ブロックエコの口コミ・評判

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/18

評価星2つ2

詐欺と知っていながら詐欺師から上前を撥ねる勢いで勝ち逃げを狙っても勝てなかったのがBlockeco。勝ったとか逃げ切ったとか言ってる奴はふかしてる。Blockecoの出金停止にはマルチのリーダーも驚いてたから資金を入れてた奴は大体食われてる。紹介料中心で投資はせずまめに出金してた奴が何とか助かった程度。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/09

評価星1つ1

BlockECOはカジノとの提携が嘘だってかなり初期の段階でバラされてたから、そんな案件に投資して「BlockECOで大損しました、返金して欲しいです。」とか言われても自己責任としか言いようがない。紹介者も悪いけど、人のせいには出来ないでしょ。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/06

評価星2つ2

二度とウォレット案件はやらない。ウォレットやるよりMINDOLを探す方が楽。下手な考えや住むに似たり、適当な通貨を気絶ガチホしていた方が儲かる。BLECなんて配布さえ受けてねーよ。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/05

評価星3つ3

投資は自己責任なんだからHyipに飛ばれる恨み後尾を紹介者にまでいう奴が信じられない。謝る必要ないのに形だけ誤っておこうとするインフルエンサーもどうかと思う。両方ともHYIPやる資格なし。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/05

評価星1つ1

ブロックエコ難民氏のTwitterの書き込みが大晦日で途絶えたのが気がかり。元日に前澤社長のお年玉企画にリツイートしてたのが困窮ぶりを表している。さすがにBlockecoに2000万突っ込んだうえに出金詐欺師に200万も払っちゃったら無事では済まないか…

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/04

評価星3つ3

Blockecoは提携してた大手企業から見捨てられたのか?出金出来なくなって飛ぶとか提携してた企業がみっともないからやめろと言わなかった?まあ、大手企業と提携したとドヤってたウオレットは全部飛んだけどな。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/03

評価星1つ1

Blockecoのウォレット残高がゼロになってムカつく。たしかに1サトシの価値も無いトークンだが、盗んだ仮装通貨の補償という事で渡されたんだから、どさくさに紛れて全高ゼロに戻すんじゃねーよ。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/03

評価星2つ2

Blockecoの日本の代表的リーダー(笑)ビット先生は、さんざんBlockecoを煽ってたくせに飛んだら都合の悪い書き込みを消して夜逃げ同然に身を隠した卑怯者。後ろ暗いところがないなら出て来いよ。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/03/02

評価星1つ1

Blockecoは元本が消え、配当も入らなくなった。ウォレットの残高はゼロになって久しい。あの元本は全てカードローンで賄っていた。配当でローンを返済するつもりだったので仕方がない。Blockecoが飛んだように、俺も飛ぶ。

匿名ブロックエコへの投稿

2020/02/28

評価星1つ1

BlockECOは勧誘の時使われた、大手企業との提携で安心とかものセールストークは全部嘘だった。信じた俺がバカだったが、今にして思えば提携先は凄いがBlockECO自体は住所不定無職みたいな団体で怪しさの塊だったので反省しかない。

ブロックエコは終了確定か!?2020年2月の最新状況を調査

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

ブロックエコの最新情報

2019年に大きな注目を集めた配当型ウォレットの一つであるブロックエコですが、すでにネット上では「飛んでしまった」という結論が出されている模様。

ただ、もちろんユーザーとしては簡単に割り切れるものではないでしょう。

数百万を投じて幽閉されてしまったのであれば無理もありません。

ブロックエコに関しては11月頃を中心に「お金を取り返すの手伝いますよ~」というアカウントがSNS上で多く見られ、二次被害の注意喚起がされていました。

2020年2月時点ではブロックエコのヘルプデスクを自称する悪質なものも確認できています。➡現在は削除された模様

また、CoinGeckoにおいてBLECの価格が確認できるのですが、11月23日を境にチャートは止まっています

クリックしてチャート画像を表示

ブロックエコの現状に関してですが、公式サイトは未だにアクセスできるようですね。

しかし、2020年の1月末には遂に購入することもできず、履歴も削除されたとのこと。

以上のことからも、やはりブロックエコは飛んでしまったと判断するのが適切と言えるでしょうね。

集団訴訟の動きも確認できましたし、公的機関や専門家を頼ることも選択の一つではあるかもしれません。

また、ブロックエコに投資していた方の中には、アルトコインへの投資で資産を取り戻した方もいるようです。

資産が8倍になった実績も確認できていますので、興味があれば、ご覧になってみてくださいね。

 

2019年11月30日 補償されたBLECが減っているという情報が、SNS上に確認できました。

ブロックエコのBLECが減っている

そのユーザーによれば、27日時点では63685.88あったBLECが、29日の夜には58040.21まで減っていたということです。

補償されたにも関わらず5000以上減っているともなれば、納得できるものではありませんよね。

SNSからは怒りの声と同時に、諦めにも似た声が聞かれます。

そもそも30日にBLECで補償されるという発表でしたが、どうやら小額投資のユーザーに関してはいまだに補償がされていないようです。

その点には不平等さを感じてしまいますよね。

ここから何か動きがあれば追記してお伝えしたいと思います。

2019年11月29日 早くもBLECで補償されたユーザーが現われました。

ブロックエコ補償された

ブロックエコは10月から出金できない状況が続いていますが、その救済措置として11月30日に独自トークンであるBLECにより補償されるというアナウンスがされていたのです。

今回その日時よりも早くBLECで補償されたユーザーが出てきたことになります。

ブロックエコBLEC増える

画像を見る限り、BLECが多数確認できますね。

また、1BLECを試しに他の通貨へ変換したところ、変換できたということです。

しかしながら、出金できなければ意味はありませんよね。

いまだユーザーの納得できる補償とは程遠いと言わざるを得ません。

今後出金できる方向に向かうことを願うばかりです。

2019年11月22日 公式から最新アナウンスがあり、11/30に独自トークンBLECで補償が行われると発表がありました。

ブロックエコが独自トークンで補償

以下抜粋した和訳文です。

「サーバーが長い間停止していたことをお詫び致します。

サーバーがハッキングされたことが分かった為、これを法的な問題で追求します。

この事件については深く謝罪致します。

全てのデジタル資産に責任を負い、2019年11月30日にBLECトークンで補償されます。

皆様のご理解とご協力をお願いします。」

このアナウンスに対してユーザーからは怒りの声が上がっています。

ブロックエコのBLEC返還に怒りの声

補償したいという気持ちが運営にあるのであれば、このユーザーの言うようにBTCなどの主要通貨で補償して欲しいと思うものでしょう。

ここからいい方向へ向かうことを願うばかりです。

プラストークンやブロックエコのように出金停止となった案件や既に運営が飛び詐欺にあってしまった方が、資金を取り返すための被害相談を受けている情報サイトもあるようなので、ご興味のある方は相談してみるといいかもしれません。

2019年11月20日 ついにアプリの更新も止まってしまったのではないかという声がSNSに確認できました。

ブロックエコのアプリの更新が止まる

ブロックエコは約二か月前から出金ができない状況が続いていますが、アプリ内の表示が全て0になってしまっています。

運営が飛んでしまった為、アプリの更新すらも止まってしまったのでしょうか?

運営が日本ユーザーから資金を絞り上げることに限界を感じたという見方もできますよね。

いずれにしても、資金を預けているユーザーからすれば納得できるものではないと思います。

SBLOCKのように出金停止となった案件や既に運営が飛び詐欺にあってしまった方が、資金を取り返すための被害相談を受けている情報サイトもあるようなので、ご興味のある方は相談してみるといいかもしれません。

2019年10月30日 韓国の取引所に独自トークンであるBLECが12月中旬に上場予定との発表がありました。

ブロックエコが韓国の取引所に上場予定

これに対してSNSからは何とか復活して欲しいという切実な願いも聞かれました。

ブロックエコの上場に対する切実な声

現在出金できない状況が続くブロックエコ、ユーザーからしてみればまさに一筋の光といえるものでしょう。

ただ、その一方で上場しても出金できなければ意味がないという批判的な意見も見受けられました。

ブロックエコの上場に対する批判的な声

たしかに仮に上場して値が付いたとしても、出金できなければ意味はありませんよね。

ユーザーとしては心細い状況が続いていると言えるでしょう。

2019年10月11日 凍結される可能性のあるNGルールの存在や運営の最新情報が明らかになりました。

というのも、下記の情報がSNS上に出回ったのです。

ブロックエコの最新情報

現在出金できない状況の続くブロックエコですが、一部の情報によれば国外で操作することによって、出金が可能になるという噂もあるようですね。

それに対して、今回国外に移すことは、ルール上NGということが明らかになりました。

もしこれに違反することがあれば、資金が凍結することもあるということですので注意が必要です。

日本ユーザーからの資金が多く集まっている中、運営としては日本ユーザーからの出金を阻止したいという意図もあるのかもしれませんね。

また、他にもベトナムオフィスと運営は存在しているという情報も含まれ、さらに運営元は運営継続の意思があるということです。

SNS上では運営が飛んだという情報と飛んでいないという情報が錯綜している状況ですので、今後の動向も気になるところですね。

何か新たな情報がわかり次第お伝えしたいと思います。

2019年10月7日 ブロックエコの運営より、現状について説明がされました。

その内容としては、主に資金ロックのバグ・ツアー・出金遅延に関するものです。

ブロックエコの運営から現状説明

簡単にまとめると、

資金ロックのバグ
⇒システムに莫大なバグが見つかり、修正に多くの時間を要している。

ツアー
⇒重大な資金のハッキングがあり、ツアーの実施が困難な状況。

出金の遅延
⇒重大な資金のハッキングにより、満足な出金ができない状況。

となっています。

この発表に対して、SNSからも様々な声が上がっている状況です。

すでに運営が飛んでしまったという意見もあれば、まだ運営は飛んでおらず復活に向けて尽力しているという両極端な意見となっています。

果たしてここからの復活はあるのかどうか?新たな情報が入り次第お伝えしましょう。

ブロックエコ評価星1.5つ 1.77 - 悪い(65件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

ブロックエコの総合情報

■ブロックエコトークン(block eco token)のサービス内容

・ウォレットサービス

ブロックエコは仮想通貨を入れておくだけで、毎日配当が受け取れる配当型ウォレットです。最低投資額は単一銘柄で500ドル以上となっています。

 

特徴としては資金を引き出せないようにロックする必要がなく、いつでも引き出せるという点にあります。ロックに関しては任意で選択することができ、ロックの時期によって月利のパーセンテージが変わる仕組みです。

 

資金ロックなし…月利8~20%

3か月ロック…月利8~20%+25%のBLEC

12か月ロック…月利8~20%+100%のBLEC

 

■ブロックエコの独自通貨(BLEC)

すでに上記に出てきましたが、ブロックエコトークンでは『BLEC』という独自通貨を採用しています。配当をBLECで受け取り、そこから他の通貨への交換が可能です。

 

現在、日本のバーレスク東京や韓国のスターバックスコーヒー、オリーブヤングで支払いができます。

 

■ブロックエコのアフィリエイトシステム

 

 

ブロックエコでは知人に紹介することで紹介報酬を受け取れるシステムが導入されています。

自分が直接紹介した場合、紹介された人が受け取る報酬の100%が紹介した人にも還元される仕組みです。また、紹介した人がさらに他の人を紹介し、その人が得られる報酬の20%も、還元されるようになっています。

 

■ブロックエコの運営会社

ブロックエコは、ブロックエコグループと言われる四つの企業(•HantesFinance社 •Ignescent社 •BlockCharter社 •SolaireResort&Casino社)によって運営されています。

 

 

その中でもブロックエコを運用しているのが、BlockCharter社です。

BlockCharter社のホームページによると、CEOはJames Ryman氏ですが経歴などは不明となっています。

 

■VIPランク

ブロックエコでは、独自通貨のBLECの保有数によってVIPランクが設定されます。

 

BESTAR…1000BLECでリベート3%

BEELITE…5000BLECでリベート5%

BEGOLD…10000BLECでリベート8%

BEDIAMOND…20000BLECでリベート10%

 

 

■ブロックエコの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・エイダコイン(ADA)

・テザー(USDT)

 アクセスランキング