キングスコイン(KINGS)の口コミ・評判

匿名キングスコイン(KINGS)への投稿

2019/01/09

評価星5つ5

マリーナとかリゾートとか言ってるけどブロックチェーン関係ないし。

ガルドキングスコイン(KINGS)への投稿

2019/01/08

評価星1つ1

ホワイトペーパーをしっかり読む、意外と見落としがちな所だけどそれさえしっかりすればだいたい悪いコインは見抜ける、そもそもペーパーが無い所は論外ね、しっかりやっている所はしっかりやっているからね。我々もリテラシーを付けていかなければならない。

匿名キングスコイン(KINGS)への投稿

2019/01/08

評価星1つ1

日本は海外から見てコインの流れも少なくて時代遅れと言われているのにこんなんでイメージを落として欲しくない。

キングスコイン(KINGS)の口コミ・評判を紹介

▼投稿内容

  • 素晴らしい
  • 良い
  • 普通
  • やや悪い
  • 悪い

コメントに「注目」マークを表示したい場合はチェックを入れてください。

▼お名前

キングスコイン(KINGS)の最新情報

キングスコイン(KINGS)評価星1.5つ 1.92 - 悪い(163件のコメント件)

アクセス急上昇の記事はこちら

キングスコイン(KINGS)の総合情報

プロジェクトの概要

現実世界のビジネスと社会に対して、仮想通貨のソリューションを直結し、仮想通貨を世界中の決済インフラにすることを目的としたプロジェクトとして立ち上がりました。

 

支払いに使用できるキングスコイン(KINGSトークン)については、ただ発行するだけではなく、支払いを行うための決済端末の開発、それに伴う技術開発、さまざまな国でのサービスの展開に必要なマーケティングと規制上の問題への対応などについて必要な資金調達の一環として、ICOが行われました。

 

運営チーム

William Tien氏

・ プロダクトアドバイザー

・ テクノロジー企業のCEO、モバイル業界で15年以上のキャリアを有し、デジタル機器の製品化に携わる。

・ 複数のICOプロジェクトにおいて、デバイスの開発及び技術サポートを実施

 

Ma Hua氏

・ Executive Marketing Advisor
・ 中国の主要映画会社であるHLCGの現副社長。
・ イベント、デジタルマーケティング領域において豊富な経験と知識を有する。

 

Victor Chow氏

・ Strategic Advisor
・ 提携先TienPayの共同設立者。中国の大手通信機器メーカーHuaweiの元COO。
・ 販売、マーケティングやFinTechについてアドバイス及び技術支援を行う。

 

Dr.Joseph Wang氏

・ Technical Advisor
・ マサチューセッツ工科大(MIT)卒。
・ スマートコントラクト、ブロックチェーン、デジタルトランザクションに精通。

 

 

キングスコイン(KINGS)の総合情報

キングスコインが目指すのは、現実世界の決済手段としてキングスを普及させることになります。2018年現在では実店舗での決済手段として数種類の仮想通貨が利用できるものの、

ほとんど使用されていないというのが現実になります。

 

その、大きな原因とされているのが、下記の数点。

 

・決済処理の速度、決済可能な数

・オフラインで利用できるかどうか

・決済端末が普及していない

・仮想通貨の大幅な価格変動

・決済処理の速度、決済可能な数

・オフラインで利用できるかどうか

 

現在、実店舗での導入が最も進んでいるビットコイン(BTC)についても、同様の問題を抱えているために仮想通貨の知名度と相反して普及が進んでいないというのが問題となっています。

 

キングスコイン(KINGS)では、これらの問題点を解決するための方法としてイーサリアムのブロックチェーン技術を採用し、独自の仕様である「Plasma Cash」や「ライデンネットワーク」を利用することで処理速度におけるスケーラビリティ問題をオフチェーン技術で解決を行います。

 

※Plasmaとは

そもそもPlasmaとは、階層ツリーを基にしたサイドチェーン技術であり、潜在的に1秒間に数10億回のスマートコントラクトを自律的に強制実行することによりスケーラビリティ問題を解決するフレームワークです。

 

・決済端末が普及していない

また、独自のウォレットにはICカードによる決済機能を付与することを発表しています。すでに数か国でウォレットの開発や展開を行っているTiENPAY(香港)提携しており、いち早くKINGSの決済端末の市場投入を目指しています。

 

・仮想通貨の大幅な価格変動

キングスコインの発行枚数は400億枚と、大量のトークンを発行しています。それらのトークン発行元が大量に保有すし、市場に出回らせないという方式を採用しているため、

流通量をある程度コントロールすることが可能になります。

 

それにより、急激な価格変動にも対応することができるのです。

有名な仮想通貨だと、リップル(XRP)が同様の方式を採用しています。

 

 

■キングスのロードマップ

・2018.4-5前売り開始

 

キングスコインは、KINGSのビジョンを共有している特定のグループに利用可能になります。並行して、KINGSトークンはERC20に基づいて開発され、開発が完了するとトークンが発行され、配布されます。

 

◆2018.6- ICOとプロジェクト立ち上げ

 

KINGSが正式に立ち上げられ、ICOが開催されます。さらに、トークンは、トークン取得権の所有者に配布されます。ICOの終了後、トークンの改善、支払い端末とアプリケーションの開発、法的支援、様々な必要設備、パートナーシップ作業などが始まります。

 

◆2019.1Qハードウェアウォレットリリース

 

KINGSトークンの安全で安全な管理を可能にする壁掛けのハードウェアがリリースされました。主な決済端末は、リゾートホテルやハイエンドの商業施設を中心に展開されています。

 

◆2019.3Qラグジュアリーエンターテイメントシップホテル発足

 

日本、香港、シンガポールを中心にキャッシュレスの「エンターテイメント・シップ・ホテル」施設の運営が開始されている。KINGS決済システムはこれらの施設に組み込まれており、宿泊、飲食、ゲームなどのキャッシュレス決済が可能です。

 

◆2020.1Q世界のハイエンドリゾートホテルへの継続的な展開

 

船会社の施設からの運航データに基づいて生存性を証明することにより、専用の財布開発などの機能を含むKINGS決済システムを、他の高級リゾートホテルなどに順次提供しています。

■キングスの購入方法

現在、プライベートセールやパブリックセールは終了しているため、2018年10月11日以降に上場が予定されている仮想通貨取引所「BITNOAH」に上場後、取引所を介して取引を行う事が可能になります。

 

 アクセスランキング