クロノコインの口コミ・評判

相対・魔人ブークロノコインへの投稿

2020/02/11

評価星4つ4

コミュニティ運営が、やや弱く ICO投資家や、コインホルダーから辛辣な意見はあるが、システム運用のビジネスサイドがビックリするほど進んでいる。
システム開発と、ビジネスサイドが実用化されていて、キャッシュを稼いでいるICOプロジェクトがどれだけあるだろうか?

市場ではICO価格が割れており、不平不満の書き込みも多いが、間違いなく過小評価されているプロジェクトだと思う。

匿名クロノコインへの投稿

2020/02/01

評価星1つ1

投資家の為に何とか価格上げようという気持ちが全くない。
自分たちの利益しか考えてないんじゃないか?
まったく腹立たしいね。

匿名クロノコインへの投稿

2020/01/14

評価星3つ3

クロノコインの万博での利用とかポイントサービスの流通とか事業がどんどん進んでいるのは期待できますね。
注目が集まるほど悪い意見も増えてくるけど信じてますw

クロノコインの口コミと評判を紹介

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

クロノコインの最新情報

時間をポイントに変える』という斬新的なコンセプトを持ったクロノコイン。

2019年3月にコインベネへと上場を果たしましたが、約10か月が経ち現在の価格やプロジェクトの進捗状況はどうなっているのでしょうか。

クロノコインの現状について調査を進めていきます。

まず、現在の価格についてです。➡チャート画像を表示

2019年の9月に一時大きく値を上げましたが、その後は大暴落し現在は停滞が続いている状況。

価格としては2020年1月14日現在、約0.9円と1円を切っています。

しかしながら、SNS上では今もクロノコインに関して多くの発信がされている模様。

それもそのはず、クロノコインでは着々とプロジェクトが進められています。

2025年の大阪万博のシンポジウムへの登壇、チェチェン共和国副大統領との打ち合わせなども行っているようですね。

店舗への「クロノシステム」導入が進むなど、実用化に関しても進んでいるようです。

現在は停滞していますが、価格上昇のための材料はありますので、長い目でみればここからの値上がりにも可能性はあると私は感じています。

クロノコイン評価星2.5つ 2.67 - やや悪い(3件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

クロノコインの総合情報

クロノコイン(ChronoCoin)の概要

2019年3月にタイムコイン(Time coin)から改名したのが、クロノコイン(ChronoCoin)です。

 

改名と同時に仮想通貨取引所であるCoinBene(コインベネ)によってIEOが実施され上場されました。

 

□IEOとは
Initial Exchange Offeringの略で、仮想通貨取引所がプロジェクトを審査し、代行する資金調達方法です。

 

これによって、実態のない案件などは排除され投資家にとっては信用のある投資を行えるというメリットがありますね。

 

クロノコインがIEOした当時は、一日で一億枚が売れ価格が61倍にも上昇したというほどに、注目が集まっているコインですし、今後の動向も気になるところ。

 

また、もともとタイムコインは、『時間をポイントに変える』というコンセプトを持って生まれたもののようですね。

 

何か施設を利用する際の待ち時間に応じてポイントを付与するなど、時間をポイントに変えるということが、人々の心を掴んだのでしょう。

クロノコイン(ChronoCoin)のサービス内容

・時間を売り、ポイントを得る

 

クロノコインの利用者は、時間を売って得たクロノポイントを、様々な用途で使用することができます。

 

たとえば、提携店舗の割引サービスを受けたり、商品と交換することが可能になるのです。

クロノコインのサービス内容

ネットの情報によれば、現時点では楽天ポイントやTポイント、マイルへの交換が可能になっており、還元率は1ポイント1円ということです。

 

駐車場の空きを待ってる時間や、飲食店の待ち時間など暇な時間を売ってポイントを得られるということであれば、お得感も強いですよね。

 

利用者だけではなく、店舗にとっても新規顧客を獲得できるチャンスに恵まれますし、メリットは多々あるでしょう。

・再分配制度の導入

クロノポイントは「最終利用から一年が経過すると失効」というルールがあるようです。

 

そして、失効されたクロノポイントをポイントを保有する割合に応じて再分配するという仕組みを業界で初めて採用しているということ。

 

これによって事業の拡大が報酬にも直結していきますし、投資家にとっても大きなメリットといえるでしょう。

クロノコイン(ChronoCoin)の運営会社

運営会社:タイムイノベーション株式会社(Time Innovation Pte. Ltd.)CEO:佐和田 悠葵

クロノコインのCEO

その他詳しいプロフィールや経歴は現在不明となっています。何か新たな情報がわかり次第お伝えしましょう。

 アクセスランキング