BitTorrent(BTT)は次世代の仮想通貨-将来性・今後の価格動向を解説

アクセス急上昇の記事はこちら

NAN - (0件)

世界最大のファイル、ソフトウェアダウンロードプラットフォーム

BitTorrent(BTT) NAN - (0件)

アクセス急上昇の記事はこちら

BitTorrent(BTT)は次世代の仮想通貨-将来性・今後の価格動向を解説

BitTorrent(BTT)はファイル共有やダウンロードができる分散型プラットフォームが発行する仮想通貨です。

BitTorrent(BTT)が目指すのは、大企業に搾取されず個人情報を安全に管理できる未来

そんなBitTorrent(BTT)の特徴や将来性、今後の価格動向に迫ります。

BitTorrent(BTT)とは

BitTorrent(BTT)とはブロックチェーン上でファイル、ソフトウェアの共有・ダウンロードができる世界最大級の分散型プラットフォームが発行する仮想通貨です。

BitTorrent(ビットトレント)は、2000年代初頭にP2Pネットワークを介した共有を簡単にするソフトウェアを立ち上げて、グローバルにサービスを提供しています。

P2P(Peer to Peer)とは、不特定多数の端末が仲介プラットフォームを介さずに直接通信し合うことができるシステムのことを言います。

また、BitTorrent(BTT)は次の仮想通貨トレンドになると言われる「WEB3.0」銘柄としても注目されています。

そんなBitTorrent(BTT)の特徴は主に次の4つです。
 

BitTorrent(BTT)の特徴
  • TRON Foundationが運営
  • ファイルをアップロードすると報酬がもらえる
  • ダウンロード速度を上げるBitTorrent Speed
  • 分散型のファイルストレージサービス

 

TRON Foundationが運営

BitTorrent(BTT)は、基盤のネットワークにTRON(TRX)のブロックチェーンを採用しています。

2019年にTRON(TRX)の創業者であるJastin Sun (ジャスティン・サン)氏が注目、収益化に問題を抱えていたBitTorrentを買収しました。

その後、TRON Foundationは、BitTorrentネットワークの参加者にインセンティブを提供することを約束。

それによって運営するTRON Foundation のTRON(TRX)ブロックチェーンをベースにしたBTTが誕生しました。
 

ファイルをアップロードすると報酬がもらえる

BitTorrent(BTT)では、プラットフォーム上にコンテンツを提供することで報酬を得られる「dlive」というサービスがあります。

ユーザーは「dlive」を通して仮想ギフトや報酬を受け取れる仕組み。
 

「dlive」はコンテンツの作成者と視聴者にとってメリットがあるようなライブストリーミングコミュニティを目指しています。
 

ダウンロード速度を上げるBitTorrent Speed

BitTorrent(BTT)は、高速処理が可能なTRON(TRX)ブロックチェーンを搭載しているため、高速でファイルなどを送ることができます

BitTorrent(BTT)は「BitTorrent Speed」というサービスを提供し、ファイルをダウンロードしている最中に再生できる仕組みや高速でダウンロードすることを可能としています。

また、BTTを支払うことでより速度を上げたダウンロードが可能です。

今後中長期的に値上がりする可能性もあるのかもしれませんが、
 

分散型のファイルストレージサービス

BitTorrent(BTT)は、BTFS(BitTorrent File System)という、分散型のファイルストレージサービスも提供しています。

従来のファイルストレージシステムでは、大手企業による集中化または制御、コストの高騰、などの多くの欠点がありました。

BTFS(BitTorrent File System)は分散的にブロックチェーンのトランザクション処理技術を活用して、従来のファイルストレージシステムが直面している欠点に対処しています。

また、DApp(分散型アプリケーション)の開発者が活用できる初の分散型ストレージシステムです。

BitTorrent(BTT)が BTFS(BitTorrent File System)エコシステムに導入されることで、公平で豊富なファイルシステムにインセンティブを与えます。
 

BitTorrent(BTT)の将来性

BitTorrent(BTT)は将来性があると期待されているアルトコインの1つです。

その理由を2つ紹介していきます。
 

BitTorrent(BTT)の将来性に期待されている理由
  • 最先端のWEB3.0分野
  • TRONのCEOは凄腕

 

最先端のWEB3.0分野

BitTorrent(BTT)は次の仮想通貨トレンドになると噂されているWEB3.0銘柄です。

WEB3.0とはブロックチェーン技術を活用することで中央管理者に縛られず、企業による手数料の搾取や個人情報の流出を防ぐ仕組み

現在はほとんどが中央集権的な「Web2.0」で構築されており、Web2.0は一般的に大企業によって所有・管理されています。

WEB3.0はそんな大企業が支配する世の中を変える可能性があるとして、最近注目されている分野です。

今後WEB3.0が注目されるほど、関連銘柄としてBitTorrent(BTT)にも注目が集まる可能性があります。

仮想通貨はトレンドの移り変わりが激しい分野です。

より早く次のトレンドに投資するほど、稼げる可能性は飛躍的に上がります。
 

▼よく読まれているページ
ビットレンドはトレンド予測で利益を量産と評判

 

TRONのCEOは凄腕

BitTorrent(BTT)が採用しているTRON(TRX)ブロックチェーンの創業者であるJastin Sun (ジャスティン・サン)氏は、敏腕経営者として有名です。
 
tronのCEO

Jastin Sun氏は、北京大学で歴史学を専攻していて、その後2013年には、アメリカのペンシルバニア大学で修士号を修得。

卒業してからはリップル研究所に務めて、2017年には分散型プロトコルのTRON(TRX)を開発しました。

TRON(TRX)はICO(仮想通貨の資金調達)を実施し、約70億円の資金の調達に成功しています。

世界的な経済誌Forbesが発表した「世界を変える30歳未満の30人」にも選出されました。

また、マーケティング力にも定評があり、Jastin Sun氏はSNSを駆使してプロジェクトのマーケティングを行っています。

BitTorrent(BTT)に関しても今後Jastin Sun氏がマーケティングに力を入れる可能性があるでしょう。
 

BitTorrent(BTT)今後の価格動向

BitTorrent(BTT)は、中長期的に価格が高騰する可能性があります

価格高騰の要因になると考えられる出来事を3つ紹介していきます。
 

WEB3.0への関心が高まる

WEB3.0に注目が集まるほど、関連銘柄としてBitTorrent(BTT)の期待度も高まっていくでしょう。

WEB3.0が最近話題になっている背景には、「メタバース」への注目が高まっていることが関係します。

メタバース(Metaverse)とは高次の視点や立場を表す「Meta(メタ)」と世界や宇宙を示す「Universe(ユニバース)の造語で、インターネット上につくられた仮想空間のこと。

2021年10月28日に、世界的大手企業のFacebookが社名を「Meta(メタ)」変更したことで、メタバースへの関心が高まり始めました。

今後メタバースがさらに発展していくためには、WEB3.0の分散化された世界が必要になるとも言われているので、必然的にWEB3.0が話題になるでしょう。
 

TRONの価格高騰

BitTorrent(BTT)がベースとしているTRON(TRX)の価格が上がれば、BitTorrent(BTT)の価格高騰にも繋がります。

TRON(TRX)が企業と提携したり、話題になるようなことになれば、BitTorrent(BTT)の高騰に期待はできるでしょう。
 

BitTorrentの新サービス開始

BitTorrentは現在、BitTorrent Speedやdlive、BTFS(BitTorrent File System)のサービスを提供しています。

大容量のコンテンツを高速で且つ低コストで送ることができるだけでなく、ブロックチェーンを活用しているのでセキュリティ面も充実しています。

今後、新たなサービスが開発・開始されることでBitTorrent(BTT)の価格高騰に繋がる可能性が高いでしょう。
 

BitTorrent(BTT)これまでの価格推移

BitTorrent(BTT)は2021年に2度大きく高騰しました。

今後の売買に生かせるよう高騰の要因を抑えておきましょう。

まず、BitTorrent(BTT)は2021年3月~4月に約10倍に高騰しました。
 
BTTのチャート画像

高騰要因となった出来事は、ビットコインの高騰です。

アルトコインはビットコインの価格変動に影響される性質があるため、BitTorrent(BTT)もつられて高騰したと考えられます。

また、TRON(TRX)が4月に国内取引所のBITPointに上場することが報じられ、TRON(TRX)の価格が高騰したことも影響しているでしょう。

次に、2021 7月~8月の高騰要因について紹介していきます。
 
BTTのチャート画像

7月下旬からビットコインが高騰したため、BitTorrent(BTT)に影響した可能性が考えられます。

加えて9月にはTRONと共同開発した第2レベルのブロックチェーンBitTorrentチェーン(BTTC)の立ち上げを発表したことも後押しとなった可能性が高いです。
 

BTTのお得な買い方

BTTのお得な購入方法について紹介していきます。

BTTは国内の仮想通貨取引所では買えません

海外取引所のバイナンスやKucoin、gate.ioなどで購入することができます。

今回はBTTの取引が最も多いバイナンスでの購入方法について解説していきます。

バイナンスを利用されていない方は、公式サイトより口座開設を行いましょう。
 

国内取引所で仮想通貨購入

バイナンスの口座開設をして準備ができましたら、まず国内の仮想通貨取引所から仮想通貨を購入しましょう。

今回は送金手数料が無料で人気のGMOコインで、BTC(ビットコイン)を購入する方法を紹介していきます。

他の取引所から送金する際、手数料が無料でない場合はXRPやXLMだと手数料を安く抑えて送ることができます

はじめにGMOコインの「取引所現物レート」と記載されている欄から「取引所」をタップし、「BTC」を選択してください。

注文画面でまず「購入」をタップし、「成行注文」もしくは「指値注文」を選び、「金額」を入力します。

全て記載できましたら、「確認画面へ」を押すと注文することができます。

急ぎでない方は指値注文だと成行注文より安く仮想通貨を購入することができます。

BTCの購入ができましたら、次はバイナンスへ送金していきましょう。
 

バイナンスへ送金

BTCの購入を終えたら、次はバイナンスに入金します。

バイナンスにBTCを入金するために、まずGMOコインの画面で「送付」の欄から、「暗号資産」を選択します。

次にビットコイン(BTC)を選び、バイナンスに入金したい金額を入力します。

続いて、バイナンスに入金するためのアドレスを準備していきます。

バイナンスにログインして、「ウォレット」の欄から、「フィアットと現物」をクリックしてください。

仮想通貨の検索ボックスにBTCと入力し、ビットコイン(BTC)と記載されている行の「入金」をクリックしてください。

切り替わった画面で仮想通貨がBTCであるか確認し、記載されている「アドレス」をコピーして、GMOコインの「ビットコインアドレス」の欄に貼り付けましょう。

「名称(ニックネーム)」の箇所には、「binance btc」や「binance test」などと入力し、「登録ボタン」をクリックしてください。

次に「SMSで2段階認証コードを受け取る」をクリックし、登録した電話番号宛に認証コードが送られてきますので、6桁の認証コードを入力しましょう。

「確認画面へ」をクリックすると、送金することができます。
 

 

バイナンスで仮想通貨を交換

バイナンスでBTTを購入できるのは、BNB・USDT・BUSD・USDC・TRXとなっています。

そのためコンバートという機能を使って、入金したBTCをBTTに交換可能な3種類のいずれかに換えます。

今回は価格変動の影響を受けにくいUSDTに交換する方法を説明します。

バイナンスの画面上部にある「トレード」の欄から、「コンバート」を選択します。

「振替元」の欄にBTCを、「振替先」箇所にUSDTを表示させます。

あとは「金額」を入力し、「コンバートプレビュー」を押しますと、USDTに交換することができます。
 

バイナンスでBTT購入

続いて、注文画面で実際にRAYトークンを購入していきます。

画面の「トレード」の箇所から「クラシック」もしくは「アドバンス」をクリックしてください。

右上の「検索」の箇所で、「BTT」と入力してBTT/USDTのペアを探して選択します。

BTTを購入するために注文方法3つあり、「リミット」という注文方法で解説していきます。

リミットは、国内仮想通貨取引所では指値注文のことで、手数料が安く済ますことができるためリミット注文をすると良いでしょう。

また、「マーケット」は成行注文のことで、「ストップリミット」は逆指値のことです。

注文画面の「現物」の欄から、「リミット」を選択します。

リミット注文は、指定する金額によって注文が約定するまでに時間がかかる場合があります。

BTTの購入方法

購入したい価格と購入したいBTTの数量を入力し、「購入」を押しますと注文することができます。

注文が約定しましたら、BTTの購入は終了となります。
 

BTT保有者に向けたエアドロップ

2021年6月にバイナンスで、BitTorrent(BTT)のエアドロップが行われました。

エアドロップとは無料で仮想通貨がもらえるイベントです。

今後もBTT保有者向けにエアドロップが行われる可能性があるので、チェックしておきましょう。

バイナンスでエアドロップが行われた時には、条件を満たしたユーザーに仮想通貨の「APENFT(NFT)」が配られました。

当時、エアドロップが実施された際の条件について紹介します。

バイナンスでエアドロップが実施される期間に、BitTorrent(BTT)を2,000BTT保有しておくことが条件でした。

BitTorrent(BTT)は今後も期待できる

BitTorrent(BTT)は、WEB3.0銘柄として注目されるアルトコイン。

今話題のメタバースとWEB3.0の繋がりは深く、メタバースが進展するためにはWEB3.0が必須ともいわれます。

BitTorrent(BTT)は2022年以降、見逃せない仮想通貨になることでしょう。

BitTorrent(BTT)の口コミ・評判

このページにはまだ口コミがありません。

BitTorrent(BTT)は次世代の仮想通貨-将来性・今後の価格動向を解説

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

 アクセスランキング