ビットマスターの口コミ・評判

匿名ビットマスターへの投稿

2020/09/10

評価星1つ1

本当金返せしか言えないですね
債権者への配当の可能性は未定とかふざけてる

匿名ビットマスターへの投稿

2020/08/19

評価星3つ3

金返せ

kyuuビットマスターへの投稿

2020/07/22

評価星3つ3

メインの講師陣は、特定口座に退避させていた資金について課税義務が発生して講師によってはかなりの借金状態でもあるそうな。

弁護士の指導のもと特定口座を作れば課税されないという作戦をおこなってましたが失敗に終わりました。

今回の破産は講師も欺き、社長が一人でBTC持ち逃げしているとの情報も耳にしておる。講師陣の資産も含めて、、、?

てことで再起を図ろうと講師たちが次のビジネスとして立ち上げたのがなんとかクラウン??→サイト見てみたが、暗号通貨とかもはや関係なくなっていた。それ以上はセミナー行かないと分からない、憶測で言ってもしょうがないしね。時間作ってセミナーのぞいてみようと思う。

匿名ビットマスターへの投稿

2020/07/22

評価星1つ1

親兄弟、友人を巻き込んで大損させる手口が笑ってしまうね。
ただのネズミ溝だし。
後進のアディマクラウンって所も福利厚生を全面に押し出したネズミ溝なんだろ?
今回のは債権者集会対策で騙された人が訴えないように登録させるやり方だから詐欺師のやる事は低レベルだ。

匿名ビットマスターへの投稿

2020/06/06

評価星1つ1

友人もココの詐欺師をやってました。旧友から家族、客先まで巻き込んで最後は損させ自身は会社を追われ。自業自得ですが、胡散臭い嘘つき講師の言いなりで疑問点をアドバイスしても聞く耳を持ちませんでした。火事でデジタル通貨が燃えてなくなったってのが笑いましたが、詐欺師はどんな手を使ってでも責任逃れするんだなぁと改めて自身も気をつける経験になりましたよ。コロナで債権者集会が延びた現在も後進の企業が詐欺を働くと言う事態ですので今後の被害を出さない意味でも被害者は刑事告発して欲しいですね。

匿名ビットマスターへの投稿

2020/03/27

評価星1つ1

ビットマスターはおかしいだろって思いました。あまりにも無責任すぎる。私たちの資金はどこに行ってしまったんですか?火事と一緒に燃えたんですか?ふざけるなと言いたいですね。

匿名ビットマスターへの投稿

2020/03/19

評価星3つ3

騙されてますね。
常識的に考えて儲かる話を人に教えますか?
人に教えるということは教えた人が登録すると紹介料が発生するからですね。
登録する前にちゃんと調べましたか?
ビットマスターで痛い目見たなら、簡単に人のウマイ話に載るのは調べてから判断するべきだと学ばなかったんですか?

匿名ビットマスターへの投稿

2020/03/19

評価星3つ3

ビットマスターからの返金はあきらめて、新たにFsharesClubに投資しました。ビットマスター元会員救済キャンペーンをやっていたからです。分散型取引所を初めて作った凄い技術を持つ会社だと聞かされましたが、後から分散型取引所は前からたくさんあり、特別凄い技術ではないと聞かされました。私はまた騙されてるのでしょうか?

匿名ビットマスターへの投稿

2020/03/18

評価星2つ2

ビットマスターの元講師が切り替え勧誘してるADIMA CROWNは、BMとおなじマルチ商法で商品が実在しないところもそっくり同じだ。ADIMA CROWNはビットマスターと同じく地方でセミナー販売されていて情弱層を狙い撃ちしてるのが分かる。

匿名ビットマスターへの投稿

2020/03/17

評価星2つ2

さすがにこれはまずいね。自己破産なんてされてしまうなんて投資した時は思っていなかった。完璧に騙されてしまったな。お金を返して欲しい。まぁそんなのは叶わぬ願いでしょうけど。

破産したビットマスター「債権者への返金は未定」

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

ビットマスターの最新情報

2019年11月に破産申し立てを行ったビットマスターの第一回債権者集会が開催されました。

※本来5月の開催を予定されていましたが、コロナウイルスの流行による延期で9月9日に変更。

結論から言うと、現時点で債権者への返金の可能性は未定とのことです。

ビットマスター債権者集会資料
【引用元:第一回財産状況報告集会資料

負債額は109億円といわれていますが、現時点での預金額はわずか1億7千万円ほどしかない模様。

今後もビットマスターの資産回収業務は進むということですが、今の段階では返金は難しいと言わざるを得ないですね。

 
会員の方にとっては納得できない状況かと思いますが、失った資産を回収するという意味でも他の方法を検討されてみてもいいかもしれません。

例えば、最近では海外アルトコインへの投資に注目が集まっています。

中には売買タイミングをサポートしてくれるサービスもありますので、興味があればご覧になってみてください。

2019年11月22日、東京地方裁判所へ破産申し立てを行ったビットマスター。

第1回目の財産状況報告集会(債権者集会)は2020年5月20日を予定していましたが、9月9日に延期が決定しました。

ビットマスターの債権者集会は延期が決定

その要因は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言にあるようです。

世界的流行を踏まえれば仕方がないことですが、債権者の方にとってはもどかしい時間が続くことになってしまいますね。

そもそもビットマスター破産に至った原因は下記の通り、

ビットコイン相場が上昇したことにより、会員の皆様よりお預かりしていたものと同数のビットコインの調達が困難になった

もしかすると、会員から預かった資金を他のことに使ったということも考えられます。

そうなってしまうと返金は厳しくなるかもしれません。

4か月以上期間がありますが、一体どんな説明がされるのでしょうか。

被害者に少しでも満足のいく補償がされることを願うばかりです。

2019年11月22日 ビットマスターの公式サイトにて、東京地方裁判所へ破産申し立てを行ったというニュースが更新されました。

ビットマスターが破産申し立て

解約申請に対してサーバートラブルを理由に一時停止をしていたビットマスターですが、遂に限界を迎えたのでしょう。

被害者は二万人を超え、負債額は109億円にも及ぶということです。

破産に伴い元社員が新たな会社を立ち上げた模様
アディマクラウンはビットマスターと同じ末路を辿るのか?最新情報紹介

2019年11月6日 解約申請に関してサーバートラブルを理由に一時停止をするという情報をSNS上に確認できました。

ビットマスターのサーバートラブル

ビットマスターについては、10月に解約とBTC回収に成功したユーザーがいるという情報をお伝えしましたね。

その情報を受けて解約が殺到したのか、今回引き伸ばしともとれる一時停止となりました。

理由としては、一部会員のビットコイン数量の表示に相違があったということ。

そして現在手作業で、一人一人のクローズウォレットの表示が正しいか計算をしているとのことです。

苦し紛れの策と思われても仕方ない状況でしょう。

何か動きがあれば、お伝えしたいと思います。

2019年10月16日 ある方がビットマスターの解約とBTC回収に成功したという情報がSNS上に出回りました。

ビットマスターの会員数が二番目に多い高知県の方が実際に解約・BTC返却まで成功し、その資料をシェアしてくれるということです。

ビットマスターを解約成功

ただ、一方で解約を申請すると本人確認書類の郵送を求められたという情報もありました。

ビットマスターの解約申請

現状としてスムーズな解約は難しいものとなっているようですね。

何か新たな情報がわかり次第お伝えしたいと思います。

2019年9月28日 本社が火事に遭ったと話題になったビットマスターですが、その件に関するネットニュースが削除されているという情報をSNS上に確認できました。

ビットマスターの火事のニュースが削除されている

このユーザーは、何か不都合があるのかと不信感を募らせているようですね。

さらには携帯電話を上手く使いこなせていないお年寄りのメンバーに、火事のことを伏せているグループもあるという情報も確認できました。

ビットマスター火事を伏せているグループがある

たしかに火事に遭ったのは事実であるはずなのに、拡散されてしまうと困るのは不思議なところでもあります。

何か意図的に隠したい部分があるとも考えられますよね。

何か動きがあれば、追記してお伝えしましょう。

2019年9月10日 ビットマスターの本社が火事にあったという情報が出回りました。

SNSのユーザーがビットマスターへ電話をかけた際、火事により業務を停止していますという旨のアナウンスが流れたということです。

ビットマスターの本社が火事被害

加えてメールについても反応がない状況ということ。

これに対してSNSからは不安の声が相次ぎました。

それと同時に今回の火災の件は、運営の思惑通りの展開なのではないか?飛ぶ前振りなのではないか?という声も聞かれます。

ビットマスターの運営は飛んでしまったのか?

この火災についてのネットニュースが削除されているということもあるようですし、何か裏で運営が働きかけている可能性も否定できませんね。

新たな情報が入り次第お伝えしたいと思います。

ビットマスター評価星1.5つ 1.78 - 悪い(65件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

ビットマスターの総合情報

ビットマスター(BitMaster)の概要

仮想通貨を安全に便利に利用できる環境整備が必要な今、日本人の世界に誇る技術力と金融とテクノロジーを融合させた仮想通貨時代の先駆者として誕生したのが、ビットマスターです。

 

ビットマスター(BitMaster)のサービス内容

・代理店募集事業

・仮想通貨ATMの販売

・BMEXという仮想通貨取引所の運営

・専用の決済アプリの開発

・BTCマスターカードの開発

 

ホームページ上からは具体的な内容は把握できませんでしたが、ネット上の情報によればMLM(マルチレベルマーケティング)と言われるネットワークビジネスを展開しているようです。

 
MLMの仕組み

 
投資という位置付けではなく、あくまでも利用者はビットマスターのビジネスパートナーとしての意味合いが強くあります。

 

・ファーストボーナス・各パートナー登録1件に付…10,000円※紹介登録された方がBP・SP・SSに関係なく、紹介料として支払われます。

・アドバイザーボーナス・各パートナー登録一件に付…3,000円※内容などを正しく説明し、登録申請書類を正しく記入させたアドバイザーへ支払われます。

 

ビットマスターの運営会社

社名:株式会社ビットマスター

代表取締役:西 貴義

ビットマスターの取り扱い通貨

『間違いなく「デジタル通貨ビットコイン」で世界は変わります。』という代表メッセージにもあるように、現在はビットコイン(BTC)のみの取り扱いとなっているようです。

 

ビットマスターのランク

ビットマスターでは三つのランクが設定されており、そのランクによってボーナスの比率が変わる仕組みとなっています。

 

【 ビジネスパートナー(BP) 】
【スペシャルパートナー(SP)】
【スペシャルシルバー(SS)】

また、全てのランクに共通して

・デジタル通貨マイウォレット制作、商品セット
・デジタル通貨市場開拓及びインフラ整備事業の業務権利
・ジャパン(JAPAN)サービス(施設利用の割引や祝い金、助成金などの付与、生活サポート)

 
以上が登録時に付与される仕組みとなっているようです。

 アクセスランキング