ICBウォレット(ICBWallet)の口コミ・評判

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2020/03/18

評価星1つ1

ICBウォレットはウォレットとして以前の問題だったな。管理やセキュリティがままならないウォレットなんてありえないと思う。関わる価値がこれっぽっちも無かった。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2020/01/15

評価星2つ2

ICBウォレットのやろうとしていることはどうせ叶いませんから投資しない方が良いと思います。ハッキングされかけてしまったウォレットなんて誰が好んで使うんですか?笑わせないで欲しいな。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2020/01/09

評価星1つ1

ICBウォレットは恐ろしいなって思いました。ハッキングされてもお構いなしで運営を続けているのは気がくるっているなって思いますよ。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2020/01/06

評価星2つ2

個人情報とか漏洩しているんじゃないですか?ハッキングされてしまったってことはそういう被害があったってことじゃないですか?今恐ろしいです。まあもう手遅れなのかもしれないですけど。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2020/01/06

評価星1つ1

まさかICBウォレットがハッキングされてしまうなんてことはあるとは思っていなかったです。これから復帰していくことは不可能だと思った方が良いんじゃないかなって思いますよ。これはさすがに無理だと思っていますよ。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2019/10/27

評価星2つ2

ICBウォレットは完全にオワコン案件だと思いますけどね。期待しない方が良いんじゃないかな。セキュリティに不備のあるウォレットなんて誰も使いたがらないですからね。私は嫌ですね。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2019/09/18

評価星3つ3

ICBウォレットはいつハッキングされるか分かりませんよ?私たちの個人情報だっていつ危険にされされるかわからないですからね。やめておいた方が良いんじゃないかなって思います。リスクがありすぎますからね。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2019/08/10

評価星2つ2

プラストーク以外にもウォレットが出金できなくなるトラブルが頻発しているので、このチャンスに便乗して飛んじゃうSCAMが多そう。ICBウォレットだけがまったくトラブルと無縁。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2019/07/05

評価星1つ1

バイナンスにICBコインがが上場するとか言ってた奴いるけど、バイナンスが事前に上場を公開しないのは業界の常識だろ嘘バレバレ。リークしたら契約解除されるからたとえ本当でもアウト。もう上場の可能性ゼロ。ICBウォレット煽ってる奴らはレベル低すぎだね。

匿名ICBウォレット(ICBWallet)への投稿

2019/02/07

評価星2つ2

出金速いってみんな言ってるけど遅くないか?
本当に出金できるのか不安になってきた。
界隈でも色々言われてるしこれでやめよう。

ICBウォレットの口コミ・評判を紹介

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

ICBウォレット(ICBWallet)の最新情報

ICBウォレットは2019年の9月にハッキング被害に遭ったとして配当が停止、さらに出金もできない状況となっていました。

公式サイトではハッキング被害を否定しているようですが、その後も企業の内部情報が流出するなど問題が発生。

2020年3月現在も出金はできない状況が続いています。

そして、この度改めて公式からアナウンスがあり、2020年9月15日まで事業再開を延期するということです。

ICBウォレットの事業再開延期

新型コロナウイルスの世界的流行が一番の要因となっているようですね。

ICBウォレットとしては、良い言い訳ができたといったところでしょう。

しかしながら、冷静に考えてみてください。

ICBウォレットは2019年9月から出金ができない状況です。

丸一年も出金できないわけですし、今後出金が可能になる可能性は極めて低いでしょう。

度々復活が囁かれているプラストークンも、実際は復活することなく時間が過ぎています。

非常に残念ではありますが、気持ちを切り替えて一歩踏み出すことも重要な時期でしょう。

ICBウォレットに投資していた資産を取り返すには、プロを利用したアルトコインへの投資がおススメです。

中には23日で約8倍になったアルトコインもあるようですからね。

もし興味があれば目を通してみてください。

2019年11月8日 ICBXの配当が一日分入っていたという報告がSNS上に確認できました。
ICBウォレットのICBXの配当が出ていた
依然として出金できない状況が続くICBウォレットですが、ユーザーの間ではすでに飛んでしまったのではないか?諦めにも似た声が多数聞かれます。

しかしながら、アプリ内のログイン画面がリニューアルされるなど、運営の動きを感じられます。

この動きが続くようならば、ここからの復活の可能性もあると思います。

2019年10月30日 ログイン画面がリニューアルされたという情報がSNS上で報告されました。
ICBウォレットのログイン画面がリニューアル
元金が出金できない状況が続くICBウォレットですが、ネットではすでに飛んでしまったという声も多々聞かれます。

そんな中でのログイン画面リニューアルの知らせに、復活を期待する声も見受けられました。

デザインが変わっただけではありますが、ここから何か動きはあるのか?動向に注目が集まります。

何か新たな情報が入り次第お伝えしましょう。

2019年10月1日ICBウォレットに預けていた仮想通貨が、別の仮想通貨「テザー(USDT)」に変わっているという情報がSNSで確認されました。
ICBウォレット内の通貨がテザーに変換
しかし、そのテザー(USDT)においても、配当が出ていないという情報がSNS上で見受けられるのです。
ICBウォレットのテザーの配当が得られない
範囲や規模については現時点では不明ですが、ICBウォレットの利用者からは困惑の声が相次ぎ、不安な状況が続いています。

預けていた資産が勝手に別の通貨へ変換され配当が出ていないともなれば、やはり不満の声は無理もないでしょう。

再開の見込みはあるということなので、何か続報が入り次第お伝えしたいと思います。

9月19日ICBウォレットがハッキング被害に遭ったという情報がSNS上に出回りました。

 

ただ、その一方で実際はハッキング被害には逢っていないという声もあり、情報が錯綜する状況となっています。

ICBウォレットがハッキング被害にあったらしい

公式とも見られるアカウントからは、『攻撃は受けているがハッキング被害はない』『メンテナンスによって入出金を停止している』という発言がありました。

ハッキング被害の真偽については、まだ不明のままとなっています。セキュリティに定評のあったICBウォレットなだけに、出金停止が続いている以上ユーザーにとっては不安の多い状況でしょう。

9月13日、SNS上にて、ICBウォレットの運営会社とリップルなどの提携が発表されたという発言がありました。

しかしながら、リップル側からの発表などは一切なく、提携の確信は持てない状況となっています。

ICBウォレットがリップルと提携したというニュース

市場を惑わせるためのフェイクニュースである可能性もありますので、慎重に情報を見極める必要があるでしょう。

 

本当に提携ということになれば、ICBウォレットにとって大きな転機となるのは間違いありません。何か続報があれば、お伝えしたいと思います。

8月29日ICBウォレットの月利が、2020年4月か5月を目途に月利5%へ。さらに2019年の11月以降の新規ユーザーも配当の月利が8%になるという情報が出回りました。

ICBウォレットのニュース

ただ、公式ではそのような記載を見つけられず、今の段階で容易に信じてしまうのは避けた方が無難かもしれません。

高すぎる月利もユーザーからすると不安なところですが、仮に月利変更が真実だったとすると、ユーザー離れも懸念できるところです。

 

ICBウォレットが今後どのような動きをするのか注目が集まります。

ICBウォレット(ICBWallet)評価星2つ 2.18 - やや悪い(22件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

ICBウォレット(ICBWallet)の総合情報

■ICBウォレット(ICBWallet)の概要

「ICBウォレット」に預けている仮想通貨を運営会社がアービトラージで運用して資産を増やすというサービスを提供しています。

 
預け入れた資金量に応じて最大0.4%の配当を毎日受け取ることができ、アービトラージのため低リスクでの運用が可能に。

 

□アービトラージとは?
アービトラージは裁定取引と呼ばれる投資手法です。

同一価値を持つ商品の一時的な価格差を利用して利益を得ます

複数の取引所間で取引を行い、価格の安い取引所で買い高い取引所で売り利益を生むのが一般的。

A取引所でのBTC価格が100万円で、B取引所では105万円だとすると、Aで買ってBで売れば5万円の利益が出るということですね。

アービトラージの仕組み

利益は少ないのですが、損失を出すリスクが低いのがメリットとされます。

 
「ICBウォレット」はweb上の仮想通貨ウォレットになるため、ダウンロードやインストールの必要は不要となります。

 

■ICBウォレットのサービス内容

・ICBウォレットの最低入金額と運用額

ICBウォレットに入金を行うためには、約1000ドル相当の仮想通貨が必要となります。

 
また、運用については預け入れた仮想通貨が使用されるため、預け入れた通貨の4%を配当として受け取ることができます。

 
配当については

  • 70%が預け入れた通貨での配当
  • 30%がICBウォレットの独自通貨である「ICBコイン」で配布
  • 株主配当
  •  
    270日間ICBウォレットに仮想通貨を預け入れることで、入金額の倍額相当の配当を受け取れる制度。

    ※利益を出金させないための手口だと一部では言われていました。

     

    ■ICBウォレットの対応通貨を紹介

    「ICBウォレット」では、下記11通貨の運用に対応しています。

    • ビットコイン(BTC)
    • ビットコインSV(BSV)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • イーサリアム(ETH)
    • イーサリアムクラシック(ETC)
    • リップル(XRP)
    • テザー(USDT)
    • ライトコイン(LTC)
    • イオス(EOS)
    • ネオ(NEO)
    • エイダコイン(ADA)
    •  
      エイダコイン等のアルトコインでの運用も出来るという点が、人気を博している理由の一つのようですね。

       

      ICBウォレットの出金方法、手数料について

      入金後からいつでも出金可能になりますが、預け入れている期間により手数料に差が出てしまいます。

       
      ・運用開始から90日以内 5%の手数料が必要

      ・配当は50ドルから出金が可能

       

      ■ICBウォレットの運営会社

      ・会社名:「InterCoinCapital」

      ICBウォレットの運営会社インターコインキャピタル

       
      シリコンバレーに本社を置く企業。従業員は100名以上を抱え、世界30か所以上にオフィスを構えています。

       
      ※運営会社については不明な点が多いため、注意が必要

 アクセスランキング