仮想通貨BATは今後どうなると思う?みんなの口コミ

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/16

評価星4つ4

BATは中高生が小銭稼ぎするためにbraveブラウザで広告見まくって、雀の涙ほどのBATを得ては換金したがるわけですから、通貨として価値が上昇するビジョンはまったく見えません。

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/15

評価星3つ3

BATの価格はBRAVEやBAPの短期手動向にあまり左右されないと思う。大口投資家はもっと長期的に見てると思うよ。

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/14

評価星5つ5

グレイスケールが保有を考えている銘柄にBATは含まれています。つまり、グレイスケールが保有しなくても、これらのコインは長期投資するとかなりの利益が生まれる可能性があるということです。

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/11

評価星4つ4

BATは買いだね。今はまだ踊り場にいる感じ。ここからもう一つ上の節目まで登っていくと思う。
もちろん希望も入ってるけど(笑)

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/10

評価星3つ3

BATにインしました。
まぁこれはそれなりの長期保有で考えて耐えるしかなさそうです。
とりあえず下降傾向にあるので、そこから抜け出してほしいです。

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/09

評価星4つ4

BATは過去最高値更新しましたね($・・)/~~~
大体1か月で倍になってるので中々頑張り屋さん♪

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/09

評価星4つ4

BRAVEはいいブラウザーだよな、BATやBAP関係なく使ってるよ。
BRAVEはワイみたいなピュアなユーザが増えないとBATもBAPも先は無いと思うな。

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/07

評価星5つ5

BAT140円超えてきたぞ!
買ったの70円辺りだから2倍になった!!

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/06

評価星4つ4

ちょっとだけど上がってきましたね
今月中に160円超えてくれるといいですが

匿名BAT (ベーシックアテンショントークン) への投稿

2021/04/05

評価星3つ3

BATはまだ上昇余地ありって感じ
200円くらいなら半年以内にもいきそう

仮想通貨BATの将来性と今後・2021年を調査

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

仮想通貨BAT 今後の動向を予想

ウェブブラウザ「BRAVE」上で利用できる仮想通貨BAT。

2020年末の時点では日本円で20円前後でしたが、3月5日時点では70円まで高騰しています。

3月4日は一時90円まで高騰し、年初から4倍に高騰しました。

BATの日足チャート

今回の高騰要因として考えられるのが次の2点です。

  • 検索エンジン「Tailcat」の買収
  • 独自の検索エンジンBrave Searchの導入
  •  
    BRAVEは3日検索エンジン「Tailcat」を買収し、独自のBrave Searchを立ち上げる旨を発表しました。

    これを好材料と判断した投資家の買いが集まり高騰に繋がったと考えられます。

    BRAVEブラウザは1年間でアクティブユーザーを倍にするなど、大きな飛躍が目立っています。

    2021年もユーザー数の増加は見込めますし、夏を予定する独自の検索エンジンが稼働すればBATの高騰にも期待が持てるでしょう。

    BATの短期急騰に期待している方は、アルトコインの急騰予測を行うサイトを参考にしてみてもいいかもしれません。

    2020年7月13日夕方、国内仮想通貨取引所のコインチェックがBAT(ベーシックアテンショントークン)の新規上場を発表しました。

    国内ではGMOコイン、ビットフライヤーに次ぎ3ヵ所目の上場となります。

    このニュースが出てからベーシックアテンショントークン (BAT) の価格は値を上げましたが、その後下落

    仮想通貨BATのチャート画像

    上場は21日を予定していますので、上場後価格の動きに期待が持てそうですね。

    もし今後、BAT(ベーシックアテンショントークン)が海外の大手取引所への上場というニュースが出た場合は価格上昇は多いに見込めるでしょう。

    提供するブラウザである「ブレイブ」がどれだけ世界中でシェアを集められるのか、仮想通貨BATの将来性はそこに掛かってきます。

    今後も何かあれば追記してお伝えしたいと思います。

    2020年4月9日、先月GMOコインへ上場に次いでビットフライヤーでも仮想通貨BATの取り扱いが開始されました。

    BATがビットフライヤーへ上場

    これで国内取引所二か所で取り扱いが開始されたことになります。

    大手取引所二か所で取り扱いが始まったことにより、他の大手取引所への上場も期待が持てそうですね。

    今回のニュースの価格への影響も見ていきましょう。

    BATがビットフライヤーへ上場

    下記チャートからもわかるよう、上場発表によって価格は上昇していますね。

    価格にすれば、17円→19円へと上昇しています。

    今回も急騰とまではいきませんでしたが、長い目で見てもBATにとって好材料となるのは間違いないでしょう。

    2020年3月18日 ベーシックアテンショントークン(BAT)が国内取引所初としてGMOコインへ上場しました。

    BATがGMOコインへ上場

    今までは海外取引所を利用しないと購入できなかったBATですので、日本人ユーザーからすれば嬉しいニュースですね。

    この価格による価格への影響も見ていきましょう。

    BATがGMOコインへ上場

    発表前の価格は12円前後でしたが、発表後は16円まで値上がりしています。

    残念ながら急騰とまではいきませんでしたが、緩やかに上昇していますね。

    今回のGMOコイン上場を皮切りに、今後国内取引所への上場も予想されますので引き続き注目しておきましょう。

    BAT (ベーシックアテンショントークン) 評価星3つ 3.29 - 普通(105件のコメント件)

    アクセス急上昇の記事はこちら

    仮想通貨BATの将来性と今後を調査

    BATはウェブブラウザ「BRAVE」上で投げ銭などに利用できる仮想通貨。

    BRAVEはテレビCMを行うなど飛躍的にユーザー数を増やし、月間アクティブユーザーは2500万人を越えています。

    BATへの投資を検討する上で、今後価格が上がるかは最も気になるところでしょう。

    将来性があって価格が上がるなら買っておきたいものですが、「むやみに手を出して損失を被りたくない」というお気持ちもありますよね。

    そこで今回はBATの2021年を含めた今後、値上がりの可能性はあるのか調査。

    最後までご覧いただければ

    • BATってどんな仮想通貨?
    • BATに将来性はある?
    • 価格が上がる可能性は?
    • どんな時に価格が動くの?

    以上のことがわかり、BATに投資するべきかどうか判断できるでしょう。

    結論を先に申し上げておくと、BATは将来性があり長期的に値上がりの可能性大

    また、短期的に急騰する可能性もあると言えます。

    購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

    仮想通貨BATとは

    BAT(ベーシックアテンショントークン) とは、BRAVEという次世代インターネットブラウザ上で利用できる仮想通貨です。

    BRAVEは不要な広告をブロックできスピードもあるので、非常に利便性の高いウェブブラウザと言えます。
     
    次世代ブラウザBRAVE

    BATはそんなBRAVE上で利用できる広告を配信するサイト、広告主、ユーザーが取引に利用可能な新しい種類の仮想通貨と言われています。

    ユーザーは広告を見るかどうか自分で決められ、広告を見る報酬としてBATを受け取ることができるのです。

    ただし、日本の場合は法律面がクリアされておらず、BATの代わりにBATポイントが付与されます。

     
    BATは2017年にはICOが行われ、30秒で約35億円の資金調達に成功したという実績もあります。

    ICOとは?クリックして表示

    ICOとはInitial Coin offeringの略で、仮想通貨の新規発行による資金調達方法のことです。

    企業やプロジェクトが公開した方針や目的に賛同した投資家が、新たに発行された仮想通貨を購入。

    プロジェクト側は集めた資金を利用し、開発を進めます。

    投資家は新規発行された通貨の価格上昇を利用して、利益を得ることも可能です。

     
    仮想通貨BATのICOが成功した要因として考えられるのは、BRAVEを開発したのがBrendan Eich氏であることが挙げられますね。

    Brendan Eich氏は、大手ブラウザ「Firefox」の開発元でもあるMozzillaの前CEOとして有名です。
     
    BRAVEのCEO

    ちなみに「Firefox」のシェア率は、全世界で見てもグーグルクロームやsafariに次いで第3位のブラウザ。

    それほどの著名人が開発しているということになれば、BATに注目が集まるのも当然と言えるでしょう。

     

    仮想通貨BATの特徴

    仮想通貨BATの将来性を知る上で、抑えておきたい特徴があります。

     

    高速次世代ブラウザ「BRAVE」

    冒頭でお伝えしたように、BATは「BRAVE」というブラウザ上で利用できる仮想通貨です。

    BRAVEは下記のような従来の広告システムの問題点を解決できるとして期待が集まっています。

     

    □デジタル広告の問題点
    • ユーザー:望まない広告表示でデータを消費してしまう
    • サイト運営者:Googleなどへの広告費が大きい
    • 広告主:ターゲットへのピンポイントな広告が難しい

     
    たとえば、ユーザーであれば興味のない広告が表示されることによって、データ量がかさみ表示速度の低下にもつながってしまいます。
     
    BRAVEの仕組み

    また、サイト運営者の立場としても、Googleなどへ広告を掲載しても大きな費用がかかり、期待するような効果が得られないということも少なくありません。

    その点BRAVEではウェブ広告をブロックする機能が備わっており、ユーザーは設定によって広告を表示させるかどうかを選べるというメリットがあります。

     
    仮想通貨BATはサイト運営者に寄付することもでき、お気に入りのサイトを応援するということも可能です。

    広告がブロックされてしまえば、サイト運営者にとっては死活問題。

    BRAVEではその辺りもしっかりとフォローされた仕組みとなっていますね。

     

    BRAVEブラウザを利用することでBATがもらえる

    ユーザーが広告表示をオンにした場合、閲覧した広告に応じて仮想通貨であるBATを報酬として得ることが可能です。

    全く広告を表示させたくない場合は、広告のブロック機能をオンにし閲覧。

    BATを貯めたい場合は、広告を表示させて報酬を得る…といった使い分けが可能になっています。

    まさにブラウザにおいては革新的と言えるシステムでしょう。

     

    BATを投げ銭に使える

    仮想通貨BATはTwitterと連携し、BRAVEブラウザを通して投げ銭できる機能もあります。

    投げ銭は最近注目を集めており、生配信を行う人を応援する気持ちを込めて投げ銭をするサービスも増えてきました。

    それに近い感覚でBATを投げ銭できるイメージです。

    youtubeなどの大手動画配信サービスなどでBATの投げ銭が普及していけば、仮想通貨に興味がある層以外でもBRAVEユーザーを獲得できるきっかけとなるでしょう。

     

    仮想通貨BATは将来性があり値上がりの可能性も

    飛びぬけてBATに将来性があるわけではありませんが、十分伸びしろがある仮想通貨と言えます。

    今後BATが高騰する可能性も十分あるでしょう。

    そしてBATの価格高騰に繋がる要因が、次の3点です。

     

    □BATの将来性
    • BRAVEのユーザー数増加
    • 新規取引所上場
    • 大企業との提携やプロジェクトに関するニュース

     

    BRAVEのユーザー数増加

    BATはユーザーがBATを利用するほど価格上昇が見込める仕組みになっています。

    つまり、このままBRAVEのユーザー数が増えていけばBATの価格上昇にも期待は持てるでしょう。

    しかしながら、2020年時点でブラウザシェアのトップはGoogle Chromeで60%ほどのシェアを誇っています。
     
    世界のブラウザシェア率

     
    「BRAVE」はというと、otherにカウントされている状況ですね。

    「Google Chrome」や「safari」など、“誰もが知っているブラウザなら安心”というユーザー心理も働いていると想像できます。

    その点に関して新たなブラウザがシェア率を高めるのは難しいと言えそうです。

    可能性はゼロではありませんが、普及には長い時間がかかるでしょう。

     

    新規取引所上場

    BATの価格上昇を狙うのであれば、流動性を高めることも重要。

    つまり、より多くの投資家にトレードをしてもらう必要があります。

    その上でまだ上場していない取引所への上場は好材料となるでしょう。

     

    企業との提携やプロジェクトに関するニュース

    仮想通貨は情報戦とも言われ、ニュースによって急騰するケースが多々見られます。

    BATについても例外ではなく、2020年8月にビットフライヤーとBRAVEがパートナーシップ締結を発表したことで2倍に急騰しました。
     

    今後も企業との提携が行われれば、短期的な急騰に繋がる可能性は高いです。

    ビットフライヤーと共同で開発を行っているBATウォレットがリリースされれば、日本人も広告を見て実際に利益を得られるようになります。

    そのタイミングでもBATの高騰に期待が持てるでしょう。

     

    仮想通貨BATのこれまでの価格推移

    仮想通貨BATのこれまでの価格推移とその要因について触れていきます。

    まず、BATが初めて仮想通貨取引所へと上場したのは2017年の6月。
     
    BATのチャート画像

     
    その後の価格は上昇と下落を繰り返し、2018年1月9日には過去最高値である105円を記録しています。

    要因として考えられるのは、仮想通貨市場全体のバブルが大きな要因と言えるでしょう。

     
    BATに関して何か好材料があったというよりも、ビットコインの価格上昇に釣られたと考えるのが自然ですね。

    下記のチャートのように、BATはビットコイン(BTC)の価格に大きく影響を受けているのが見て取れます。

     
    BATとビットコインの価格関係

     
    その為、BTCの価格に影響を与えるようなニュース、情報に意識を向けておいた方が良いでしょう。

     

    仮想通貨BATを購入できるおすすめ取引所

    2021年3月現在、BATを購入できる国内取引所は次の3つです。

    • コインチェック
    • GMOコイン
    • ビットフライヤー

    国内で購入するならば、販売所形式のみの取り扱いです。

    販売所と取引所の違いは?クリックして表示

    販売所は取引所を相手に売買をする一方、取引所はユーザーを相手に取引を行います。

    販売所は欲しい時にすぐ買えるというメリットがありますが、買値と売値に差(スプレッド)があるので割高感があるのです。

    取引所はユーザーを相手に取引を行うので、場合によっては成立までに時間を要することもありますが、手数料を抑えられるメリットがあります。

     
    お得にBATを購入したいのであれば、世界でも大手の取引所バイナンスを検討してみてもいいかもしれません。

     

    仮想通貨BATの将来性と今後についてまとめ

    次世代ブラウザ「BRAVE」上で利用できる仮想通貨BAT。

    広告を表示させること報酬としてBATを受け取ることが可能です。

     
    将来性や2021年価格上昇の可能性はありますが、「BRAVE」の普及は長期戦となりそうですね。

    もし短期で急騰するようなアルトコインに投資したいのであれば、アルトコインの急騰予測を行うサイトをご覧になってみてもいいかもしれません。
     

    ▼よく見られているページ:
    モナコインの将来性と今後の価格動向を調査
    ステラルーメンの将来性と今後の価格動向を調査

     

     アクセスランキング