BlockFi(ブロックファイ)の口コミと評判を紹介

アクセス急上昇の記事はこちら

評価星2.5つ 2.87 - やや悪い(16件のコメント件)

リクルートも出資する仮想通貨レンディングサービス

BlockFiの口コミ・評判

匿名BlockFiへの投稿

2020/04/01

評価星2つ2

年利6%がハイプじゃないと思わない方がいい、このようなレンディングサービスには絶対何か落とし穴がある。どうせいつの間にかハッキングにあったり、どこかみたいに火事なったりして出勤停止になって泣き目を見る羽目になると思いますけどね。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/30

評価星3つ3

ブロックファイもこのビットコイン暴落で相当ストレス溜まってるだろうな。「ドル建ての貸付へのマージンコールを行い、一部の顧客は清算したとブログに投稿した」とさ。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/29

評価星3つ3

レンディングサービスってどうなんですかね。面白いなって思っているんですけどブロックファイは調べてもあんまり情報が出て来ないので迷っています。サンプル数が少ない口コミだけでは判断できないですからね。もっと利用者の情報が欲しいです。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/26

ブロックファイってかなり市民権得てないんだな。全然使っている人いないですしツイッター見ていてもサクラみたいな投稿ばかりでこれ使う意味あるかなって思ってしまいました。あんまり動きがあるものではないのかな?

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/24

評価星2つ2

利用者劇的に少なく無いですか?これどうなんでしょうかね。利率もコロコロ変えるからあまり信用できないとも思っちゃう

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/24

評価星3つ3

ツイッターで見ているとあんまりいい声は聞かないです。駆け出しのブロックファイがこんなに叩かれているのはどうなんですかね。ちょっと残念だなって思ってしまいましたよ。今後の期待値はあるかどうか分かりません。消極的な意見が多いです。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/21

評価星2つ2

ブロックファイって結局サクラ使って情報操作しているだけで中身空っぽでしょ?使っていて思ったよ。勧誘が上手いだけで魅力のあるサービスでは無いと思います。レンディングはそういうのが多いから困っちゃいますね。胡散臭いのでやめておいた方が良いと思います。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/16

評価星3つ3

ビットコインが1ヶ月で半値になっちゃったのはブロックファイの責任じゃないけど、流石に先月JPYに替えておきたかったと思わざるを得ない。もうここまで下げたら値上がりを待つしかない。半値となると以下に高金利とはいっても利子だけじゃどうにもならない。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/15

評価星3つ3

ビットコインが対法定通貨でいくら値下がりしても、枚数が減るわけではないので何も心配いらない。レンディングの良いところはほったらかしに出来る事、余計な気を回さずブロックファイに任せておけばOKさ。

匿名BlockFiへの投稿

2020/03/13

評価星3つ3

ついに80万円割れかよ、ビットコイン。ブロックファイにお任せとはいえ、チャートが気になって仕事も手につかず、夜も眠れない。こうなったら気絶ガチホしかない、誰か俺を殴ってくれ!

BlockFi(ブロックファイ)の口コミと評判を紹介

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

BlockFiの最新情報

銀行口座にお金を預け入れ金利を得る感覚で、仮想通貨を増やせるレンディングサービスを展開するブロックファイ。

そのブロックファイについて、SNS上での評判をまとめて紹介していきたいと思います。

まず一つ目はこちら、

リクルートも出資しているという情報がありますし、ユーザーにとってはある程度安心して資金を預けられる部分があるのでしょう。

二つ目がこちら

こちらの発言には多くの反応がありますし、SNS上での注目度の高さが窺えますね。

何か動きがあれば、追記してお伝えしたいと思います。

BlockFi評価星2.5つ 2.87 - やや悪い(16件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

BlockFiの総合情報

USD BlockFi(ブロックファイ)とは

SNSで注目が集まりつつあるBlockFi(ブロックファイ)とは、仮想通貨専門のレンディングサービスとなっています。

 

レンディングとは日本語で言うところの“貸し出し”を意味するもの。

 

お金を貸したい人と借りたい人をマッチングさせるサービスで、ソーシャルレンディングともいわれます。

 

銀行に預金して金利を受け取る感覚に近いかもしれません。

 

BlockFi(ブロックファイ)のサービス内容

BlockFi(ブロックファイ)に注目が集まっている一番の要因としては、金利の高さにあるでしょう。

 

下記がブロックファイの年間金利一覧です。

ブロックファイの金利

2020年2月1日から金利が変更予定

 

BTC(ビットコイン) ⇒5.1%
ETH(イーサリアム) ⇒3.6%
LTC(ライトコイン) ⇒3.8%
USDC(USD Coin) ⇒8.6%
GUSD(ジェミニドル) ⇒8.6%

 

BTCとETHのみ2月1日に金利の変更が予定されており、2月1日以前の金利はBTCが6.2%、ETHが4.1%となっています。

 

また、大口預金の金利についても変更があり、5BTC以上は2.2%⇒3.2% 500ETH以上は0.5%⇒2%へと変わるようですね。

 

大手銀行の金利が0.01%という日本の状況を考えると、BlockFi(ブロックファイ)に注目が集まることにも納得はいきます。

 

預けるだけでお金を増やせるのであれば、より増やせる方に預けようとするのは当然の心理と言えるでしょう。

BlockFi(ブロックファイ)の将来性

ブロックファイはコンプライアンスへの取り組みを強化し、金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)からマネーサービスビジネス登録の許可を得ているようです。

 

送金ライセンス取得に向けた動きも、具体的な部分で進んでいる状況。

 

また、2020年下半期には、仮想通貨報酬クレジットカードのローンチを計画しています。

 

大手企業リクルートもブロックファイに出資しているようですので、その点も安心できる部分でしょう。

 

それに仮想通貨業界においては、ICOやHYIPなどで多くの損を出してしまったユーザーも数多くいると推測されます。

 

そのようなユーザー層にとっては、リスクを抑えつつお金を増やせるという商品には魅力を感じることでしょう。

 

加えて、2019年の12月には預金残高を使ってトレードできる仕組みも開始されたようです。

 

このトレードには手数料はかからないとのこと。

 

仮想通貨レンディングサービスに注目が集まりつつある状況を踏まえても、ブロックファイの将来性はあると感じています。

BlockFi(ブロックファイ)に投資するべきか

ブロックファイの将来性はあると述べましたが、果たして投資商品としてはどうなのでしょうか。

 

結論から申し上げると、今の時点ではブロックファイは投資商品としても魅力的であると思います。

 

仮想通貨の長期保有を考えているのであれば、ブロックファイに預け入れインカムゲインを狙うということも選択の一つではあるでしょう。

 

ただ、ブロックファイでは定期的に金利の変更が行われているという点は、注意が必要かもしれません。

 

現時点では高水準の金利となっていますが、金利の変更によって他のレンディングサービスの方が金利が高くなる可能性もゼロではありませんからね。

BlockFi(ブロックファイ)の運営会社

運営会社 :BlockFi
住所 :201 Montgomery Street Second Floor, Suite 263 Jersey City, New Jersey 07302
CEO :Zac Prince

ブロックファイのCEO

テキサス州立大学で国際ビジネスの学士号、スペイン語の副学士号を取得。

 

BlockFiを創設するする前は、オンラインレンディングセクターのRIAであるビジネス開発チームと、オンライン消費者レンダーであるZibbyのビジネス開発チームを率いていたようです。

 アクセスランキング