国内において優れたものです。

まず、2020年8月に国内に初めて上場したことを受けて、LINKに注目が集まっているのは間違いないでしょう。

今後LINEトークンエコノミーのプロジェクトが進展することに伴って新規のユーザーを獲得、LINKが購入されることも大いに予想されますね。

 
もちろんそれはあくまでも国内に限った話。

世界的にLINEの普及率を見ると、まだまだ上位に食い込んでいないのが一目瞭然です。

 
LINEの世界普及率【引用元:LINEはガラパゴス?世界のSNSデータからみる日本依存のリスク

 
今後LINEトークンエコノミーを世界に広げていこうと考えるならば、まずはLINEの普及が必要不可欠と言えるでしょう。

 
ただ、LINEトークンエコノミーについては、根本的に仮想通貨LINKの価格上昇を目的としたものではありません

サービスとユーザーを結びつけることを目指していますので、海外での普及率はそれほど気にしなくてもいいかもしれませんね。

 
LINKの将来性についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧になってみてください。

▼関連記事:『LINEの仮想通貨LINKの将来性を調査してみた

 

SNSでの評判は中々良い

ここではLINEの仮想通貨LINKについて、SNSでのユーザーの評判を紹介していきたいと思います。

 
一つ目がこちら、

 
二つ目がこちら、

どちらも投資先としてLINKは将来性のある仮想通貨と感じていらっしゃるようです。

 
三つ目がこちら、

具体的な根拠は挙げられていませんが、LINKがゴミだと発信するユーザーもいる模様。

 

購入できるのはLINEのBITMAXのみ

LINEの仮想通貨LINKを購入できるのは、BITFRONTとBITMAXのみです。

ただ、BITFRONTは日本人の利用はできませんので、購入手段はBITMAX一択となります。

 
BITMAX

 
ちなみにBITFRONTは、LINEが海外向けにサービスを展開する取引所で、BITMAXは国内向けにサービスを展開する取引所。

つまり現在はLINE株式会社の傘下でのみ取り扱いがある状態ですね。

 
BITMAXはスマートフォンからのみアクセスが可能ですので、その点は注意しましょう。

 
BITMAXはパソコンからアクセス不可

 

スプレッドに注意が必要

BITMAXは販売所形式となっており、ユーザー同士が取引を行うのではなく、BITMAXを相手に売買を行っていきます。

そして、仮想通貨の買値と売値はBITMAXが提示する金額がベースに売買。

 
販売所の特徴として、売り値と買い値に差があります

 
ビットコインを例に挙げると、買値と売値の差は約30万円。

 
BITMAXのスプレッド

 
スプレッドを忘れて買ってしまうと損する可能性があるので気を付けましょう。

 
BITMAXについての記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

▼関連記事:『BITMAXの特徴とメリット・デメリットをわかりやすく解説

 

まとめ

LINEがトークンエコノミーを実現させる上でカギとなる仮想通貨LINK。

 

  • キャピタルゲインが狙える
  • 報酬として受け取れる
  • 元使い道が多岐に渡る

 
以上の保有メリットもあり、今後プロジェクトが進むと同時に注目度も増すと予想されます。

長い目で見れば、LINKの価格上昇の可能性は大いにあるでしょうね。

 
ただ、投資目的という面で考えると、LINEのLINK以外にも価格上昇が期待できる仮想通貨はありますよ

 
アルトコインの選び方やおススメ通貨を紹介する記事もありますので、興味があれば参考にしてみてください。

 

▼関連記事:『アルトコインの選び方とおススメ通貨5選
アルトコイン投資で資産12倍の噂の真相

 

 アクセスランキング